HOME 国内、世界陸上、日本代表
三浦龍司、堂々の6位!!東京五輪に続く入賞「1つステップアップできた」メダルも「現実味」の収穫/世界陸上
三浦龍司、堂々の6位!!東京五輪に続く入賞「1つステップアップできた」メダルも「現実味」の収穫/世界陸上

男子3000m障害で6位入賞の三浦龍司。東京五輪での7位を上回る成績を残した

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)4日目

ブダペスト世界陸上4日目のアフタンーンセッションが行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(順大)が6位入賞を果たした。

前回のオレゴンで予選落ちの悔しさから1年。2度目の世界選手権は、やはり世界トップクラスの実力を持っていると証明する大会となった。

この種目日本人初、そして東京五輪(7位)に続いての入賞。「オリンピックよりも1つステップアップできたのはうれしいというのが率直な気持ち」。ファイナルで、しっかり『勝負』できた充実感であふれていた。

序盤はスローになるなか、「接触しないようにうまく障害を越えられる」ポジションを取る。「最初は後ろから行って、自分のペースでビルドアップしていく」というプラン通りにレースを進める。

徐々に集団がばらけていくなか、さすがにソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)とラメチャ・ギルマ(エチオピア)の一騎打ちにはつけなかったが、メダルを狙える位置をキープ。前を行く選手の転倒もあり、「チャンスで行きたい」と思ったが、「ラストは脚が残っていなかった」。フィニッシュ直前でニュージーランドのジョージ・ブレミッシュにかわされた。

8分13秒70で6位は、「もう少し行けたんじゃないかとと、半分悔しい気持ちもある」。自身も「収穫があった」と言うように、しっかり最後まで勝負した点や、日本新で2位となったダイヤモンドリーグ・パリ大会で見せたように、水濠や障害でアフリカ勢との差を詰めたり、引き離したりする技術の高さは圧巻だった。

「(前回)予選で終わった悔しさに比べれば、入賞して悔しいと言えるほうが幸せ。自分の成長も含めて良かったと言えるブダペストの世界陸上でした」

トップ2との差は実感しつつも、「3番は現実味がある」。やはり、「フラットの5000mや1500mの能力も必要」だと言い、「1年を通して3000m障害の専門的な練習というの(方法)もあると思う」。これまで通り、「マイペースに試行錯誤を繰り返して」成長していく構えだ。

1歩ずつ、着実に。三浦龍司らしくステップアップしていけば、目指すべき場所にきっとたどり着く。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)4日目 ブダペスト世界陸上4日目のアフタンーンセッションが行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(順大)が6位入賞を果たした。 前回のオレゴンで予選落ちの悔しさから1年。2度目の世界選手権は、やはり世界トップクラスの実力を持っていると証明する大会となった。 この種目日本人初、そして東京五輪(7位)に続いての入賞。「オリンピックよりも1つステップアップできたのはうれしいというのが率直な気持ち」。ファイナルで、しっかり『勝負』できた充実感であふれていた。 序盤はスローになるなか、「接触しないようにうまく障害を越えられる」ポジションを取る。「最初は後ろから行って、自分のペースでビルドアップしていく」というプラン通りにレースを進める。 徐々に集団がばらけていくなか、さすがにソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)とラメチャ・ギルマ(エチオピア)の一騎打ちにはつけなかったが、メダルを狙える位置をキープ。前を行く選手の転倒もあり、「チャンスで行きたい」と思ったが、「ラストは脚が残っていなかった」。フィニッシュ直前でニュージーランドのジョージ・ブレミッシュにかわされた。 8分13秒70で6位は、「もう少し行けたんじゃないかとと、半分悔しい気持ちもある」。自身も「収穫があった」と言うように、しっかり最後まで勝負した点や、日本新で2位となったダイヤモンドリーグ・パリ大会で見せたように、水濠や障害でアフリカ勢との差を詰めたり、引き離したりする技術の高さは圧巻だった。 「(前回)予選で終わった悔しさに比べれば、入賞して悔しいと言えるほうが幸せ。自分の成長も含めて良かったと言えるブダペストの世界陸上でした」 トップ2との差は実感しつつも、「3番は現実味がある」。やはり、「フラットの5000mや1500mの能力も必要」だと言い、「1年を通して3000m障害の専門的な練習というの(方法)もあると思う」。これまで通り、「マイペースに試行錯誤を繰り返して」成長していく構えだ。 1歩ずつ、着実に。三浦龍司らしくステップアップしていけば、目指すべき場所にきっとたどり着く。

【動画】三浦龍司が東京五輪上回る6位!男子3000m障害ダイジェストのチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top