HOME 国内

2023.11.01

やり投世界一の北口榛花がパリ五輪に向け練習再開「自分のペースで準備していきたい」年内は国内で土台作り、年明けにチェコへ
やり投世界一の北口榛花がパリ五輪に向け練習再開「自分のペースで準備していきたい」年内は国内で土台作り、年明けにチェコへ

冬季練習を開始した北口榛花

女子やり投でブダペスト世界選手権金メダルを獲得し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルで優勝した北口榛花(JAL)がオフを終えて練習を再開した。

およそ1ヵ月半のオフを終えた北口。テレビ出演や地元凱旋など、各所に引っ張りだこだったが、「すごく貴重な経験ができましたし、家族とも1週間旅行にも行けました。思い出いっぱいの1ヵ月半だったと思います」と笑顔を浮かべる。

今日から冬季練習がスタート。チェコにいるディヴィッド・セケラック・コーチからは「1~3月にどれだけ練習できるかは11月、12月の練習にかかっている」と言われているそう。まずは例年と同じようにランニングや山上り、ローラースケートなど心肺機能を高めるトレーニングから始まり、「やり投選手ぽい練習ではないですが、そこをしっかりやることで1月からやり投の練習を始めた時の質、量に関係してくる」と話す。

世界一となったことでオフといっても多忙だった北口。さすがに「昨年よりは若干、身体は重い」というが、「動き始めれば軽くなる。負荷はかかってしまうのでケガには気をつけたい」。海外選手の中には冬季練習がスタートしている選手もいるが、「ゆっくりめですが、たくさんやればいいというわけではないので、しっかり自分のペースで準備していきたい」と語った。

オフ期間はジョギング程度にとどめ、「休みがいらないと思えるくらい休む」というのがチェコ流。「身体を動かしたほうがいいかなって感じています」と天候に恵まれた中での動き始めに笑みがこぼれる。

年が明けたらチェコに渡り、シーズンに向けてウエイトトレーニングなど本格化していく。「今のうちにゆっくりと日本を楽しんで、日本を“充電”しておきます」。注目度が増していても、やるべきことは変わらない。ここからパリ五輪までの厳しい道のりも、北口は足を踏み外すことなく、一歩ずつやるべきことを突き詰めていく。

女子やり投でブダペスト世界選手権金メダルを獲得し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルで優勝した北口榛花(JAL)がオフを終えて練習を再開した。 およそ1ヵ月半のオフを終えた北口。テレビ出演や地元凱旋など、各所に引っ張りだこだったが、「すごく貴重な経験ができましたし、家族とも1週間旅行にも行けました。思い出いっぱいの1ヵ月半だったと思います」と笑顔を浮かべる。 今日から冬季練習がスタート。チェコにいるディヴィッド・セケラック・コーチからは「1~3月にどれだけ練習できるかは11月、12月の練習にかかっている」と言われているそう。まずは例年と同じようにランニングや山上り、ローラースケートなど心肺機能を高めるトレーニングから始まり、「やり投選手ぽい練習ではないですが、そこをしっかりやることで1月からやり投の練習を始めた時の質、量に関係してくる」と話す。 世界一となったことでオフといっても多忙だった北口。さすがに「昨年よりは若干、身体は重い」というが、「動き始めれば軽くなる。負荷はかかってしまうのでケガには気をつけたい」。海外選手の中には冬季練習がスタートしている選手もいるが、「ゆっくりめですが、たくさんやればいいというわけではないので、しっかり自分のペースで準備していきたい」と語った。 オフ期間はジョギング程度にとどめ、「休みがいらないと思えるくらい休む」というのがチェコ流。「身体を動かしたほうがいいかなって感じています」と天候に恵まれた中での動き始めに笑みがこぼれる。 年が明けたらチェコに渡り、シーズンに向けてウエイトトレーニングなど本格化していく。「今のうちにゆっくりと日本を楽しんで、日本を“充電”しておきます」。注目度が増していても、やるべきことは変わらない。ここからパリ五輪までの厳しい道のりも、北口は足を踏み外すことなく、一歩ずつやるべきことを突き詰めていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top