HOME 国内、世界陸上、日本代表
32年ぶり日本新の400m佐藤拳太郎「総合的には納得できない」男子主将も務める/世界陸上
32年ぶり日本新の400m佐藤拳太郎「総合的には納得できない」男子主将も務める/世界陸上

2023年ブダペスト世界選手権の帰国会見に応じる佐藤拳太郎

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。男子400m予選で32年ぶり日本新となる44秒77をマークした佐藤拳太郎(富士通)が成田空港で取材に応じた。

前日本記録(44秒78)保持者・高野進氏以来、30年以上も未踏の領域だった44秒台へ突入、そして日本記録保持者になったことについて、「今大会で日本記録は必ず出さなくてはいけないと思っていたので、そこは収穫として良かったと思います」と感想を述べた。

しかし、最大目標である決勝進出と4×400mリレーのメダル獲得を逃したことについては「総合的に考えると全然納得ができないというか、もっとやれたなと思います」と厳しい総括だった。

城西大3年だった2015年北京世界選手権から長きにわたって日本男子ロングスプリントを牽引してきた28歳。6月の日本選手権は3位だったものの、7月のアジア選手権で45秒00の自己新で金メダルを獲得し、好調をキープしてブダペストに臨んでいた。

前回大会の4×400mリレーは2分59秒51の日本記録を樹立して4位と健闘したものの、佐藤はケガの影響でメンバー入りすることができなかった。

それだけに3走を務めたマイルリレーには特別強い気持ちを持って臨んだものの、3分00秒39で予選敗退。「今大会で私と佐藤風雅選手(ミズノ)が44秒台に入り、中島(佑気ジョセフ/東洋大)選手が45秒04で予選は通るだろうという慢心があったのかもしれません。今後は選手・スタッフ全員がメダルを取るという意識を持つことが必要だと感じました」と振り返る。

また、今大会は日本選手団の男子主将という大役も任され、「歴代の主将は結果で引っ張ってきたので、私も自分の成績で盛り上げられるようにと大会前から思っていました」とこれまでの世界大会とは心境の変化があったことを明かす。

「そういう意味では、女子主将の北口榛花選手はやり投で金メダルを獲得したので、あれこそがキャプテンのあるべき姿だと感じました」と、日本女子トラック&フィールド種目初の金メダリストとなった北口を称えた。

今後は9月下旬から開催されるアジア大会(中国・杭州)に向かっていく。

「現時点でも44秒50は目指せると思っています。意識をしなくても理想のレースを体現できるように、アジア大会に向けてしっかり準備していきます」

男子ロングスプリントのエースは、再びアジアの頂点を狙いに行く。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペスト世界選手権に出場していた日本代表選手が8月29日午後に帰国。男子400m予選で32年ぶり日本新となる44秒77をマークした佐藤拳太郎(富士通)が成田空港で取材に応じた。 前日本記録(44秒78)保持者・高野進氏以来、30年以上も未踏の領域だった44秒台へ突入、そして日本記録保持者になったことについて、「今大会で日本記録は必ず出さなくてはいけないと思っていたので、そこは収穫として良かったと思います」と感想を述べた。 しかし、最大目標である決勝進出と4×400mリレーのメダル獲得を逃したことについては「総合的に考えると全然納得ができないというか、もっとやれたなと思います」と厳しい総括だった。 城西大3年だった2015年北京世界選手権から長きにわたって日本男子ロングスプリントを牽引してきた28歳。6月の日本選手権は3位だったものの、7月のアジア選手権で45秒00の自己新で金メダルを獲得し、好調をキープしてブダペストに臨んでいた。 前回大会の4×400mリレーは2分59秒51の日本記録を樹立して4位と健闘したものの、佐藤はケガの影響でメンバー入りすることができなかった。 それだけに3走を務めたマイルリレーには特別強い気持ちを持って臨んだものの、3分00秒39で予選敗退。「今大会で私と佐藤風雅選手(ミズノ)が44秒台に入り、中島(佑気ジョセフ/東洋大)選手が45秒04で予選は通るだろうという慢心があったのかもしれません。今後は選手・スタッフ全員がメダルを取るという意識を持つことが必要だと感じました」と振り返る。 また、今大会は日本選手団の男子主将という大役も任され、「歴代の主将は結果で引っ張ってきたので、私も自分の成績で盛り上げられるようにと大会前から思っていました」とこれまでの世界大会とは心境の変化があったことを明かす。 「そういう意味では、女子主将の北口榛花選手はやり投で金メダルを獲得したので、あれこそがキャプテンのあるべき姿だと感じました」と、日本女子トラック&フィールド種目初の金メダリストとなった北口を称えた。 今後は9月下旬から開催されるアジア大会(中国・杭州)に向かっていく。 「現時点でも44秒50は目指せると思っています。意識をしなくても理想のレースを体現できるように、アジア大会に向けてしっかり準備していきます」 男子ロングスプリントのエースは、再びアジアの頂点を狙いに行く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top