HOME 駅伝

2023.11.22

来春、GMOに青学大・小原響、明大・児玉真輝が新加入!「世界大会で活躍できる選手に」
来春、GMOに青学大・小原響、明大・児玉真輝が新加入!「世界大会で活躍できる選手に」

GMOインターネットグループに内定した小原響と児玉真輝

GMOインターネットグループは11月22日、来年4月の入社が内定した選手を発表した。

新たにチームに加入するのは男子長距離の小原響(青学大)、児玉真輝(明大)の2人。

宮城県出身の小原は3000m障害を得意とし、大学入学直後の20年関東インカレ2部で優勝。21年、23年には日本選手権でも入賞を果たしている。ハーフマラソンで1時間3分05秒のベストを持つなど長距離にも適性を見せており、11月の全日本大学駅伝では4区を務め、チームの準優勝に貢献した。

児玉は神奈川・鎌倉学園高時代に全国高校駅伝やインターハイに出場。明大入学後は1年からチームの主力として箱根駅伝に出場している。今年1月の箱根駅伝は調子が上がらず欠場となったが、10月の箱根駅伝予選会では自己ベストの1時間2分30秒をマーク。最後の箱根駅伝に向けて調子を上げてきている。

入社内定にあたり、小原は「No. 1を目指すチームの一員として自覚を持ち、世界大会で活躍のできる選手になります」とコメント。児玉も「常に「No.1」になることを意識し、「No.1」になれるよう努力してまいります」と意気込んでいる。

GMOインターネットグループは16年に創部。20年には全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場を果たした。今年1月の大会ではチームに参画した大迫傑(Nike)の活躍もあり、5位に入っている。

GMOインターネットグループは11月22日、来年4月の入社が内定した選手を発表した。 新たにチームに加入するのは男子長距離の小原響(青学大)、児玉真輝(明大)の2人。 宮城県出身の小原は3000m障害を得意とし、大学入学直後の20年関東インカレ2部で優勝。21年、23年には日本選手権でも入賞を果たしている。ハーフマラソンで1時間3分05秒のベストを持つなど長距離にも適性を見せており、11月の全日本大学駅伝では4区を務め、チームの準優勝に貢献した。 児玉は神奈川・鎌倉学園高時代に全国高校駅伝やインターハイに出場。明大入学後は1年からチームの主力として箱根駅伝に出場している。今年1月の箱根駅伝は調子が上がらず欠場となったが、10月の箱根駅伝予選会では自己ベストの1時間2分30秒をマーク。最後の箱根駅伝に向けて調子を上げてきている。 入社内定にあたり、小原は「No. 1を目指すチームの一員として自覚を持ち、世界大会で活躍のできる選手になります」とコメント。児玉も「常に「No.1」になることを意識し、「No.1」になれるよう努力してまいります」と意気込んでいる。 GMOインターネットグループは16年に創部。20年には全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場を果たした。今年1月の大会ではチームに参画した大迫傑(Nike)の活躍もあり、5位に入っている。

小原響、児玉真輝のコメント全文

小原響 「来春よりGMOインターネットグループの陸上部に所属させていただきます、小原響です。No. 1を目指すチームの一員として自覚を持ち、世界大会で活躍のできる選手になります。また、多くの方々に笑顔と感動を届けられるような走りを体現していきたいと思っています。これからも応援のほど、よろしくお願いいたします!」 児玉真輝 「来年度からGMOインターネットグループの陸上部に所属し競技をさせていただくことになりました。充実した環境の中、「No.1」を目指すチームで競技を続けていけることに感謝と嬉しさを感じております。パートナー(従業員)の皆様や応援してくださる方々に夢や希望を届けられるような走りを目指します。また、常に「No.1」になることを意識し、「No.1」になれるよう努力してまいります。応援よろしくお願いいたします」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top