HOME 海外

2023.09.17

女子3000mSCのヤビが世界歴代2位8分50秒66でV 男子400mHはベンジャミンがワルホルム下す/DLファイナル
女子3000mSCのヤビが世界歴代2位8分50秒66でV 男子400mHはベンジャミンがワルホルム下す/DLファイナル

女子3000mSCのW.M.ヤビ(バーレーン)

9月16日、米国オレゴン州ユージンでダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルの1日目が行われ、女子3000m障害ではブダペスト世界選手権金メダリスト・W.M.ヤビ(バーレン)が8分50秒66の今季世界最高、大会新で優勝した。この記録は世界歴代2位で、アジア記録も更新した。従来のアジア記録はR.ジェベト(バーレン)の8分52秒78(16年)。2位には世界記録保持者のB.チェプコエチ(ケニア)が8分51秒67のパフォーマンス世界歴代3位の好タイムで続いた。

男子1マイルでは、東京五輪1500mとオレゴン・ブダペスト世界選手権5000m金メダルのJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)が今季世界最高の3分43秒73で勝ち、DL記録・欧州記録を更新した。2位のY.ヌグセ(米国)も3分43秒97で北米記録を樹立した。

男子400mハードルでは東京五輪銀メダルのR.ベンジャミン(米国)が46秒39のDL新、今季世界最高で勝利。世界記録保持者のK.ワルホルム(ノルウェー)は46秒53で2位だった。女子1500mは五輪・世界選手権で合計6つの金メダルをもつF.キピエゴン(ケニア)が3分50秒72の大会新で、女子三段跳では世界選手権4連覇中のY.ロハス(ベネズエラ)が今季世界最高で大会新の15m35でいずれも世界記録保持者が快勝した。

女子砲丸投ではオレゴン・ブダペスト世界選手権金メダルのC.イーリー(米国)が今季世界最高の20m76で大会記録、米国記録を打ち立てて勝利。男子走高跳はウ・サンヒョク(韓国)が自己タイの2m35で初の年間チャンピオンとなった。男子100mはC.コールマン(米国)が9秒83(+0.1)の今季世界最高タイで優勝した。

日本からは女子やり投の北口榛花(JAL)と男子3000m障害の三浦龍司(順大)が出場。北口が63m78で頂点に立ち、日本人初の偉業を達成した。三浦は8分15秒45で5位だった。

9月16日、米国オレゴン州ユージンでダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルの1日目が行われ、女子3000m障害ではブダペスト世界選手権金メダリスト・W.M.ヤビ(バーレン)が8分50秒66の今季世界最高、大会新で優勝した。この記録は世界歴代2位で、アジア記録も更新した。従来のアジア記録はR.ジェベト(バーレン)の8分52秒78(16年)。2位には世界記録保持者のB.チェプコエチ(ケニア)が8分51秒67のパフォーマンス世界歴代3位の好タイムで続いた。 男子1マイルでは、東京五輪1500mとオレゴン・ブダペスト世界選手権5000m金メダルのJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)が今季世界最高の3分43秒73で勝ち、DL記録・欧州記録を更新した。2位のY.ヌグセ(米国)も3分43秒97で北米記録を樹立した。 男子400mハードルでは東京五輪銀メダルのR.ベンジャミン(米国)が46秒39のDL新、今季世界最高で勝利。世界記録保持者のK.ワルホルム(ノルウェー)は46秒53で2位だった。女子1500mは五輪・世界選手権で合計6つの金メダルをもつF.キピエゴン(ケニア)が3分50秒72の大会新で、女子三段跳では世界選手権4連覇中のY.ロハス(ベネズエラ)が今季世界最高で大会新の15m35でいずれも世界記録保持者が快勝した。 女子砲丸投ではオレゴン・ブダペスト世界選手権金メダルのC.イーリー(米国)が今季世界最高の20m76で大会記録、米国記録を打ち立てて勝利。男子走高跳はウ・サンヒョク(韓国)が自己タイの2m35で初の年間チャンピオンとなった。男子100mはC.コールマン(米国)が9秒83(+0.1)の今季世界最高タイで優勝した。 日本からは女子やり投の北口榛花(JAL)と男子3000m障害の三浦龍司(順大)が出場。北口が63m78で頂点に立ち、日本人初の偉業を達成した。三浦は8分15秒45で5位だった。

ダイヤモンドリーグ・ファイナル優勝者(1日目)

<男子> 100m C.コールマン(米国) 9秒83(+0.1) 400m K.ジェームス(グレナダ)44秒30 1マイル J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 3分50秒72=大会新 400mH R.ベンジャミン(米国) 46秒39=DL新 走高跳 ウ・サンヒョク(韓国) 2m35 三段跳 A.ディアス(イタリア) 17m43(+0.1) 砲丸投 J.コヴァクス(米国) 23m23=DL新 やり投 J.ヴァドレイヒ(チェコ)84m24 <女子> 100m S.ジャクソン(ジャマイカ) 10秒70(+0.8) 1500m F.キピエゴン(ケニア) 3分50秒72=大会新 3000mSC W.M.ヤビ(バーレーン) 8分50秒66=今季世界最高、大会新 棒高跳 K.ムーン(米国)  4m86 三段跳 Y.ロハス(ベネズエラ) 15m35(+1.2) 砲丸投 C.イーリー(米国) 20m76=今季世界最高、大会新 やり投 北口榛花(日本/JAL) 63m78

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top