HOME 駅伝

2023.10.24

東日本実業団駅伝のエントリー選手が発表 MGC優勝で五輪内定のHonda・小山直城が登録 富士通・鈴木健吾はメンバー外れる
東日本実業団駅伝のエントリー選手が発表 MGC優勝で五輪内定のHonda・小山直城が登録 富士通・鈴木健吾はメンバー外れる

22年東日本実業団駅伝の様子

10月24日、東日本実業団連盟は第64回東日本実業団対抗駅伝(11月3日・埼玉県)のエントリー選手を発表した。

大会にはクラブチームを含め前回よりも5チーム多い36チームがエントリー。今年のニューイヤー駅伝に出場した12チームをはじめ、全日本大会に出場歴のある小森コーポレーション、プレス工業、NDソフトや大会初出場の富士山の銘水などが登録している。

広告の下にコンテンツが続きます

全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)で2連覇中のHondaは、MGCで優勝した小山直城が登録。出場はチーム状況次第だが、前回大会では7区で区間新記録をマークしている。青木涼真、伊藤達彦といったメンバーもエントリーした。

東日本連覇を目指す富士通からは東京五輪マラソン代表の中村匠吾をはじめ、塩尻和也坂東悠汰松枝博輝、潰滝大記など日本代表経験者が続々。一方、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾はメンバー登録から外れている。

GMOインターネットグループは好調の今江勇人や実績のある村山紘太、吉田祐也のほか、新加入の嶋津雄大、岸本大紀で初Vを狙う。Kaoは今年のニューイヤー駅伝で4区区間賞の池田耀平が順当に登録。同じくニューイヤー7位のSUBARUも清水歓太がエントリーした。

上位12チームが来年1月1日に行われるニューイヤー駅伝の出場権を獲得。今年度は10月15日にパリ五輪マラソン選考会のマラソングランドチャンピオンシップが開催されたことから、特例措置が設けられており、MGC出場権獲得者が所属するHonda、富士通、GMOインターネットグループ、SUBARU、JR東日本、Kao、コニカミノルタ、ヤクルトの8チームはレース完走で本戦への出場権を手にする。

広告の下にコンテンツが続きます

そのため、特例対象チームが13位以下となった場合は全日本大会の出場チームが増える可能性もある。

大会は11月3日の午前8時に埼玉県庁前をスタート。深谷市を折返し、熊谷スポーツ文化公園競技場にフィニッシュする7区間76.9kmのコースで行われる。

10月24日、東日本実業団連盟は第64回東日本実業団対抗駅伝(11月3日・埼玉県)のエントリー選手を発表した。 大会にはクラブチームを含め前回よりも5チーム多い36チームがエントリー。今年のニューイヤー駅伝に出場した12チームをはじめ、全日本大会に出場歴のある小森コーポレーション、プレス工業、NDソフトや大会初出場の富士山の銘水などが登録している。 全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)で2連覇中のHondaは、MGCで優勝した小山直城が登録。出場はチーム状況次第だが、前回大会では7区で区間新記録をマークしている。青木涼真、伊藤達彦といったメンバーもエントリーした。 東日本連覇を目指す富士通からは東京五輪マラソン代表の中村匠吾をはじめ、塩尻和也、坂東悠汰、松枝博輝、潰滝大記など日本代表経験者が続々。一方、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾はメンバー登録から外れている。 GMOインターネットグループは好調の今江勇人や実績のある村山紘太、吉田祐也のほか、新加入の嶋津雄大、岸本大紀で初Vを狙う。Kaoは今年のニューイヤー駅伝で4区区間賞の池田耀平が順当に登録。同じくニューイヤー7位のSUBARUも清水歓太がエントリーした。 上位12チームが来年1月1日に行われるニューイヤー駅伝の出場権を獲得。今年度は10月15日にパリ五輪マラソン選考会のマラソングランドチャンピオンシップが開催されたことから、特例措置が設けられており、MGC出場権獲得者が所属するHonda、富士通、GMOインターネットグループ、SUBARU、JR東日本、Kao、コニカミノルタ、ヤクルトの8チームはレース完走で本戦への出場権を手にする。 そのため、特例対象チームが13位以下となった場合は全日本大会の出場チームが増える可能性もある。 大会は11月3日の午前8時に埼玉県庁前をスタート。深谷市を折返し、熊谷スポーツ文化公園競技場にフィニッシュする7区間76.9kmのコースで行われる。

第64回東日本実業団対抗駅伝出場チーム

*はMGC特例措置対象チーム 富士通* Honda* ロジスティード ヤクルト* サンベルクス GMO インターネットグループ* SUBARU* Kao* JR東日本* コニカミノルタ* コモディイイダ A 埼玉医大グループ 小森コーポレーション プレス工業 自衛隊体育学校 NDソフト 警視庁 K-project 絆ランニング倶楽部 新電元工業 作.AC 北海道 SHONAN RUNS 東京都庁 JP日本郵政グループ東京 NINE TOCHIGI TC B 東京消防庁 富士山の銘水 埼玉県警察 練馬1普連 TRIGGER AC T3 コマネチ GTR TeamNitro aB.RunningClub コモディイイダ B NINE TOCHIGI TC A

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top