HOME 国内、世界陸上、日本代表
坂井隆一郎&栁田大輝「個の力が足りなかった」男子4継はメダルに届かず5位/世界陸上
坂井隆一郎&栁田大輝「個の力が足りなかった」男子4継はメダルに届かず5位/世界陸上

2023年ブダペスト世界選手権の帰国会見に応じる坂井隆一郎(左)と栁田大輝

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。男子4×100mリレーで5位入賞を果たした坂井隆一郎(大阪ガス/1走)と栁田大輝(東洋大/2走)が成田空港で取材に応じた。

100mでは3人出場した日本勢でただ一人の予選敗退だった坂井は「今回は悔しい結果に終わった大会でした。100mは昨年達成した準決勝進出を果たせませんでしたし、リレーも目標に掲げていた日本記録(37秒43)とメダル獲得には届きませんでした」と口にし、栁田も「悔しさが大きい。100mは準決勝に進めましたが、ただ進んだだけ。リレーの走りもチームに勢いを与える走りではなかった」と辛口自己評価だった。

坂井は6月の日本選手権で初優勝(10秒11/-0.2)したものの、その直前にアキレス腱を痛めており、回復に努めながら挑んだ7月のアジア選手権では6位だった。

今大会を迎えるにあたって「痛みはなかった」と言うが、「練習できていない期間があったので、それが中盤以降の走りのずれにつながったのかなと思います」と、万全の状態ではなかった。

栁田は日本選手権で2位になったあと、7月のアジア選手権で日本歴代7位タイの10秒02(±0)をマークして金メダルを獲得。個人種目では初出場となった今大会で準決勝に駒を進めたものの、2組7着(10秒14/±0)に終わり、「歯が立たなかった。すべてにおいて1段階、2段階レベルアップしていかないと戦えない」と力不足を痛感した。

坂井が1走、栁田が2走を務めた4×100mリレーでは決勝には進んだものの、メダルに届かず5位。「バトンワークもまだまだ伸びしろがありますが、それ以上に個人の力がまだ足りていなかったと思います」と坂井が言えば、栁田も「バトンワーク以上に走力が大切。米国と同じとまではいかないですが、バトンのミスをカバーできるくらいの個の力が必要だと感じました」と言う。

今後について坂井は「コーチと相談して決めていきますが、まずは冬季に地力をしっかりつけ、来年に9秒台を目指していきたい」ときっぱり。栁田は9月中旬に控える日本インカレに出場予定で、「まだ10秒0台を1回しか出していないので、安定して出していければ9秒台が見えてくると思う。しっかりと参加標準記録を突破してパリ五輪、東京世界陸上に出場したい」と、ともに1年後、2年後を見据えていた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。男子4×100mリレーで5位入賞を果たした坂井隆一郎(大阪ガス/1走)と栁田大輝(東洋大/2走)が成田空港で取材に応じた。 100mでは3人出場した日本勢でただ一人の予選敗退だった坂井は「今回は悔しい結果に終わった大会でした。100mは昨年達成した準決勝進出を果たせませんでしたし、リレーも目標に掲げていた日本記録(37秒43)とメダル獲得には届きませんでした」と口にし、栁田も「悔しさが大きい。100mは準決勝に進めましたが、ただ進んだだけ。リレーの走りもチームに勢いを与える走りではなかった」と辛口自己評価だった。 坂井は6月の日本選手権で初優勝(10秒11/-0.2)したものの、その直前にアキレス腱を痛めており、回復に努めながら挑んだ7月のアジア選手権では6位だった。 今大会を迎えるにあたって「痛みはなかった」と言うが、「練習できていない期間があったので、それが中盤以降の走りのずれにつながったのかなと思います」と、万全の状態ではなかった。 栁田は日本選手権で2位になったあと、7月のアジア選手権で日本歴代7位タイの10秒02(±0)をマークして金メダルを獲得。個人種目では初出場となった今大会で準決勝に駒を進めたものの、2組7着(10秒14/±0)に終わり、「歯が立たなかった。すべてにおいて1段階、2段階レベルアップしていかないと戦えない」と力不足を痛感した。 坂井が1走、栁田が2走を務めた4×100mリレーでは決勝には進んだものの、メダルに届かず5位。「バトンワークもまだまだ伸びしろがありますが、それ以上に個人の力がまだ足りていなかったと思います」と坂井が言えば、栁田も「バトンワーク以上に走力が大切。米国と同じとまではいかないですが、バトンのミスをカバーできるくらいの個の力が必要だと感じました」と言う。 今後について坂井は「コーチと相談して決めていきますが、まずは冬季に地力をしっかりつけ、来年に9秒台を目指していきたい」ときっぱり。栁田は9月中旬に控える日本インカレに出場予定で、「まだ10秒0台を1回しか出していないので、安定して出していければ9秒台が見えてくると思う。しっかりと参加標準記録を突破してパリ五輪、東京世界陸上に出場したい」と、ともに1年後、2年後を見据えていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top