HOME 駅伝

2023.10.23

岩谷産業がトップで3年連続クイーンズ駅伝へ!若手からベテランまで「チーム一丸」全日本シード獲得へ意欲/プリンセス駅伝
岩谷産業がトップで3年連続クイーンズ駅伝へ!若手からベテランまで「チーム一丸」全日本シード獲得へ意欲/プリンセス駅伝

23年プリンセス駅伝1位の岩谷産業(アンカー・青木奈波)

◇第9回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/福岡県宗像市・宗像ユリックス前発着、6区間42.195km)

第9回プリンセス駅伝が10月22日に行われた。各チームの応援団が色とりどりののぼり旗などを掲げ、熱い声援を送った今大会。コロナ禍前を上回る大声援が背中を押したレースは、大会スポンサーを務める岩谷産業が初めて制した。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会を制覇してきたチームを振り返ると、至近3年は1区で1位、4位、1位でタスキを渡している。1区から主導権を握ることが、その布石になっていた。

過去の傾向を受けて岩谷産業の廣瀬永和監督は、1500mからハーフマラソンまで今シーズン好調を維持した川村楓を1区にエントリー。「どの区間でもいける川村なら、いい流れができるはず」と自信を持って送り出した。

川村はその期待通り、5000mのベストが30秒上回る三井住友海上・樺沢和佳奈の仕掛けやスパートに何度も対応。9月の全日本実業団対抗選手権1500mで4分20秒28の自己新をマークするなど、ラスト勝負にも自信を持っていた川村は、樺沢にわずかに先着されたものの、22分39秒の同タイムの2位でリレー。チームはここで一気に波に乗った。

3区の若井莉央でトップに立つと、外国人選手が集まる4区でも首位をキープ。5区・中野円花の区間賞で独走態勢を築き、創部メンバーのアンカー・青木奈波がVテープを切る。まさに、狙い通りの継走だった。

広告の下にコンテンツが続きます

数々のトップランナーを育成してきた名将・藤田信之氏の右腕として、野口みずきを2004年アテネ五輪金メダルへと導いた廣瀬監督の指導力もさることながら、「20歳から33歳までの幅広い年齢層の選手が在籍しているのが強み」と話すのは中野だ。

「若い選手はエネルギッシュだし、ベテランは経験豊か。年齢層が幅広いことが、本当にプラスになっています。“チーム一丸となって”という言葉をよく使ってきましたが、ここ最近は本当にチームが一丸になっていると感じます。それが今回の駅伝でも発揮できました」

11月26日に待つクイーンズ駅伝は、初出場だった一昨年が20位で、昨年は15位。シード権獲得となるトップ8に入ることの難しさは実感している。

だが、廣瀬監督は「個々の走力を上げて、今年こそは(8位入賞の)クイーンズ8を目指したい。もうワンランクレベルを上げたいですね」。1位通過でつかんだ喜びと自信を、飛躍へのステップにつなげるつもりだ。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第9回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/福岡県宗像市・宗像ユリックス前発着、6区間42.195km) 第9回プリンセス駅伝が10月22日に行われた。各チームの応援団が色とりどりののぼり旗などを掲げ、熱い声援を送った今大会。コロナ禍前を上回る大声援が背中を押したレースは、大会スポンサーを務める岩谷産業が初めて制した。 今大会を制覇してきたチームを振り返ると、至近3年は1区で1位、4位、1位でタスキを渡している。1区から主導権を握ることが、その布石になっていた。 過去の傾向を受けて岩谷産業の廣瀬永和監督は、1500mからハーフマラソンまで今シーズン好調を維持した川村楓を1区にエントリー。「どの区間でもいける川村なら、いい流れができるはず」と自信を持って送り出した。 川村はその期待通り、5000mのベストが30秒上回る三井住友海上・樺沢和佳奈の仕掛けやスパートに何度も対応。9月の全日本実業団対抗選手権1500mで4分20秒28の自己新をマークするなど、ラスト勝負にも自信を持っていた川村は、樺沢にわずかに先着されたものの、22分39秒の同タイムの2位でリレー。チームはここで一気に波に乗った。 3区の若井莉央でトップに立つと、外国人選手が集まる4区でも首位をキープ。5区・中野円花の区間賞で独走態勢を築き、創部メンバーのアンカー・青木奈波がVテープを切る。まさに、狙い通りの継走だった。 数々のトップランナーを育成してきた名将・藤田信之氏の右腕として、野口みずきを2004年アテネ五輪金メダルへと導いた廣瀬監督の指導力もさることながら、「20歳から33歳までの幅広い年齢層の選手が在籍しているのが強み」と話すのは中野だ。 「若い選手はエネルギッシュだし、ベテランは経験豊か。年齢層が幅広いことが、本当にプラスになっています。“チーム一丸となって”という言葉をよく使ってきましたが、ここ最近は本当にチームが一丸になっていると感じます。それが今回の駅伝でも発揮できました」 11月26日に待つクイーンズ駅伝は、初出場だった一昨年が20位で、昨年は15位。シード権獲得となるトップ8に入ることの難しさは実感している。 だが、廣瀬監督は「個々の走力を上げて、今年こそは(8位入賞の)クイーンズ8を目指したい。もうワンランクレベルを上げたいですね」。1位通過でつかんだ喜びと自信を、飛躍へのステップにつなげるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top