HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子200m鵜澤飛羽は準決勝で20秒33「次はファイナルに残りたい」初の世界で19秒台選手にも先着/世界陸上
男子200m鵜澤飛羽は準決勝で20秒33「次はファイナルに残りたい」初の世界で19秒台選手にも先着/世界陸上

世界との差を実感しつつも、決勝への手応えもつかんだ鵜澤飛羽

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目

ブダペスト世界陸上6日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子200mの鵜澤飛羽(筑波大)は準決勝3組に出場し、20秒33(-0.4)の5着でフィニッシュとなり、決勝進出は果たせなかった。

前日の予選で組1着を通過し、シードレーンの8レーンからスタートした鵜澤。号砲とともに飛び出したが、6レーンのエリヨン・ナイトン(米国)や7レーンのツァーネル・ヒューズ(英国)といった実力者がコーナーから鵜澤を急襲した。

コーナー出口は7番目の通過と出遅れたが、それでも最後まであきらめず駆け抜け、19秒台のベストを持つラシード・ドワイヤー(ジャマイカ)とショーン・マスワンガニー(南アフリカ)を追い抜いてフィニッシュラインを駆け抜けた。

「(トップ選手は)前半からあのスピードでいって、後半につなげてくる。お手上げです」と実力差を痛感した鵜澤。「身体の調子は良かったんですが、一つ、二つくらい(スピードが)足りない。負けたのは悔しい」と素直な気持ちを吐露する。

だが、「良い経験ができた」と振り返るように、初の世界選手権でセミファイナリストとなり、現時点での自身の立ち位置を確認することもできた。今季は5月の静岡国際で追い風参考ながら20秒10(+2.6)の快走で周囲を驚かせると、6月の日本選手権では20秒32(-0.2)で初優勝、そして7月のアジア選手権は日本歴代8位タイ、学生歴代2位、大会新の20秒23(-0.4)で金メダルに輝いた。

これまではケガに泣かされることも多かったものの、練習で基礎体力作りに務め、スピードに負けない身体を目指したことで、パフォーマンスも急激に上昇。「身体のレベルが上がっていて、感覚とスピードのすり合わせがうまくいっていない」と話すが、着実に成長を遂げている証ともいえよう。

「前に出られた景色を忘れず、次はファイナルに残りたい」

今大会での決勝進出ラインは20秒21。自己ベストとはわずか0.02秒しか違わないタイムだっただけに、世界のファイナルが明確に見えてきた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目 ブダペスト世界陸上6日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子200mの鵜澤飛羽(筑波大)は準決勝3組に出場し、20秒33(-0.4)の5着でフィニッシュとなり、決勝進出は果たせなかった。 前日の予選で組1着を通過し、シードレーンの8レーンからスタートした鵜澤。号砲とともに飛び出したが、6レーンのエリヨン・ナイトン(米国)や7レーンのツァーネル・ヒューズ(英国)といった実力者がコーナーから鵜澤を急襲した。 コーナー出口は7番目の通過と出遅れたが、それでも最後まであきらめず駆け抜け、19秒台のベストを持つラシード・ドワイヤー(ジャマイカ)とショーン・マスワンガニー(南アフリカ)を追い抜いてフィニッシュラインを駆け抜けた。 「(トップ選手は)前半からあのスピードでいって、後半につなげてくる。お手上げです」と実力差を痛感した鵜澤。「身体の調子は良かったんですが、一つ、二つくらい(スピードが)足りない。負けたのは悔しい」と素直な気持ちを吐露する。 だが、「良い経験ができた」と振り返るように、初の世界選手権でセミファイナリストとなり、現時点での自身の立ち位置を確認することもできた。今季は5月の静岡国際で追い風参考ながら20秒10(+2.6)の快走で周囲を驚かせると、6月の日本選手権では20秒32(-0.2)で初優勝、そして7月のアジア選手権は日本歴代8位タイ、学生歴代2位、大会新の20秒23(-0.4)で金メダルに輝いた。 これまではケガに泣かされることも多かったものの、練習で基礎体力作りに務め、スピードに負けない身体を目指したことで、パフォーマンスも急激に上昇。「身体のレベルが上がっていて、感覚とスピードのすり合わせがうまくいっていない」と話すが、着実に成長を遂げている証ともいえよう。 「前に出られた景色を忘れず、次はファイナルに残りたい」 今大会での決勝進出ラインは20秒21。自己ベストとはわずか0.02秒しか違わないタイムだっただけに、世界のファイナルが明確に見えてきた。

【動画】準決勝で5着と健闘した鵜澤飛羽 200mの走りをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top