HOME 国内

2023.10.09

やり投の北口榛花とフェンシングエペの加納虹輝がスポーツ教室で子どもたちと交流「いろいろな動きにチャレンジしてほしい」
やり投の北口榛花とフェンシングエペの加納虹輝がスポーツ教室で子どもたちと交流「いろいろな動きにチャレンジしてほしい」

子どもたちと交流した北口榛花

JALによるスポーツ教室「JALアスリートクラブ」が10月9日に都内で行われた。この日は「スポーツの日 特別イベント」と題して、女子やり投世界一の北口榛花(JAL)と、フェンシング:エペで東京五輪金メダリストの加納虹輝が特別講師として参加。小学生に向けてやり投とフェンシングの体験会を実施した。

小学生限定、先着20名が参加。まずは軽いウォーミングアップのあと、加納がフェンシングの動きを伝授。柔らかい剣を使って実際にフェンシングの疑似体験ができる「スマートフェンシング」にもチャレンジし、子どもたちは“真剣モード”で勝負していた。

北口は練習用としても使われている小学生向けの「ジャベリックボール」を使い、「本当は思いっきり投げてほしかったのですが、あいにくの雨なので…」と的当てを実施。少しずつ的の遠くから投げるようになるとなかなか当たらず、「当てるまでやりたい!」と参加した小学生たちも負けず嫌いを発揮していた。

最後には2人が獲得した金メダルを披露。子どもたちは目を輝かせながら触ったり、首にかけたりし満面の笑みを浮かべていた。

北口は「帰国してからこういう機会は初めて。子どもたちが元気で楽しかったです」と笑顔を見せ、「(最近は)何かを投げるという機会が減ってきていると思うので、そういう機会が増えるきっかけになれれば」と言う。自身も水泳やバドミントンなど幼い頃からしていた経験を踏まえ、「中学生くらいまでは、いろいろな動きにチャレンジしてほしいです。そうすることで、いろいろな引き出しが増えて、何か一つを極めるとなった時に使えると思います」と語る。

ブダペスト世界選手権で金メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナルで日本人初の年間チャンピオンとなった北口。帰国後も取材など多忙を極めていたが、「1週間くらいお休みをいただいて、母と富山と金沢に旅行に行きました」とゆっくりできたという。この後は地元北海道の旭川でも「JALアスリートアカデミー」としてスポーツ教室を実施予定。このJALアスリートクラブでの活動も含め、「たくさんの人にやり投を教えるのは難しいのですが、少しずつ改善していて『モノを投げる』機会を作っていければ」と話した。

加納も「めちゃくちゃ楽しかったです。すごく活発で元気をもらいました」と笑顔。普段から体験会などでフェンシングの普及活動をしているだけに慣れた様子を見せていた加納は、「フェンシングを教える時は礼儀作法と簡単なルールだけで、自由にやってもらうというのを心掛けています」と言う。

オリンピックで金メダルを獲得したことで「フェンシングのことを知っている子どもたちは増えてきた」とし、「今回のように、経験してもらったり、生で見てもらったりできる人を増やしていきたいと思っています」と語る。来年はフェンシング発祥の地・フランスでパリ五輪も控えるなか、「普及には注目してもらうのが一番。そのためには金メダルを目標にしていきたい」と目標を掲げている。

「JALアスリートクラブ」は教育事業などを手がける株式会社LOCOKと日本航空株式会社の共同で立ち上げ、今年7月から本格的にスタート。「子どもたちに夢を与え、明日への活力を生み出す」を目的に、年長~小学生を対象とし、JALのアスリート社員である北口や、男子走高跳の戸邉直人、女子短距離の土井杏南、男子三段跳の山本凌雅、女子走幅跳の髙良彩花ら豪華トップアスリートがスケジュールの合間を縫って講師として参加している。

JALによるスポーツ教室「JALアスリートクラブ」が10月9日に都内で行われた。この日は「スポーツの日 特別イベント」と題して、女子やり投世界一の北口榛花(JAL)と、フェンシング:エペで東京五輪金メダリストの加納虹輝が特別講師として参加。小学生に向けてやり投とフェンシングの体験会を実施した。 小学生限定、先着20名が参加。まずは軽いウォーミングアップのあと、加納がフェンシングの動きを伝授。柔らかい剣を使って実際にフェンシングの疑似体験ができる「スマートフェンシング」にもチャレンジし、子どもたちは“真剣モード”で勝負していた。 北口は練習用としても使われている小学生向けの「ジャベリックボール」を使い、「本当は思いっきり投げてほしかったのですが、あいにくの雨なので…」と的当てを実施。少しずつ的の遠くから投げるようになるとなかなか当たらず、「当てるまでやりたい!」と参加した小学生たちも負けず嫌いを発揮していた。 最後には2人が獲得した金メダルを披露。子どもたちは目を輝かせながら触ったり、首にかけたりし満面の笑みを浮かべていた。 北口は「帰国してからこういう機会は初めて。子どもたちが元気で楽しかったです」と笑顔を見せ、「(最近は)何かを投げるという機会が減ってきていると思うので、そういう機会が増えるきっかけになれれば」と言う。自身も水泳やバドミントンなど幼い頃からしていた経験を踏まえ、「中学生くらいまでは、いろいろな動きにチャレンジしてほしいです。そうすることで、いろいろな引き出しが増えて、何か一つを極めるとなった時に使えると思います」と語る。 ブダペスト世界選手権で金メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナルで日本人初の年間チャンピオンとなった北口。帰国後も取材など多忙を極めていたが、「1週間くらいお休みをいただいて、母と富山と金沢に旅行に行きました」とゆっくりできたという。この後は地元北海道の旭川でも「JALアスリートアカデミー」としてスポーツ教室を実施予定。このJALアスリートクラブでの活動も含め、「たくさんの人にやり投を教えるのは難しいのですが、少しずつ改善していて『モノを投げる』機会を作っていければ」と話した。 加納も「めちゃくちゃ楽しかったです。すごく活発で元気をもらいました」と笑顔。普段から体験会などでフェンシングの普及活動をしているだけに慣れた様子を見せていた加納は、「フェンシングを教える時は礼儀作法と簡単なルールだけで、自由にやってもらうというのを心掛けています」と言う。 オリンピックで金メダルを獲得したことで「フェンシングのことを知っている子どもたちは増えてきた」とし、「今回のように、経験してもらったり、生で見てもらったりできる人を増やしていきたいと思っています」と語る。来年はフェンシング発祥の地・フランスでパリ五輪も控えるなか、「普及には注目してもらうのが一番。そのためには金メダルを目標にしていきたい」と目標を掲げている。 「JALアスリートクラブ」は教育事業などを手がける株式会社LOCOKと日本航空株式会社の共同で立ち上げ、今年7月から本格的にスタート。「子どもたちに夢を与え、明日への活力を生み出す」を目的に、年長~小学生を対象とし、JALのアスリート社員である北口や、男子走高跳の戸邉直人、女子短距離の土井杏南、男子三段跳の山本凌雅、女子走幅跳の髙良彩花ら豪華トップアスリートがスケジュールの合間を縫って講師として参加している。

【動画】女子やり投世界一の北口榛花が子どもたちにやり投を伝授!?アスリートクラブの様子

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top