HOME 国内、大学

2023.09.18

日体大V3!主将の須藤美桜「最後まであきらめなかったからできた」三段跳・鴨下若菜が殊勲の4位/日本IC
日体大V3!主将の須藤美桜「最後まであきらめなかったからできた」三段跳・鴨下若菜が殊勲の4位/日本IC

23年日本インカレで女子総合優勝を達成した日体大

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

日本インカレの全日程が終了し、女子総合は日体大が69点で3連覇。通算11度目の優勝を果たした。福岡大と同点ながら優勝種目数で決着がついた。

4×400mリレーが終わった段階で、まだ福岡大が有利だった。動いたのは、マイルリレーの直後だった。三段跳で鴨下若菜が12m74(-1.8)をジャンプして8位から4位へ浮上。この結果、福岡大と得点を並べることができた。鴨下は「全然知らなくて終わってから聞いて、『MVPもらわないと』と言いました」とはにかみ、「4年生でやっとチームに貢献できました」と誇った。

主将は400mの須藤美桜。「リレーが終わった後、ちょこちょこ(総合の行方が)、聞こえてきました」。総合優勝を手にして笑顔が弾けた。

「勝ち続けるのは本当に難しかった」

先輩たちがつないできた連覇。しかも、昨年は同じ東京高出身の先輩だった主将の髙橋真由からバトンを受け取った。でも――と言葉を紡ぐ。

「総合争いはあまりこだわらないようにしていて、全員があきらめなかったら総合優勝ができました」

須藤自身は「個人で何もできなかった」。関東インカレこそ制したものの思った走りができず不安も大きかったという。それでも「美桜が3年間やってくれたことの(恩を)返しているだけだよ」と仲間が言ってくれた。高校時代からの同期・島野真生が110mハードルで3年ぶりに優勝。一時は体調不良で体重も激減したが、まさに「あきらめない」姿勢が示したものだった。

卒業後は高校教員になる見込み。名門の東京高、日体大を背負った経験が必ず生きてくる。「あきらめなくて本当に良かったです」。日体大最強時代へ。そのバトンはしっかりと後輩へつながれた。

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 日本インカレの全日程が終了し、女子総合は日体大が69点で3連覇。通算11度目の優勝を果たした。福岡大と同点ながら優勝種目数で決着がついた。 4×400mリレーが終わった段階で、まだ福岡大が有利だった。動いたのは、マイルリレーの直後だった。三段跳で鴨下若菜が12m74(-1.8)をジャンプして8位から4位へ浮上。この結果、福岡大と得点を並べることができた。鴨下は「全然知らなくて終わってから聞いて、『MVPもらわないと』と言いました」とはにかみ、「4年生でやっとチームに貢献できました」と誇った。 主将は400mの須藤美桜。「リレーが終わった後、ちょこちょこ(総合の行方が)、聞こえてきました」。総合優勝を手にして笑顔が弾けた。 「勝ち続けるのは本当に難しかった」 先輩たちがつないできた連覇。しかも、昨年は同じ東京高出身の先輩だった主将の髙橋真由からバトンを受け取った。でも――と言葉を紡ぐ。 「総合争いはあまりこだわらないようにしていて、全員があきらめなかったら総合優勝ができました」 須藤自身は「個人で何もできなかった」。関東インカレこそ制したものの思った走りができず不安も大きかったという。それでも「美桜が3年間やってくれたことの(恩を)返しているだけだよ」と仲間が言ってくれた。高校時代からの同期・島野真生が110mハードルで3年ぶりに優勝。一時は体調不良で体重も激減したが、まさに「あきらめない」姿勢が示したものだった。 卒業後は高校教員になる見込み。名門の東京高、日体大を背負った経験が必ず生きてくる。「あきらめなくて本当に良かったです」。日体大最強時代へ。そのバトンはしっかりと後輩へつながれた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top