HOME 国内、大学

2023.09.16

【コラム】110mH日本記録の村竹ラシッド「こんな思いをするくらいなら…」悔しさやケガをはね除け追い越したあの日の背中
【コラム】110mH日本記録の村竹ラシッド「こんな思いをするくらいなら…」悔しさやケガをはね除け追い越したあの日の背中

順大の村竹ラシッド

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

日本インカレ3日目。男子110mハードルで村竹ラシッド(順大)が日本タイ記録となる13秒04(-0.9)で2年ぶり3度目の優勝を果たした。

村竹には忘れられない光景がある。2021年6月27日、大阪。東京五輪代表を懸けた日本選手権の決勝で、村竹は不正スタートで失格となってしまった。

まだ大学2年生。前日の予選で13秒28というとてつもない走りを見せて東京五輪参加標準記録をここで初めて突破。決勝で3位に入ればいきなり地元開催のオリンピック代表という立場になった。

「当時は急にオリンピックが目の前に来た。心が追いつかなかった。自分なんかが出ていいのかな」

そうした心の迷いが焦りを生み、身体が動いた。村竹はスタート地点にとどまり、繰り広げられる東京五輪代表決定の瞬間から目を離さなかった。110m先で、同じ順大のユニフォームを着たあこがれの泉谷駿介(現・住友電工)が13秒06という日本人初の13秒0台という歴史的な日本新記録(当時)を打ち立てて東京五輪を決めた。

それからしばらくは部屋に引きこもり、1週間はグラウンドに足を運べなかった。「こんなにつらい思いをするくらいなら陸上なんてやらないほうがいいんじゃないか」。そんなことも考えたという。

それでも、時間が解決してくれた。グラウンドには「頼もしい先輩、後輩がいる」。山崎一彦先生がいる。そして、ともに切磋琢磨できる同期がいた。

昨年の日本選手権でも3位以内に入ればオレゴン世界選手権代表になれる状況。「正直、少し思い出します」。それでもしっかり泉谷に次いで2位となって、一緒に世界選手権代表となった。

今年は3月に13秒25をマーク。ブダペスト世界選手権の参加標準記録を早々に破ったが、4月の織田記念で左脚を肉離れ。今度は塞ぎ込むことなく、ケガをしない、地道な身体作りをした。強くなって戻る。その答えは、復帰戦となった7月のレースで13秒18というパリ五輪の参加標準記録突破として表われた。

ダイヤモンドリーグにも初参戦。そして、2023年9月16日。あのとき、ジッと見届けた偉大な先輩の背中を0.02秒越え、日本人で2人目の13秒0台に突入し、泉谷が今年6月に出した日本記録と肩を並べた。

「泉谷さんはコンスタントに13秒0台を出されていますし、経験値の差があります。あまり競技のことは話しませんが…ご飯をおごってもらおうと思います」

順大のユニフォームを着て走った最後の対校戦の110mハードル。「明日はめいっぱい応援します」。そういってチームの副主将は笑顔を浮かべた。

文/向永拓史

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 日本インカレ3日目。男子110mハードルで村竹ラシッド(順大)が日本タイ記録となる13秒04(-0.9)で2年ぶり3度目の優勝を果たした。 村竹には忘れられない光景がある。2021年6月27日、大阪。東京五輪代表を懸けた日本選手権の決勝で、村竹は不正スタートで失格となってしまった。 まだ大学2年生。前日の予選で13秒28というとてつもない走りを見せて東京五輪参加標準記録をここで初めて突破。決勝で3位に入ればいきなり地元開催のオリンピック代表という立場になった。 「当時は急にオリンピックが目の前に来た。心が追いつかなかった。自分なんかが出ていいのかな」 そうした心の迷いが焦りを生み、身体が動いた。村竹はスタート地点にとどまり、繰り広げられる東京五輪代表決定の瞬間から目を離さなかった。110m先で、同じ順大のユニフォームを着たあこがれの泉谷駿介(現・住友電工)が13秒06という日本人初の13秒0台という歴史的な日本新記録(当時)を打ち立てて東京五輪を決めた。 それからしばらくは部屋に引きこもり、1週間はグラウンドに足を運べなかった。「こんなにつらい思いをするくらいなら陸上なんてやらないほうがいいんじゃないか」。そんなことも考えたという。 それでも、時間が解決してくれた。グラウンドには「頼もしい先輩、後輩がいる」。山崎一彦先生がいる。そして、ともに切磋琢磨できる同期がいた。 昨年の日本選手権でも3位以内に入ればオレゴン世界選手権代表になれる状況。「正直、少し思い出します」。それでもしっかり泉谷に次いで2位となって、一緒に世界選手権代表となった。 今年は3月に13秒25をマーク。ブダペスト世界選手権の参加標準記録を早々に破ったが、4月の織田記念で左脚を肉離れ。今度は塞ぎ込むことなく、ケガをしない、地道な身体作りをした。強くなって戻る。その答えは、復帰戦となった7月のレースで13秒18というパリ五輪の参加標準記録突破として表われた。 ダイヤモンドリーグにも初参戦。そして、2023年9月16日。あのとき、ジッと見届けた偉大な先輩の背中を0.02秒越え、日本人で2人目の13秒0台に突入し、泉谷が今年6月に出した日本記録と肩を並べた。 「泉谷さんはコンスタントに13秒0台を出されていますし、経験値の差があります。あまり競技のことは話しませんが…ご飯をおごってもらおうと思います」 順大のユニフォームを着て走った最後の対校戦の110mハードル。「明日はめいっぱい応援します」。そういってチームの副主将は笑顔を浮かべた。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top