HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.02

東海大・石原翔太郎&越陽汰、前回日本人トップの専大・木村暁仁が外れる/箱根駅伝予選会
東海大・石原翔太郎&越陽汰、前回日本人トップの専大・木村暁仁が外れる/箱根駅伝予選会

23年箱根駅伝予選会のエントリーから外れた東海大・石原翔太郎(左)と専大・木村暁仁

関東学連は2日、第100回箱根駅伝の予選会(10月14日)に出場する大学と登録選手を発表した。

上位候補の東海大は、エースの石原翔太郎(4年)と駅伝主将の越陽汰(3年)、10000m28分台の喜早駿介(4年)らが外れた。5000m13分台14人、10000m28分台12人と出場校では群を抜く選手層を誇り、総力戦で通過を目指す。

前回の本戦でシード次点の11位だった東京国際大は、5000mと10000mで学生記録を持つ留学生のリチャード・エティーリ(1年)と全日本大学駅伝選考会で好走を見せたアモス・ベット(1年)をエントリー。10000m日本人最速(28分27秒45)の白井勇佑(3年)は外れたものの、村松敬哲(4年)や佐藤榛紀(3年)ら経験豊富な上級生がエントリー。14人中3年生以上で11人を占めた。

前回1位通過の大東大は主力が順当にエントリー。今年の箱根駅伝でシード権を落とし、6年ぶりに予選会から戦うことになった帝京大は主軸の小野隆一郎(4年)、10000m28分台の福島渉太(3年)、5000m13分台を持つルーキー・楠岡由浩が登録から外れた。

今年8月1日付で山本豪駅伝監督が就任した明大は、ハーフマラソンでチーム2番目の自己ベスト(1時間3分10秒)を持つ曳田道斗(3年)、箱根4区区間11位だった尾﨑健斗(3年)らがエントリー外。専大は昨年の予選会で日本人トップ(8位)と好走した木村暁仁(4年)を外した。

各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位13チームが本戦出場権を得る。なお、2015年大会からオープン参加している関東学生連合チームは100回大会では編成されないことが決まっている。

テレビ中継は10月14日の午前9時25分から11時25分まで全国の日本テレビ系列で放送。TVerではスペシャルライブ配信も行われるという。

関東学連は2日、第100回箱根駅伝の予選会(10月14日)に出場する大学と登録選手を発表した。 上位候補の東海大は、エースの石原翔太郎(4年)と駅伝主将の越陽汰(3年)、10000m28分台の喜早駿介(4年)らが外れた。5000m13分台14人、10000m28分台12人と出場校では群を抜く選手層を誇り、総力戦で通過を目指す。 前回の本戦でシード次点の11位だった東京国際大は、5000mと10000mで学生記録を持つ留学生のリチャード・エティーリ(1年)と全日本大学駅伝選考会で好走を見せたアモス・ベット(1年)をエントリー。10000m日本人最速(28分27秒45)の白井勇佑(3年)は外れたものの、村松敬哲(4年)や佐藤榛紀(3年)ら経験豊富な上級生がエントリー。14人中3年生以上で11人を占めた。 前回1位通過の大東大は主力が順当にエントリー。今年の箱根駅伝でシード権を落とし、6年ぶりに予選会から戦うことになった帝京大は主軸の小野隆一郎(4年)、10000m28分台の福島渉太(3年)、5000m13分台を持つルーキー・楠岡由浩が登録から外れた。 今年8月1日付で山本豪駅伝監督が就任した明大は、ハーフマラソンでチーム2番目の自己ベスト(1時間3分10秒)を持つ曳田道斗(3年)、箱根4区区間11位だった尾﨑健斗(3年)らがエントリー外。専大は昨年の予選会で日本人トップ(8位)と好走した木村暁仁(4年)を外した。 各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位13チームが本戦出場権を得る。なお、2015年大会からオープン参加している関東学生連合チームは100回大会では編成されないことが決まっている。 テレビ中継は10月14日の午前9時25分から11時25分まで全国の日本テレビ系列で放送。TVerではスペシャルライブ配信も行われるという。

