HOME 国内、大学

2023.09.16

女子ハンマー投・村上来花が大会新V2!九州共立大がメダル独占「世界で活躍できる選手に」/日本IC
女子ハンマー投・村上来花が大会新V2!九州共立大がメダル独占「世界で活躍できる選手に」/日本IC

日本インカレ女子ハンマー投を大会新で制した村上来花(九州共立大)

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)3日目

日本インカレ3日目が行われ、女子ハンマー投は村上来花(九州共立大)が昨年に続いて連覇。2回目に自身の大会記録を1m31cm塗り替えた。

「まず、ワン・ツー・スリーをできて良かった」と笑顔を見せる村上。砲丸投に続いて九州共立大勢でメダルを独占し、2年間お世話になってきた4年生の先輩2人とともに表彰台に上がったことを喜んだ。

1回目は59m41。2回目は「ターンの入りから張りを作れて、3、4ターン目に持っていけました」と言い、感触十分のスローで喜びを爆発させた。その後はファウルが続き、「自己ベストが出そうだったのですが、ターンのどこか1つ(タイミングが)外れてしまって振り切りにつながりませんでした」と悔やんだ。

今年はアジア選手権で銅メダル。ワールドユニバーシティゲームズでも6位と国際舞台での経験を積んだ。そうした中で、ブダペスト世界選手権では同じ投てき種目のやり投で北口榛花(JAL)が世界一に輝くのを見て「ずっと鳥肌が立っていましたし、やっぱり改めてすごいなって感じました」。と同時に、「自分も世界大会で活躍できる選手になりたい」という思いをより強くした。

今季は国体などを含めて残り3試合の予定。自己記録=学生記録65m33は4月1日に出したもの。「そろそろ出そうな感触はあるので出して終わりたい」と自己新で締めくくるつもりだ。

高校時代から年代別・カテゴリー別の記録を塗り替え続け、U20世界選手権でも銅メダルと歴史を作っている村上。さらに、高3時には膝の靱帯を損傷して手術も経験しながら復活してきた。そうした姿を見て、学生や高校生たちのレベルも向上。日本記録を作ったマッカーサー・ジョイ(NMFA)とともに、日本の女子ハンマー投を再びの世界へと押し上げていく。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)3日目 日本インカレ3日目が行われ、女子ハンマー投は村上来花(九州共立大)が昨年に続いて連覇。2回目に自身の大会記録を1m31cm塗り替えた。 「まず、ワン・ツー・スリーをできて良かった」と笑顔を見せる村上。砲丸投に続いて九州共立大勢でメダルを独占し、2年間お世話になってきた4年生の先輩2人とともに表彰台に上がったことを喜んだ。 1回目は59m41。2回目は「ターンの入りから張りを作れて、3、4ターン目に持っていけました」と言い、感触十分のスローで喜びを爆発させた。その後はファウルが続き、「自己ベストが出そうだったのですが、ターンのどこか1つ(タイミングが)外れてしまって振り切りにつながりませんでした」と悔やんだ。 今年はアジア選手権で銅メダル。ワールドユニバーシティゲームズでも6位と国際舞台での経験を積んだ。そうした中で、ブダペスト世界選手権では同じ投てき種目のやり投で北口榛花(JAL)が世界一に輝くのを見て「ずっと鳥肌が立っていましたし、やっぱり改めてすごいなって感じました」。と同時に、「自分も世界大会で活躍できる選手になりたい」という思いをより強くした。 今季は国体などを含めて残り3試合の予定。自己記録=学生記録65m33は4月1日に出したもの。「そろそろ出そうな感触はあるので出して終わりたい」と自己新で締めくくるつもりだ。 高校時代から年代別・カテゴリー別の記録を塗り替え続け、U20世界選手権でも銅メダルと歴史を作っている村上。さらに、高3時には膝の靱帯を損傷して手術も経験しながら復活してきた。そうした姿を見て、学生や高校生たちのレベルも向上。日本記録を作ったマッカーサー・ジョイ(NMFA)とともに、日本の女子ハンマー投を再びの世界へと押し上げていく。 大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。 あすリートチャンネル特設ページ

男女ハンマー投は大会新!福田翔大は“室伏広治超え”72m01!…村上来花は64m03 !

https://youtu.be/EKvDF_kkpiU?si=3BoOjoYzzWAlU_kW

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top