HOME 特集、世界陸上

2023.08.21

【竹澤健介の視点】力を出し切った10000m・田澤廉「残り3000mで35秒」離された世界との差を埋めるため「5000mのスピード」強化を/世界陸上
【竹澤健介の視点】力を出し切った10000m・田澤廉「残り3000mで35秒」離された世界との差を埋めるため「5000mのスピード」強化を/世界陸上

男子10000mに出場した田澤廉(トヨタ自動車)(23年ブダペスト世界陸上)

ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子10000m。日本からただ1人出場した田澤廉(トヨタ自動車)は28分25秒85で15位だった。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

今回は暑さも含めて日本人に合った気候も味方して、前半は1000mごとに2分50秒前後のペースで5000m通過が14分21秒。そこから前回のように一気にペースが上がるのではなく、1周ごとに上がっていくような流れでした。日本人選手にとって、一番順位を取りやすい展開となり、しかも田澤選手自身も力を出し切ったレースだったと思います。

それでも前回から5つ順位が上がったとはいえ15位で、最後の3000mだけで35秒近い差をつけられました。その要因としては、まずは「スピード」の差があるでしょう。

今回の田澤選手の場合は、1000m2分45秒がリミットだったのかなと感じました。6000mから7000mで2分44秒に上がったあたりからきつくなったようですが、夏のレースで、日本人にとって1周64秒に入ると、10000mというよりは5000mのレースペースに近くなります。5000mで12分40秒前後のベストを持っている世界の選手と比べ、田澤選手は13分22秒60。このスピード差は、やはり大きいと言わざるを得ません。

それに加えて、「スピードに対する余裕度」にも差があるように感じました。田澤選手は今年に入って、これが5本目の10000mレース。参加標準記録(27分10秒00)を突破できなかったため、ワールドランキングやエリアチャンピオン(アジア選手権優勝)での代表入りを狙う取り組みとなり、出場試合が増えました。すると、どうしても10000m仕様のトレーニングになり、スピードを磨く部分にどこまで入り込めたか。

広告の下にコンテンツが続きます

1周だけのスピードであればそれでも対応できるかもしれませんが、2周、3周と続けてペースが上がり続ける展開になると、そのペースに余裕を持って対応するだけのスピード持続能力が求められます。

長い距離からのアプローチで善戦はできると思いますし、実際に田澤選手はその力を出し切れていました。では、今回生まれた差をどう埋めていけばいいのか。私は「5000m」がポイントであると考えます。

5000mで12分台、少なくとも12分台に近い13分台を持って、日本人らしい粘りを発揮する。そうすれば入賞のチャンスが生まれてくるでしょう。

そのチャンスをつかむために、まずは標準記録を突破を念頭に置いた強化を目指すことが大切です。そして、自分の身体を万全の状態に仕上げておくことが最低条件。そのうえで、世界大会は今回のように気候が味方する場合が多いので、女子10000mで集団の中で粘って入賞を勝ち取った廣中璃梨佳選手(日本郵政グループ)のようなレースにもっていくことで、可能性をさらに広げることができるのではないでしょうか。

広告の下にコンテンツが続きます

もちろん、それが簡単なことではないということは重々承知のうえで、それでも世界へのチャレンジを続けてほしいと思います。

史上4人目の3連覇を飾ったジョシュア・チェプテゲイ選手(ウガンダ)は、自分の勝負パターンをしっかりと把握し、それを体現しました。

ラスト1周で前にいれば負けないとわかったうえで、ラスト500mから前に出た。瞬発力はエチオピア勢が上かもしれませんが、長いスパートでそれを封じた走りは、世界の中でも一枚も二枚も上の選手だと感じました。

ラスト1000mは2分25秒、ラスト800mは1分53秒、ラスト400mは53秒でカバーできるスピードは、見事と言うほかありません。

広告の下にコンテンツが続きます
ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子10000m。日本からただ1人出場した田澤廉(トヨタ自動車)は28分25秒85で15位だった。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 今回は暑さも含めて日本人に合った気候も味方して、前半は1000mごとに2分50秒前後のペースで5000m通過が14分21秒。そこから前回のように一気にペースが上がるのではなく、1周ごとに上がっていくような流れでした。日本人選手にとって、一番順位を取りやすい展開となり、しかも田澤選手自身も力を出し切ったレースだったと思います。 それでも前回から5つ順位が上がったとはいえ15位で、最後の3000mだけで35秒近い差をつけられました。その要因としては、まずは「スピード」の差があるでしょう。 今回の田澤選手の場合は、1000m2分45秒がリミットだったのかなと感じました。6000mから7000mで2分44秒に上がったあたりからきつくなったようですが、夏のレースで、日本人にとって1周64秒に入ると、10000mというよりは5000mのレースペースに近くなります。5000mで12分40秒前後のベストを持っている世界の選手と比べ、田澤選手は13分22秒60。このスピード差は、やはり大きいと言わざるを得ません。 それに加えて、「スピードに対する余裕度」にも差があるように感じました。田澤選手は今年に入って、これが5本目の10000mレース。参加標準記録(27分10秒00)を突破できなかったため、ワールドランキングやエリアチャンピオン(アジア選手権優勝)での代表入りを狙う取り組みとなり、出場試合が増えました。すると、どうしても10000m仕様のトレーニングになり、スピードを磨く部分にどこまで入り込めたか。 1周だけのスピードであればそれでも対応できるかもしれませんが、2周、3周と続けてペースが上がり続ける展開になると、そのペースに余裕を持って対応するだけのスピード持続能力が求められます。 長い距離からのアプローチで善戦はできると思いますし、実際に田澤選手はその力を出し切れていました。では、今回生まれた差をどう埋めていけばいいのか。私は「5000m」がポイントであると考えます。 5000mで12分台、少なくとも12分台に近い13分台を持って、日本人らしい粘りを発揮する。そうすれば入賞のチャンスが生まれてくるでしょう。 そのチャンスをつかむために、まずは標準記録を突破を念頭に置いた強化を目指すことが大切です。そして、自分の身体を万全の状態に仕上げておくことが最低条件。そのうえで、世界大会は今回のように気候が味方する場合が多いので、女子10000mで集団の中で粘って入賞を勝ち取った廣中璃梨佳選手(日本郵政グループ)のようなレースにもっていくことで、可能性をさらに広げることができるのではないでしょうか。 もちろん、それが簡単なことではないということは重々承知のうえで、それでも世界へのチャレンジを続けてほしいと思います。 史上4人目の3連覇を飾ったジョシュア・チェプテゲイ選手(ウガンダ)は、自分の勝負パターンをしっかりと把握し、それを体現しました。 ラスト1周で前にいれば負けないとわかったうえで、ラスト500mから前に出た。瞬発力はエチオピア勢が上かもしれませんが、長いスパートでそれを封じた走りは、世界の中でも一枚も二枚も上の選手だと感じました。 ラスト1000mは2分25秒、ラスト800mは1分53秒、ラスト400mは53秒でカバーできるスピードは、見事と言うほかありません。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top