第100回箱根駅伝予選会 主要大学エントリー一覧

・東京国際大 生田琉海(4年) 加藤優斗(4年) 川端拳史(4年) 村松敬哲(4年) 大林洸己(3年) 木村海斗(3年) 楠木悠人(3年) 佐藤榛紀(3年) 冨永昌輝(3年) 山岸柊斗(3年) 山本泰輝(3年) 川内琉生(2年) アモス・ベット(1年) リチャード・エティーリ(1年) ・明大 児玉真輝(4年) 斎藤拓海(4年) 杉彩文海(4年) 甲斐涼介(3年) 鈴木祐太(3年) 鈴木祐太(3年) 溝上稜斗(3年) 吉川響(2年) 窪田悠人(2年) 古井康介(2年) 堀颯介(2年) 森下翔太(2年) 山本樹(2年) 綾一輝(1年) 大湊柊翔(1年) ・帝京大 末次海斗(4年) 西脇翔太(4年) 日高拓夢(4年) 岩本拓真(3年) 小林大晟(3年) 高島大空(3年) 野村祐太朗(3年) 林叶大(3年) 福田翔(3年) 山中博生(3年) 尾崎仁哉(2年) 柴戸遼太(2年) 島田晃希(2年) 大西柊太朗(1年) ・山梨学大 北村惇生(4年) 髙木翔瑛(4年) 横山竜之介(4年) 大西陸(3年) 新本駿(3年) 砂川大河(3年) 髙田尚暉(3年) 徳田秋斗(3年) 村上大樹(3年) ジェームス・ムトゥク(2年) 塚本陸斗(2年) 平八重充希(2年) 占部大和(1年) ビリアン・キピエゴン(1年) ・東海大 折口雄紀(4年) 佐伯陽生(4年) 丸山真孝(4年) 五十嵐喬信(3年) 梶谷優斗(3年) 水野龍志(3年) 鈴木天智(2年) 竹割 真(2年) 中井陸人(2年) 花岡寿哉(2年) 兵藤ジュダ(2年) 湯野川創(2年) 永本脩(1年) 南坂柚汰(1年) ・大東大 菊地駿介(4年) 久保田徹(4年) 佐竹勇樹(4年) 長島玲音(4年) 松村晴生(4年) 大谷章紘(3年) 西川千青(3年) 西代雄豪(3年) ピーター・ワンジル(3年) 入濵輝大(2年) 照井海翔(2年) 庄司瑞輝(1年) 棟方一楽(1年) ・日体大 漆畑徳輝(4年) 大森椋太(4年) 田中慎梧(4年) 中津川亮(4年) 水金大亮(4年) 植松孝太(3年) 住原聡太(3年) 富永椋太(3年) 山口廉(3年) 山下大毅(3年) 分須尊紀(3年) 田島駿介(2年) 平島龍斗(2年) 山崎丞(2年) ・立教大 岸本健太郎(4年) 関口絢太(4年) 忠内侑士(4年) 中山凜斗(4年) 安藤圭佑(3年) 稲塚大祐(3年) 後藤謙昌(3年) 林虎大朗(3年) 山本羅生(3年) 小倉史也(2年) 國安広人(2年) 馬場賢人(2年) 吉屋佑晟(2年) 原田颯大(1年) ・国士大 山本龍神(4年) 鈴木伸弥(3年) 生田目惇(3年) 西田大智(3年) ピーター・カマウ(3年) 松井遼太(3年) 渡辺大喜(3年) 生駒直幸(2年) 大森由翔(2年) 勝部愛大(2年) 川勝悠雅(2年) 瀬川翔誠(2年) 富岡晃世(2年) 宮崎暖大(2年) ・専大 田島洸樹(4年) 中山敦貴(4年) 野下稜平(4年) 山城弘弐(4年) 大田和一斗(3年) ダンカン・キサイサ(3年) 辻優輝(3年) 新井友裕(2年) 犬塚知宏(2年) 手塚太一(2年) 福田達也(2年) 藁科健斗(2年) 大西裕翔(1年) 和田晴之(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top