HOME 駅伝

2023.11.06

駒大が2年連続3冠へ盤石の王手!トップを一度も譲らない完全V 「満点に近い評価ができます」/全日本大学駅伝
駒大が2年連続3冠へ盤石の王手!トップを一度も譲らない完全V 「満点に近い評価ができます」/全日本大学駅伝

2023年全日本大学駅伝で4連覇を果たした駒大

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で大会4連覇を達成した。

王者・駒大が今年も伊勢路で抜群の強さを見せつけた。1区は全日本初出場の赤津勇進(4年)。早大・間瀬田純平(2年)とのラスト勝負を制して、区間トップで発進した。「(後ろは)自分より速い選手ばかりなので、自分が1区をしくじることがなければ確実に勝てると思っていました」という赤津の“予感”は的中する。

2区・佐藤圭汰(2年)は、「昨年区間賞を逃して、出雲駅伝は青学大・黒田朝日選手と同タイムでした。今回はこの2つの悔しさを晴らそうと思って走りました」と気合十分。5km13分48秒で通過すると、早大を引き離していく。区間記録を11秒も更新する有言実行の「区間賞・区間新」で、後続に16秒以上の差をつけた。

結果的にここで“勝負あり”。続く篠原倖太朗(3年)は前半、早大に詰められるも、3km過ぎからエンジン全開。5kmを14分01秒で通過すると、区間2位(日本人トップ)でタスキをつなぐ。「区間賞を獲得できず悔しいレースになりましたが、後続を突き放すことができたのは自信になりました」と篠原。リードは1分に拡大した。

「何度も当日変更で外れる悔しい思いをしてきた」という赤星雄斗(4年)が4区。5kmを14分27秒で通過すると、「いい意味で目立たない走りができたと思います」と持ち味を発揮して、区間2位と好走した伊藤蒼唯(2年)は「出雲の反省から前半抑えて、後半上げていくレースプラン」で臨んでこちらも区間2位。堅実な走りでリードを広げた。

3年連続で6区を託された安原太陽(4年)。「暑さで目標タイムには届きませんでしたが、最低限の目標である区間賞を獲得できました」と力強い走りで、後続を寄せ付けなかった。駒大を脅かすチームはなかったが、主将・鈴木芽吹(4年)は攻め込んだ。「田澤廉さん(トヨタ自動車)がマークした区間記録に挑戦して、結果としてオーバーペースになってしまった」と5kmを14分01秒、10kmを28分28秒で通過。さすがに後半は苦しい表情となったが区間3位でまとめた。

2分49秒というセーフティリードを受けてスタートした山川拓馬(2年)も力強い走りを見せ、区間賞で締めくくり。後続に3分34秒という大差をつけて、歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。

「選手たちがしっかり走ってくれたお陰で2度目の4連覇と2冠目を取ることができました。他大学に隙を与えることなく、ゴールまでタスキを運ぶことができて、駒大の強さをしっかり示すことができたと思います。今日のレースに関しては満点に近い評価ができますね。今後は箱根駅伝を全力で取りにいき、ぜひ2年連続の3冠を達成したい」(藤田敦史監督)

圧倒的な存在感で出雲に続いて全日本も完勝した駒大。正月決戦で史上初となる2年連続3冠の偉業を果たすつもりだ。

文/酒井政人

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で大会4連覇を達成した。 王者・駒大が今年も伊勢路で抜群の強さを見せつけた。1区は全日本初出場の赤津勇進(4年)。早大・間瀬田純平(2年)とのラスト勝負を制して、区間トップで発進した。「(後ろは)自分より速い選手ばかりなので、自分が1区をしくじることがなければ確実に勝てると思っていました」という赤津の“予感”は的中する。 2区・佐藤圭汰(2年)は、「昨年区間賞を逃して、出雲駅伝は青学大・黒田朝日選手と同タイムでした。今回はこの2つの悔しさを晴らそうと思って走りました」と気合十分。5km13分48秒で通過すると、早大を引き離していく。区間記録を11秒も更新する有言実行の「区間賞・区間新」で、後続に16秒以上の差をつけた。 結果的にここで“勝負あり”。続く篠原倖太朗(3年)は前半、早大に詰められるも、3km過ぎからエンジン全開。5kmを14分01秒で通過すると、区間2位(日本人トップ)でタスキをつなぐ。「区間賞を獲得できず悔しいレースになりましたが、後続を突き放すことができたのは自信になりました」と篠原。リードは1分に拡大した。 「何度も当日変更で外れる悔しい思いをしてきた」という赤星雄斗(4年)が4区。5kmを14分27秒で通過すると、「いい意味で目立たない走りができたと思います」と持ち味を発揮して、区間2位と好走した伊藤蒼唯(2年)は「出雲の反省から前半抑えて、後半上げていくレースプラン」で臨んでこちらも区間2位。堅実な走りでリードを広げた。 3年連続で6区を託された安原太陽(4年)。「暑さで目標タイムには届きませんでしたが、最低限の目標である区間賞を獲得できました」と力強い走りで、後続を寄せ付けなかった。駒大を脅かすチームはなかったが、主将・鈴木芽吹(4年)は攻め込んだ。「田澤廉さん(トヨタ自動車)がマークした区間記録に挑戦して、結果としてオーバーペースになってしまった」と5kmを14分01秒、10kmを28分28秒で通過。さすがに後半は苦しい表情となったが区間3位でまとめた。 2分49秒というセーフティリードを受けてスタートした山川拓馬(2年)も力強い走りを見せ、区間賞で締めくくり。後続に3分34秒という大差をつけて、歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。 「選手たちがしっかり走ってくれたお陰で2度目の4連覇と2冠目を取ることができました。他大学に隙を与えることなく、ゴールまでタスキを運ぶことができて、駒大の強さをしっかり示すことができたと思います。今日のレースに関しては満点に近い評価ができますね。今後は箱根駅伝を全力で取りにいき、ぜひ2年連続の3冠を達成したい」(藤田敦史監督) 圧倒的な存在感で出雲に続いて全日本も完勝した駒大。正月決戦で史上初となる2年連続3冠の偉業を果たすつもりだ。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top