HOME 駅伝

2023.11.05

V4駒大が出雲に続いて1区からトップの“完全優勝”藤田敦史監督「箱根も全力で取りにいく」/全日本大学駅伝
V4駒大が出雲に続いて1区からトップの“完全優勝”藤田敦史監督「箱根も全力で取りにいく」/全日本大学駅伝

23年全日本大学駅伝・駒大の優勝テープを切った山川拓馬

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で同校にとって2度目の4連覇を達成した。出雲駅伝に続いて1区区間賞から一度もトップを譲らぬ完全優勝で、史上初の2年連続大学駅伝3冠にあと一つと迫った。

当日変更で3区が小山翔也(1年)から篠原倖太朗(3年)に、さらに6区は万全ではない花尾恭輔(4年)から安原太陽(4年)となった。そうしたなか、赤津勇進(4年)が好スタートを切る。「他のメンバーは自分より速い人ばかり」と言い、自分がしっかり走れば「優勝を確信」と仲間への信頼を込めて走り、早大・間瀬田純平(2年)との競り合いを制して区間賞を獲得した。21年出雲駅伝以来の駅伝で、その時は5区区間10位と悔しさを味わっていただけに、リベンジを果たした。

圧巻だったのが2区の佐藤圭汰(2年)。「出雲では同タイムでの区間賞で悔しかったので、絶対に後ろとの差を広げたかった」と、はラップを刻み、31分01秒の区間新で独走態勢を築いた。これには大八木弘明総監督も“MVP”に挙げた。

3~5区に入った篠原倖太朗(3年)、赤星雄斗(4年)、伊藤蒼唯(2年)が区間2位。赤星は「自分の走りをすれば良い位置で渡せると思っていた」と言うように、後続との差は広がるばかり。出雲で4区区間3位と力走していた伊藤は「(後ろと)差があったので出雲より落ち着いて走れました」。先頭を行く強みで、淡々とレースを進める。

6区の安原太陽(4年)は区間賞。主将の鈴木芽吹(4年)も力強く走り区間3位でアンカーの山川拓馬(2年)にタスキをつないだ。藤田敦史監督が「自信がある」と送り出した山川は、「箱根駅伝の5区はありますが、初のアンカー。距離も最長区間できつかった」と言うものの区間2位に41秒もの差をつける58分10秒の区間賞で締めくくった。

就任1年目で2冠を獲得した藤田監督。暑さもあり「気象条件は厳しい駅伝でした」というが、「その中で一人ひとりが役割を果たしてくれた。他校に隙を与えなかったのが評価できます」と手放しで称える。史上初の2年連続3冠という偉業に向けて、「3冠というとプレッシャーになるので一つひとつ。箱根駅伝も一丸となって全力で取りにいきたい」と気を引き締めていた。

ここに今回出場しなかった花尾や白鳥哲汰、唐澤拓海といった4年生らが復調すれば、まさに“ドリームチーム”が完成しそう。ライバル校も畏敬の念を持つほどの強さを身につけた令和の常勝軍団・駒大。3冠に死角はなしか。

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で同校にとって2度目の4連覇を達成した。出雲駅伝に続いて1区区間賞から一度もトップを譲らぬ完全優勝で、史上初の2年連続大学駅伝3冠にあと一つと迫った。 当日変更で3区が小山翔也(1年)から篠原倖太朗(3年)に、さらに6区は万全ではない花尾恭輔(4年)から安原太陽(4年)となった。そうしたなか、赤津勇進(4年)が好スタートを切る。「他のメンバーは自分より速い人ばかり」と言い、自分がしっかり走れば「優勝を確信」と仲間への信頼を込めて走り、早大・間瀬田純平(2年)との競り合いを制して区間賞を獲得した。21年出雲駅伝以来の駅伝で、その時は5区区間10位と悔しさを味わっていただけに、リベンジを果たした。 圧巻だったのが2区の佐藤圭汰(2年)。「出雲では同タイムでの区間賞で悔しかったので、絶対に後ろとの差を広げたかった」と、はラップを刻み、31分01秒の区間新で独走態勢を築いた。これには大八木弘明総監督も“MVP”に挙げた。 3~5区に入った篠原倖太朗(3年)、赤星雄斗(4年)、伊藤蒼唯(2年)が区間2位。赤星は「自分の走りをすれば良い位置で渡せると思っていた」と言うように、後続との差は広がるばかり。出雲で4区区間3位と力走していた伊藤は「(後ろと)差があったので出雲より落ち着いて走れました」。先頭を行く強みで、淡々とレースを進める。 6区の安原太陽(4年)は区間賞。主将の鈴木芽吹(4年)も力強く走り区間3位でアンカーの山川拓馬(2年)にタスキをつないだ。藤田敦史監督が「自信がある」と送り出した山川は、「箱根駅伝の5区はありますが、初のアンカー。距離も最長区間できつかった」と言うものの区間2位に41秒もの差をつける58分10秒の区間賞で締めくくった。 就任1年目で2冠を獲得した藤田監督。暑さもあり「気象条件は厳しい駅伝でした」というが、「その中で一人ひとりが役割を果たしてくれた。他校に隙を与えなかったのが評価できます」と手放しで称える。史上初の2年連続3冠という偉業に向けて、「3冠というとプレッシャーになるので一つひとつ。箱根駅伝も一丸となって全力で取りにいきたい」と気を引き締めていた。 ここに今回出場しなかった花尾や白鳥哲汰、唐澤拓海といった4年生らが復調すれば、まさに“ドリームチーム”が完成しそう。ライバル校も畏敬の念を持つほどの強さを身につけた令和の常勝軍団・駒大。3冠に死角はなしか。

駒大の全日本大学駅伝Vメンバー

1区 赤津勇進(4年) 区間1位 27分19秒 2区 佐藤圭汰(2年) 区間1位 31分01秒=区間新 3区 篠原倖太朗(3年)区間2位 33分39秒 4区 赤星雄斗(4年) 区間2位 34分26秒 5区 伊藤蒼唯(2年) 区間2位 35分56秒 6区 安原太陽(4年) 区間1位 37分16秒 7区 鈴木芽吹(4年) 区間3位 51分13秒 8区 山川拓馬(2年) 区間1位 58分10秒 補欠:白鳥哲汰(4年)、花尾恭輔(4年)、庭瀬俊輝(3年)、安原海晴(1年)小山翔也(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top