HOME 駅伝

2023.10.29

大東大が2年ぶり2位!後半に巻き返して悲願の頂点にあと一歩「今後へ成長できる駅伝」/全日本大学女子駅伝
大東大が2年ぶり2位!後半に巻き返して悲願の頂点にあと一歩「今後へ成長できる駅伝」/全日本大学女子駅伝

2位の大東大は5区ワンジル(右)が区間賞を獲得。左は6区の野田

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着、6区間38.0km)

第41回全日本大学女子駅伝が行われ、大東大が2時間5分21秒で2年ぶりの2位に入った。

今春入学した強力ルーキーを5人起用。日本インカレ10000m優勝のサラ・ワンジルを5区、U20日本選手権5000m優勝の野田真理耶を前回までから900m延びた7.6kmのアンカーに据え、悲願の初優勝へ後半重視のオーダーで臨んだ。

1区の吉井優唯が9位発進、2区の平尾暁絵が3つ順位を上げる。だが、優勝争いを展開する名城大と立命大の背中は遠ざかる。3区の駅伝主将・四元桃奈が7位で4区・蔦野萌々香にタスキを渡した時点で、トップ・名城大との差は1分26秒。

そこから反撃を開始した。蔦野は「自分の今の力は全部出し切りました」と区間3位と奮闘し、4位に浮上。そしてワンジルが最初の1kmを3分01秒で猛然と突っ込み、その後もしっかりと粘って区間歴代4位の29分20秒で駆け抜けた。「区間賞は取れてうれしいけど、28分30秒の目標タイムは出せなかった」と悔しさを残したものの、名城大に15秒差まで急接近する。

アンカーの大役を任された野田は、「絶対に名城大に追いついて、優勝のテープを切る」と力強くスタートを切った。だが、「脚が思うように動かなくて」と、15秒差あった3位の立命大・小林朝に追いつかれてしまう。見えていた名城大・谷本七星の背中は、またも小さくなった。

トラック勝負にまでもつれた立命大との2位争いは、最後の直線のスパート合戦を制した。とはいえ、「背中を借りるというずるい走りをしてしまって、全然納得がいきません」。

フィニッシュ後に泣き崩れた野田を、外園隆監督は「責任感を感じてのこと」とかばい、全体を通して「今後へすごく成長できる駅伝だった」と選手のがんばりを称えた。

2週間前のパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップでは、OGの鈴木優花(第一生命グループ)が優勝を飾り、パリ五輪代表に内定。その勢いを仙台につなげるべく挑んだ。

結果的には「流れに乗り切れなかった、ということは隠せない」と外園監督。前半で大差をつけられたことは誤算だった。それでも、「攻めの駅伝をやった結果」であり、5区終了時で名城大の背中が見える位置まで巻き返したことに、来年への光明を見出す。

2年ぶり9度目の2位。なかなか届かない頂点に、「10回目はいらないですよ。金メダルに行きたい」と外園監督。野田も「(12月30日の)富士山女子駅伝で絶対に優勝します」と、日本一への決意を口にした。

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着、6区間38.0km) 第41回全日本大学女子駅伝が行われ、大東大が2時間5分21秒で2年ぶりの2位に入った。 今春入学した強力ルーキーを5人起用。日本インカレ10000m優勝のサラ・ワンジルを5区、U20日本選手権5000m優勝の野田真理耶を前回までから900m延びた7.6kmのアンカーに据え、悲願の初優勝へ後半重視のオーダーで臨んだ。 1区の吉井優唯が9位発進、2区の平尾暁絵が3つ順位を上げる。だが、優勝争いを展開する名城大と立命大の背中は遠ざかる。3区の駅伝主将・四元桃奈が7位で4区・蔦野萌々香にタスキを渡した時点で、トップ・名城大との差は1分26秒。 そこから反撃を開始した。蔦野は「自分の今の力は全部出し切りました」と区間3位と奮闘し、4位に浮上。そしてワンジルが最初の1kmを3分01秒で猛然と突っ込み、その後もしっかりと粘って区間歴代4位の29分20秒で駆け抜けた。「区間賞は取れてうれしいけど、28分30秒の目標タイムは出せなかった」と悔しさを残したものの、名城大に15秒差まで急接近する。 アンカーの大役を任された野田は、「絶対に名城大に追いついて、優勝のテープを切る」と力強くスタートを切った。だが、「脚が思うように動かなくて」と、15秒差あった3位の立命大・小林朝に追いつかれてしまう。見えていた名城大・谷本七星の背中は、またも小さくなった。 トラック勝負にまでもつれた立命大との2位争いは、最後の直線のスパート合戦を制した。とはいえ、「背中を借りるというずるい走りをしてしまって、全然納得がいきません」。 フィニッシュ後に泣き崩れた野田を、外園隆監督は「責任感を感じてのこと」とかばい、全体を通して「今後へすごく成長できる駅伝だった」と選手のがんばりを称えた。 2週間前のパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップでは、OGの鈴木優花(第一生命グループ)が優勝を飾り、パリ五輪代表に内定。その勢いを仙台につなげるべく挑んだ。 結果的には「流れに乗り切れなかった、ということは隠せない」と外園監督。前半で大差をつけられたことは誤算だった。それでも、「攻めの駅伝をやった結果」であり、5区終了時で名城大の背中が見える位置まで巻き返したことに、来年への光明を見出す。 2年ぶり9度目の2位。なかなか届かない頂点に、「10回目はいらないですよ。金メダルに行きたい」と外園監督。野田も「(12月30日の)富士山女子駅伝で絶対に優勝します」と、日本一への決意を口にした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top