HOME 国内、大学

2023.09.18

順大 総合3連覇でV31達成!!主将・出口晴翔「みんながチームのために動ける」/日本IC
順大 総合3連覇でV31達成!!主将・出口晴翔「みんながチームのために動ける」/日本IC

23年日本インカレで男子総合優勝を達成した順大

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

日本インカレの全日程が終了し、男子総合は94点を獲得した順大が3年連続31度目の優勝を成し遂げた。

「全ブロックが得点を取ってくれました」。主将の出口晴翔がそう言って胸を張る。110mハードルの村竹ラシッドが13秒04という衝撃的な日本タイ記録を叩き出したことにフォーカスされるが、短距離・長距離・跳躍・投てきとしっかり得点を積み上げた。

男子短距離のエース・宇野勝翔は100m5位、200m2位と奮闘。それでも「正直、思うような練習が積めなかったのですが、それはいいわけ。落ち込む時期もありましたが、みんなが僕をサポートしてくれたので、絶対に勝たないといけないと臨んだ。悔しいです」と涙した。

三浦龍司がダイヤモンドリーグ・ファイナル出場のため5000mを欠場するなか、3000m障害では村尾雄己が制し、1500mは後田築が優勝、5000mは吉岡大翔が留学生を除く最上位の4位とルーキーが奮闘した。

出口は400mハードルで自己新を出し、超ハイレベルとなるなか4位に入った。高校時代から49秒台を叩き出して大きな注目を集めた出口。長く自己記録を出せない時期もあり、「苦しかったです」。それでも仲間や先生たちの支えで決して腐ることなく、地道に積み上げてきた。「周囲の学生たちは、選手が力を一番出せるように環境を作ってくれたのに、優勝できなかったのが悔しい」とこちらもタオルで顔を覆った。

序盤は苦しんものの、終わってみれば完勝で3連覇。「みんながみんなを尊敬し合って、チームのために動ける」と出口は言い、同期について「全然僕を満足させてくれない僕のモチベーションでした」と感謝した。

110mハードルで日本タイ記録を出した翌日は声が枯れるまで応援に回った村竹は「それぞれ目標はありますが、インカレの総合優勝を目指して一つになれた」と語る。海の向こうで三浦は、『目標』としている世界と対峙してチームを鼓舞した。

個性豊かなメンバーがそろうなか、チーム一丸で手にした31度目の頂点。黄金世代が抜けるが、総合優勝に懸ける思いはしっかりと受け継がれた。

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 日本インカレの全日程が終了し、男子総合は94点を獲得した順大が3年連続31度目の優勝を成し遂げた。 「全ブロックが得点を取ってくれました」。主将の出口晴翔がそう言って胸を張る。110mハードルの村竹ラシッドが13秒04という衝撃的な日本タイ記録を叩き出したことにフォーカスされるが、短距離・長距離・跳躍・投てきとしっかり得点を積み上げた。 男子短距離のエース・宇野勝翔は100m5位、200m2位と奮闘。それでも「正直、思うような練習が積めなかったのですが、それはいいわけ。落ち込む時期もありましたが、みんなが僕をサポートしてくれたので、絶対に勝たないといけないと臨んだ。悔しいです」と涙した。 三浦龍司がダイヤモンドリーグ・ファイナル出場のため5000mを欠場するなか、3000m障害では村尾雄己が制し、1500mは後田築が優勝、5000mは吉岡大翔が留学生を除く最上位の4位とルーキーが奮闘した。 出口は400mハードルで自己新を出し、超ハイレベルとなるなか4位に入った。高校時代から49秒台を叩き出して大きな注目を集めた出口。長く自己記録を出せない時期もあり、「苦しかったです」。それでも仲間や先生たちの支えで決して腐ることなく、地道に積み上げてきた。「周囲の学生たちは、選手が力を一番出せるように環境を作ってくれたのに、優勝できなかったのが悔しい」とこちらもタオルで顔を覆った。 序盤は苦しんものの、終わってみれば完勝で3連覇。「みんながみんなを尊敬し合って、チームのために動ける」と出口は言い、同期について「全然僕を満足させてくれない僕のモチベーションでした」と感謝した。 110mハードルで日本タイ記録を出した翌日は声が枯れるまで応援に回った村竹は「それぞれ目標はありますが、インカレの総合優勝を目指して一つになれた」と語る。海の向こうで三浦は、『目標』としている世界と対峙してチームを鼓舞した。 個性豊かなメンバーがそろうなか、チーム一丸で手にした31度目の頂点。黄金世代が抜けるが、総合優勝に懸ける思いはしっかりと受け継がれた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top