HOME 国内、世界陸上、日本代表
マラソン・山下一貴がブダペストを熱走!両脚ケイレンで12位にも「また戻ってきます」/世界陸上
マラソン・山下一貴がブダペストを熱走!両脚ケイレンで12位にも「また戻ってきます」/世界陸上

男子マラソンで12位ながら大健闘の力走を見せた山下一貴(三菱重工)

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目/最終日

ブダペスト世界陸上9日目(最終日)のモーニングセッションが行われ、男子マラソンに出場した山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位でフィニッシュ。だが、入賞はもちろん一時はメダルの背中も見えるほどの熱走を見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

「自分のペースを守って走り切る」。それだけに集中して、山下はレースを進めた。序盤は集団後方で様子を見る流れだったが、その間に前方がペースを大きく変化させてもまったく気にしない。

前との差が開いても、自分のペースを刻んでいるうちに追いつく。それを繰り返すうちに、30.4kmでは一時前に出る場面もあった。だが、「集団から離れて、追いついていくペースで走ったら前に出ただけ」で、「頑張って前に出たとかではありません」。

31km過ぎにヴィクター・キプランガット(ウガンダ)が勝負を仕掛け、集団が大き崩れてからも、山下の走りは変わらない。7位集団を引っ張るかたちになったが、まっすぐ前を見据え、走り続ける。

途中からテベロ・ラマコンゴアナ(レソト)とともに熱走。36kmで6位、37.4kmで5位争い。ラマコンゴアナにややリードされたが、39km付近では前回王者のタミラト・トーラ(エチオピア)を抜いて再び5位に浮上する。メダルラインまで20~30秒の差を保ちながら、ひたすら足を前に運び続けた。

広告の下にコンテンツが続きます

だが、終盤にまさかの展開が待っていた。「左脚のふくらはぎがケイレンしてしまって」立ち止まる。その予兆は「まったくなかった」そうだが、脚を伸ばしても治まらなかった。

再び走り始めたものの、左脚が気になって思うようにペースを上げられない。そうこうしているうちに「右脚やいろいろな場所がケイレンしてしまいました」。フィニッシュ地点の英雄広場を前に、またもストップ。なんとか完走したが、順位は12位まで下がっていた。

ケイレンを起こしたことは課題として残ったが、そこまでの自身の走りには充実感を漂わせる。「思ったよりも冷静に走ることができた。すごくいい経験になりました」と笑顔で振り返った。

長崎・瓊浦高から駒大へ。入学時からマラソンへの適性を見出され、チームの主軸として箱根駅伝では3年連続でエース区間2区を務めた。

広告の下にコンテンツが続きます

卒業後は、マラソンを主戦場に定めて故郷の名門に入り、1年目の2021年のびわ湖毎日で挑戦した初マラソンでは18位ながら2時間8分10秒をマーク。2度目のマラソンだった昨年2月の大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会では2時間7分42秒(2位)まで記録を短縮した。

そして、今年3月の東京マラソンでは、それをさらに1分51秒も更新する日本歴代3位の2時間5分51秒。初の世界選手権代表入りと、着実に成長を遂げている。

日本勢として2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来となる入賞は、ほんのわずかのところで逃した。だが、ブダペストに大きな足跡を刻んだことは間違いない。

「また戻ってきます。次はメダルを目指してがんばります」

広告の下にコンテンツが続きます

山下はそう笑顔で、力強く語った。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目/最終日 ブダペスト世界陸上9日目(最終日)のモーニングセッションが行われ、男子マラソンに出場した山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位でフィニッシュ。だが、入賞はもちろん一時はメダルの背中も見えるほどの熱走を見せた。 「自分のペースを守って走り切る」。それだけに集中して、山下はレースを進めた。序盤は集団後方で様子を見る流れだったが、その間に前方がペースを大きく変化させてもまったく気にしない。 前との差が開いても、自分のペースを刻んでいるうちに追いつく。それを繰り返すうちに、30.4kmでは一時前に出る場面もあった。だが、「集団から離れて、追いついていくペースで走ったら前に出ただけ」で、「頑張って前に出たとかではありません」。 31km過ぎにヴィクター・キプランガット(ウガンダ)が勝負を仕掛け、集団が大き崩れてからも、山下の走りは変わらない。7位集団を引っ張るかたちになったが、まっすぐ前を見据え、走り続ける。 途中からテベロ・ラマコンゴアナ(レソト)とともに熱走。36kmで6位、37.4kmで5位争い。ラマコンゴアナにややリードされたが、39km付近では前回王者のタミラト・トーラ(エチオピア)を抜いて再び5位に浮上する。メダルラインまで20~30秒の差を保ちながら、ひたすら足を前に運び続けた。 だが、終盤にまさかの展開が待っていた。「左脚のふくらはぎがケイレンしてしまって」立ち止まる。その予兆は「まったくなかった」そうだが、脚を伸ばしても治まらなかった。 再び走り始めたものの、左脚が気になって思うようにペースを上げられない。そうこうしているうちに「右脚やいろいろな場所がケイレンしてしまいました」。フィニッシュ地点の英雄広場を前に、またもストップ。なんとか完走したが、順位は12位まで下がっていた。 ケイレンを起こしたことは課題として残ったが、そこまでの自身の走りには充実感を漂わせる。「思ったよりも冷静に走ることができた。すごくいい経験になりました」と笑顔で振り返った。 長崎・瓊浦高から駒大へ。入学時からマラソンへの適性を見出され、チームの主軸として箱根駅伝では3年連続でエース区間2区を務めた。 卒業後は、マラソンを主戦場に定めて故郷の名門に入り、1年目の2021年のびわ湖毎日で挑戦した初マラソンでは18位ながら2時間8分10秒をマーク。2度目のマラソンだった昨年2月の大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会では2時間7分42秒(2位)まで記録を短縮した。 そして、今年3月の東京マラソンでは、それをさらに1分51秒も更新する日本歴代3位の2時間5分51秒。初の世界選手権代表入りと、着実に成長を遂げている。 日本勢として2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来となる入賞は、ほんのわずかのところで逃した。だが、ブダペストに大きな足跡を刻んだことは間違いない。 「また戻ってきます。次はメダルを目指してがんばります」 山下はそう笑顔で、力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top