HOME 国内

2023.11.14

デフリンピック陸上金メダリスト山田真樹「耳が聞こえないだけでルールも同じ」「強く、速く、美しくが求められる」
デフリンピック陸上金メダリスト山田真樹「耳が聞こえないだけでルールも同じ」「強く、速く、美しくが求められる」

デフリンピック金メダリストの山田真樹

4年に一度の聴覚障がい者のための総合スポーツ競技大会「デフリンピック」が2025年11月15日から26日まで、初めて東京で開催される。開幕を2年前に控えたことを記念して東京・原宿に「みるカフェ」を期間限定(2023年11月15日~26日)でオープン。そのオープニングセレモニーにイベントに東京2025デフリンピック応援アンバサダーの長濱ねるさんらとともに、陸上デフリンピック金メダリストの山田真樹(渕上ファインズ)が登壇し、トークイベントなどで盛り上げた。

山田は2017年のトルコ・サムスンで行われた夏季デフリンピックの男子200mと4×100mリレーで金メダル、400mで銀メダルを獲得。2022年大会では100m7位入賞を果たしている。トークイベントでは「すべての人が楽しめる大会になるようにしていきたい。今日がそのスタートになって、きっかけの場になれば」と語った。その後、手話通訳を交えてインタビューに応えてくれた。

――イベントを終えていかがでしたか。
「これまでにないカフェで、日常生活の中で聴覚障がいを持つ人と会う機会は、みなさんそれほど多くないと思います。原宿という立地も、若い人から高齢者まで多くの人が寄り添い合って、新しい文化を発信する街。すごく大きな意味のあるものだと感じています」

――山田選手にとって陸上競技の魅力とは。
「肉体の限界を超える挑戦。そしてパフォーマンスとして発揮すること。これはオリンピックもデフリンピックも同じなのです。私たちは耳が聞こえないだけで、ルールも同じ。強さ、速さ、遠くへ、高く、そして美しく。それが求められます。今年は日本選手権でデフ陸上が開催されましたが、あこがれの場所であり、晴れの舞台でした。うれしい気持ちもある一方で、同じ選手として出場したいという気持ち強く持っています」

――鹿児島特別国体では、青森の佐々木琢磨選手がトラック種目で初めて聴覚障がい者として出場しました。
「佐々木さんはとても良いライバルですし、親友なんです。国体に出場されたことはとてもうれしいことでもありますが、抜かれてしまって悔しい気持ちもあります。昨年のデフリンピック(ブラジル)で僕はメダルを取れなくて、その後少し練習と向き合えない時間がありました。それもあって今季はパッとしないシーズンになってしまいました」

――デフ陸上のこんなところを見てほしい、というのは?
「タイムも平等、風や条件も平等。それほどハンディとは思っていません。一つ違うのは、スタートです。スタートランプを使っています。耳が聞こえないから陸上をあきらめる人もいますが、ランプがあるから大丈夫。佐々木さんや僕らがそうしたところを見せることで、子どもたちに夢を与えられる選手になりたいです」

――2年後に控えるデフリンピックに向けて。
「走る技術はずっと進化し続けています。聞こえる、聞こえないに関係なく、自分の限界を超えていく挑戦に期待していただきたいです。やはり、リレー種目は注目を集めると思います。僕らは掛け声でバトンパスができないので、そこをどうしているか。年間通じて、代表候補選手が集まってバトンの呼吸を合わせています。いろいろなことを覚えて本番を迎えるので、すでに戦いは始まっています。どうやってバトンパスしているか? それをぜひ観に来てください!」

4年に一度の聴覚障がい者のための総合スポーツ競技大会「デフリンピック」が2025年11月15日から26日まで、初めて東京で開催される。開幕を2年前に控えたことを記念して東京・原宿に「みるカフェ」を期間限定(2023年11月15日~26日)でオープン。そのオープニングセレモニーにイベントに東京2025デフリンピック応援アンバサダーの長濱ねるさんらとともに、陸上デフリンピック金メダリストの山田真樹(渕上ファインズ)が登壇し、トークイベントなどで盛り上げた。 山田は2017年のトルコ・サムスンで行われた夏季デフリンピックの男子200mと4×100mリレーで金メダル、400mで銀メダルを獲得。2022年大会では100m7位入賞を果たしている。トークイベントでは「すべての人が楽しめる大会になるようにしていきたい。今日がそのスタートになって、きっかけの場になれば」と語った。その後、手話通訳を交えてインタビューに応えてくれた。 ――イベントを終えていかがでしたか。 「これまでにないカフェで、日常生活の中で聴覚障がいを持つ人と会う機会は、みなさんそれほど多くないと思います。原宿という立地も、若い人から高齢者まで多くの人が寄り添い合って、新しい文化を発信する街。すごく大きな意味のあるものだと感じています」 ――山田選手にとって陸上競技の魅力とは。 「肉体の限界を超える挑戦。そしてパフォーマンスとして発揮すること。これはオリンピックもデフリンピックも同じなのです。私たちは耳が聞こえないだけで、ルールも同じ。強さ、速さ、遠くへ、高く、そして美しく。それが求められます。今年は日本選手権でデフ陸上が開催されましたが、あこがれの場所であり、晴れの舞台でした。うれしい気持ちもある一方で、同じ選手として出場したいという気持ち強く持っています」 ――鹿児島特別国体では、青森の佐々木琢磨選手がトラック種目で初めて聴覚障がい者として出場しました。 「佐々木さんはとても良いライバルですし、親友なんです。国体に出場されたことはとてもうれしいことでもありますが、抜かれてしまって悔しい気持ちもあります。昨年のデフリンピック(ブラジル)で僕はメダルを取れなくて、その後少し練習と向き合えない時間がありました。それもあって今季はパッとしないシーズンになってしまいました」 ――デフ陸上のこんなところを見てほしい、というのは? 「タイムも平等、風や条件も平等。それほどハンディとは思っていません。一つ違うのは、スタートです。スタートランプを使っています。耳が聞こえないから陸上をあきらめる人もいますが、ランプがあるから大丈夫。佐々木さんや僕らがそうしたところを見せることで、子どもたちに夢を与えられる選手になりたいです」 ――2年後に控えるデフリンピックに向けて。 「走る技術はずっと進化し続けています。聞こえる、聞こえないに関係なく、自分の限界を超えていく挑戦に期待していただきたいです。やはり、リレー種目は注目を集めると思います。僕らは掛け声でバトンパスができないので、そこをどうしているか。年間通じて、代表候補選手が集まってバトンの呼吸を合わせています。いろいろなことを覚えて本番を迎えるので、すでに戦いは始まっています。どうやってバトンパスしているか? それをぜひ観に来てください!」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top