HOME 国内、大学

2023.09.15

甲南大が女子スプリント席巻!100mメダル独占、4継初優勝/日本IC
甲南大が女子スプリント席巻!100mメダル独占、4継初優勝/日本IC

23年日本インカレ女子4×100mRを制した甲南大。左から走順に藏重みう、岡根和奏、井戸アビゲイル風果、奥野由萌

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目

日本インカレ2日目、甲南大が女子短距離を席巻。100m決勝は藏重みうが11秒76(-0.3)で制すと、2位に岡根和奏が0.02秒で続き、奥野由萌が3位と、表彰台を独占した。

藏重は「2週間前に右前腿に少し違和感があったのですが、疲労を抜きつつゆったりとした動き、ドリルでポイントを抑えて」調整してきたという。

レースは3人が競り合いとなるなか、「最後まで気持ちを切らさずに早くフィニッシュできるように心掛けた」と、勝負強さを見せ、「勝ち切れたのは評価できると思います」と笑顔を浮かべる。

今季はアジア選手権4×100mリレー代表を経験。「個人で世界に出たい」という思いを強くした。

岡根は「並んだ時に少し力んでしまいました」と言い、奥野も「準決勝でベストが出たのでそのままいけば…と思ったのですが、最後少し崩れてしまいました」と悔しがる。それでも「表彰台独占は狙っていたのでうれしいです」と喜んだ。

藏重を1走、岡根が2走、400mに出場した井戸アビゲイル風果を3走に、そしてアンカーを奥野が務めた4×100mリレーは44秒72で初優勝。予選で学生記録にあと0.01秒に迫る44秒52を出したが、伊東浩司先生から「記録を気にせずに」と送り出され、チャレンジャーとして日本一を勝ち取った。

岡根は「優勝を目指してきたので達成できてうれしいです。バトンパスは課題がありますが、伸び率があります」とさらなる記録更新を狙う。奥野は「1着でゴールにバトンを持って行くことだけ考えて走りました」と笑顔が弾けた。

ここにケガで離脱中の青山華衣が控える甲南大。青山は「いつも通り明るく行ってこいって感じでした」とエールを送られた4人が、走れない青山の分も気持ちを込めてバトンをつないだ。

岡根は「ここに満足せず、2連覇、3連覇とするためにスタートに立てました」と、甲南大旋風を巻き起こすことを誓った。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目 日本インカレ2日目、甲南大が女子短距離を席巻。100m決勝は藏重みうが11秒76(-0.3)で制すと、2位に岡根和奏が0.02秒で続き、奥野由萌が3位と、表彰台を独占した。 藏重は「2週間前に右前腿に少し違和感があったのですが、疲労を抜きつつゆったりとした動き、ドリルでポイントを抑えて」調整してきたという。 レースは3人が競り合いとなるなか、「最後まで気持ちを切らさずに早くフィニッシュできるように心掛けた」と、勝負強さを見せ、「勝ち切れたのは評価できると思います」と笑顔を浮かべる。 今季はアジア選手権4×100mリレー代表を経験。「個人で世界に出たい」という思いを強くした。 岡根は「並んだ時に少し力んでしまいました」と言い、奥野も「準決勝でベストが出たのでそのままいけば…と思ったのですが、最後少し崩れてしまいました」と悔しがる。それでも「表彰台独占は狙っていたのでうれしいです」と喜んだ。 藏重を1走、岡根が2走、400mに出場した井戸アビゲイル風果を3走に、そしてアンカーを奥野が務めた4×100mリレーは44秒72で初優勝。予選で学生記録にあと0.01秒に迫る44秒52を出したが、伊東浩司先生から「記録を気にせずに」と送り出され、チャレンジャーとして日本一を勝ち取った。 岡根は「優勝を目指してきたので達成できてうれしいです。バトンパスは課題がありますが、伸び率があります」とさらなる記録更新を狙う。奥野は「1着でゴールにバトンを持って行くことだけ考えて走りました」と笑顔が弾けた。 ここにケガで離脱中の青山華衣が控える甲南大。青山は「いつも通り明るく行ってこいって感じでした」とエールを送られた4人が、走れない青山の分も気持ちを込めてバトンをつないだ。 岡根は「ここに満足せず、2連覇、3連覇とするためにスタートに立てました」と、甲南大旋風を巻き起こすことを誓った。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

【動画】女子100mで甲南大が1、2、3位フィニッシュ! 藏重は1年生V

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top