HOME 国内、大学

2023.09.15

東洋大 男子4継悲願の初V 38秒94の大学新 エース栁田大輝がシーズンラストの激走/日本IC
東洋大 男子4継悲願の初V 38秒94の大学新 エース栁田大輝がシーズンラストの激走/日本IC

23年日本男子4×100mRで優勝した東洋大。左から走順に成島陽紀、大石凌功、中村彰太、栁田大輝

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目

日本インカレ2日目に男子4×100mリレーが行われ、東洋大が38秒94で悲願の初優勝を飾った。

これまで関東インカレもタイトルを取り、桐生祥秀(現・日本生命)ら名だたるスプリンターを擁していただけに、これが意外にも初優勝。記録も大学別歴代9位の好記録、大学新で花を添えた。

成島陽紀、大石凌功、中村彰太、そしてアンカーはエースの栁田大輝。競り合いとなるなかでバトンを受けた栁田は「この位置ならもらった」とライバルたちを抑えて逃げ切った。

「日本インカレで優勝するのが目標でした。強い仲間、監督、スタッフ陣のお陰です」と成島。ルーキー大石は「入学前に参加していた春合宿から同じ気持ちで取り組んできました。本当にうれしいです」と笑顔を見せる。

ただ1人4年生の中村は「関東インカレと日本インカレを勝つのが目標でした。学生記録(38秒54/中大)は出なくて悔しいですが、今日一番の走りができました」と胸を張り、「連覇のプレッシャーもあると思いますが、チーム一丸で頑張ってほしい」とエールを送った。

100mを制して2冠の栁田。「長いシーズンでした」と充実感たっぷり。「世界選手権より緊張しました。やっぱりインカレはインカレ」と笑う。

今年1年を一言で振り返ると「楽しかった」。これでシーズンアウトで「明日、明後日も来て応援します!」。冬季もウエイトトレーニングなどを継続していく構えだが、「(強化プランは)未定です。大阪に遊びに行きます」と大学生らしさも。

パリ五輪イヤーの来季。「まずは参加標準記録(10秒00)を突破。それをシーズン最初の目標に定めて準備していきます」。

10代の終わり、そして二十歳として駆け抜けた2023年。一冬超えて、さらに成長した姿でトラックに戻ってきそうだ。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目 日本インカレ2日目に男子4×100mリレーが行われ、東洋大が38秒94で悲願の初優勝を飾った。 これまで関東インカレもタイトルを取り、桐生祥秀(現・日本生命)ら名だたるスプリンターを擁していただけに、これが意外にも初優勝。記録も大学別歴代9位の好記録、大学新で花を添えた。 成島陽紀、大石凌功、中村彰太、そしてアンカーはエースの栁田大輝。競り合いとなるなかでバトンを受けた栁田は「この位置ならもらった」とライバルたちを抑えて逃げ切った。 「日本インカレで優勝するのが目標でした。強い仲間、監督、スタッフ陣のお陰です」と成島。ルーキー大石は「入学前に参加していた春合宿から同じ気持ちで取り組んできました。本当にうれしいです」と笑顔を見せる。 ただ1人4年生の中村は「関東インカレと日本インカレを勝つのが目標でした。学生記録(38秒54/中大)は出なくて悔しいですが、今日一番の走りができました」と胸を張り、「連覇のプレッシャーもあると思いますが、チーム一丸で頑張ってほしい」とエールを送った。 100mを制して2冠の栁田。「長いシーズンでした」と充実感たっぷり。「世界選手権より緊張しました。やっぱりインカレはインカレ」と笑う。 今年1年を一言で振り返ると「楽しかった」。これでシーズンアウトで「明日、明後日も来て応援します!」。冬季もウエイトトレーニングなどを継続していく構えだが、「(強化プランは)未定です。大阪に遊びに行きます」と大学生らしさも。 パリ五輪イヤーの来季。「まずは参加標準記録(10秒00)を突破。それをシーズン最初の目標に定めて準備していきます」。 10代の終わり、そして二十歳として駆け抜けた2023年。一冬超えて、さらに成長した姿でトラックに戻ってきそうだ。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

【動画】男子4×100mR東洋大が悲願の初優勝!エース栁田大輝が激走

https://youtu.be/OzZm4mrJl8U?si=BDM-AkJQnrb5j-A3

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top