HOME 国内、特集、日本代表
【高平慎士の視点】「今できる最大限」を発揮した男子4×100mRの銀 ブダペスト世界陸上5位の流れ継ぎ、パリ五輪へさらなる選手層アップを
【高平慎士の視点】「今できる最大限」を発揮した男子4×100mRの銀 ブダペスト世界陸上5位の流れ継ぎ、パリ五輪へさらなる選手層アップを

経験豊富な桐生、小池と新鋭の上山、宇野のメンバーで銀メダルを手にした男子4×100mR

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の5日目午後セッションに行われた男子4×100mリレー決勝。日本は1走から桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)のオーダーで臨み、地元・中国(38秒29)に次ぐ38秒44の銀メダルだった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

100mで決勝に進出できず、リザーブが不在。200mで上山紘輝選手が金メダルを獲得しましたが、難しい状況の中で、連覇は達成できませんでしたが、メダルを確保できたことは一定の評価ができると思います。

レース展開としては、それぞれが「今、できる最大限のことに集中」して、トータルでタイムを狙う、とうスタンスだったと思います。それぞれが体力的に厳しい状態だったでしょうけど、それでも、1、2走で中国がもたついた隙をついて2走の小池祐貴選手が、1つ外側を走る100m王者の中国・謝震業をよく追いかけていました。

日本が金メダルを取るなら、3走の上山選手で抜け出す展開だったと思います。トップに立ったので、ある程度は理想の流れにもっていけたと言えますが、やはり3、4走の2人は前日の200m決勝の疲れが見えました。バトンうんぬんというよりは、それぞれがリレーに必要な「120mを走り切る」ことが難しかった。どの区間も、後半の失速が中国選手以上に見られました。

もちろん、走った4人たちが一番悔しい思いをしていると思います。それでも、アジア大会という場で、日本代表として出場している以上、日本が目指す4×100mリレーとして勝てるタイムだったと思いますし、勝てる相手だったと思います。そして、勝たないといけないチームなのです。それほどの期待を背負う種目であり、またそれを達成できるポテンシャルがあったと思います。

38秒44は混合チーム(13年東アジア大会)の学生記録と同じタイムなので、シニアの代表としてはクリアしないといけない水準です。38秒前半が勝負と見られた中で、中国が出した38秒29に日本が「たどりつかなかった」。それが今回の結果とだいうことです。

収穫は、もちろんあります。ブダペスト世界陸上から、小池選手が引き続きメンバーに入って5位入賞の流れをつないでくれたと思います。その姿を、チームの後輩である上山選手がブダペストから間近で見続けたことは、得難い経験となるでしょう。

リレー要員での代表入りから個人種目出場を果たした宇野勝翔選手は、体力的にもきつかったと思いますが、こういったチャンスを生かすことはアスリートとして大切なこと。そして、桐生祥秀選手が東京五輪以来の日本代表入りで、日本4継の伝統を後輩たちに伝えてくれたと思います。

これがパリ五輪につながるかどうかは、正直のところ何とも言えません。順当にいけばブダペストのメンバーが中心になるでしょうし、そこに割って入るには個人で五輪代表に入る力を見せる必要があるのは言うまでもありません。

これまでの「3走・桐生」のように、絶対的な存在がいるオーダーがあることも重要な武器となります。経験豊富な選手たちが、チームに良いものをもたらしてくれるであろうことも間違いのないことです。

そのうえで、ベテランたちを上回る次の世代の選手が台頭してきていることも事実。桐生選手、小池選手が本来のパフォーマンスをしても、それでもメンバーに入れない。そんな4×100mリレーチームを目指すことが、東京五輪で手にできなかった金メダルをパリ五輪でつかむために、求められるものだと思います。

◎高平慎士(たかひら・しんじ)
富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の5日目午後セッションに行われた男子4×100mリレー決勝。日本は1走から桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)のオーダーで臨み、地元・中国(38秒29)に次ぐ38秒44の銀メダルだった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 100mで決勝に進出できず、リザーブが不在。200mで上山紘輝選手が金メダルを獲得しましたが、難しい状況の中で、連覇は達成できませんでしたが、メダルを確保できたことは一定の評価ができると思います。 レース展開としては、それぞれが「今、できる最大限のことに集中」して、トータルでタイムを狙う、とうスタンスだったと思います。それぞれが体力的に厳しい状態だったでしょうけど、それでも、1、2走で中国がもたついた隙をついて2走の小池祐貴選手が、1つ外側を走る100m王者の中国・謝震業をよく追いかけていました。 日本が金メダルを取るなら、3走の上山選手で抜け出す展開だったと思います。トップに立ったので、ある程度は理想の流れにもっていけたと言えますが、やはり3、4走の2人は前日の200m決勝の疲れが見えました。バトンうんぬんというよりは、それぞれがリレーに必要な「120mを走り切る」ことが難しかった。どの区間も、後半の失速が中国選手以上に見られました。 もちろん、走った4人たちが一番悔しい思いをしていると思います。それでも、アジア大会という場で、日本代表として出場している以上、日本が目指す4×100mリレーとして勝てるタイムだったと思いますし、勝てる相手だったと思います。そして、勝たないといけないチームなのです。それほどの期待を背負う種目であり、またそれを達成できるポテンシャルがあったと思います。 38秒44は混合チーム(13年東アジア大会)の学生記録と同じタイムなので、シニアの代表としてはクリアしないといけない水準です。38秒前半が勝負と見られた中で、中国が出した38秒29に日本が「たどりつかなかった」。それが今回の結果とだいうことです。 収穫は、もちろんあります。ブダペスト世界陸上から、小池選手が引き続きメンバーに入って5位入賞の流れをつないでくれたと思います。その姿を、チームの後輩である上山選手がブダペストから間近で見続けたことは、得難い経験となるでしょう。 リレー要員での代表入りから個人種目出場を果たした宇野勝翔選手は、体力的にもきつかったと思いますが、こういったチャンスを生かすことはアスリートとして大切なこと。そして、桐生祥秀選手が東京五輪以来の日本代表入りで、日本4継の伝統を後輩たちに伝えてくれたと思います。 これがパリ五輪につながるかどうかは、正直のところ何とも言えません。順当にいけばブダペストのメンバーが中心になるでしょうし、そこに割って入るには個人で五輪代表に入る力を見せる必要があるのは言うまでもありません。 これまでの「3走・桐生」のように、絶対的な存在がいるオーダーがあることも重要な武器となります。経験豊富な選手たちが、チームに良いものをもたらしてくれるであろうことも間違いのないことです。 そのうえで、ベテランたちを上回る次の世代の選手が台頭してきていることも事実。桐生選手、小池選手が本来のパフォーマンスをしても、それでもメンバーに入れない。そんな4×100mリレーチームを目指すことが、東京五輪で手にできなかった金メダルをパリ五輪でつかむために、求められるものだと思います。 ◎高平慎士(たかひら・しんじ) 富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top