HOME 世界陸上、海外

2023.08.21

七種競技はジョンソン・トンプソンが王座復権 度重なるケガから復活V/世界陸上
七種競技はジョンソン・トンプソンが王座復権 度重なるケガから復活V/世界陸上

2大会ぶりの優勝が決まり、信じられないという表情を見せたジョンソン・トンプソン

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目

ブダペスト世界陸上2日目が行われ、初日からの2日間で実施された女子七種競技でカタリナ・ジョンソン・トンプソン(英国)が6740点で優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

ジョンソン・トンプソンは1種目めの100mハードルを13秒50(+0.4)の10位で滑り出すと、続く走高跳では1m86を跳んで4位に浮上。200mは23秒48(±0)の全体トップとなり、トップのアナ・ホール(米国)と93点差の2位で初日を折り返し。

2日目は得意の走幅跳で6m54(-0.1)をマークして首位に立ち、やり投で46m14、最終種目の800mも2分05秒63。前回の銅メダリストで800mが得意なホールの追い上げを20点差で振り切った。

試合後、「自分はまだやれるということ証明できた」と涙ながらに喜びを語ったジョンソン・トンプソン。「この結果はこれまでの努力の集大成。自分を信じていればできるということが、今日わかった」。

ジョンソン・トンプソンは19年のドーハ大会で金メダルを獲得。しかし、20年にアキレス腱を断裂し、21年の東京五輪では試合中に肉離れを起こして途中棄権となっていた。その後手術を受け、昨年のオレゴンでは8位。今季5月には6556点を出すまでに復調していたものの、優勝候補とまでは見られていなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

「ここ数年はとても大変でしたが、今ではすべての価値があったことだと思う。来年のパリ五輪でもメダルを取りたい」と意欲を見せた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目 ブダペスト世界陸上2日目が行われ、初日からの2日間で実施された女子七種競技でカタリナ・ジョンソン・トンプソン(英国)が6740点で優勝を果たした。 ジョンソン・トンプソンは1種目めの100mハードルを13秒50(+0.4)の10位で滑り出すと、続く走高跳では1m86を跳んで4位に浮上。200mは23秒48(±0)の全体トップとなり、トップのアナ・ホール(米国)と93点差の2位で初日を折り返し。 2日目は得意の走幅跳で6m54(-0.1)をマークして首位に立ち、やり投で46m14、最終種目の800mも2分05秒63。前回の銅メダリストで800mが得意なホールの追い上げを20点差で振り切った。 試合後、「自分はまだやれるということ証明できた」と涙ながらに喜びを語ったジョンソン・トンプソン。「この結果はこれまでの努力の集大成。自分を信じていればできるということが、今日わかった」。 ジョンソン・トンプソンは19年のドーハ大会で金メダルを獲得。しかし、20年にアキレス腱を断裂し、21年の東京五輪では試合中に肉離れを起こして途中棄権となっていた。その後手術を受け、昨年のオレゴンでは8位。今季5月には6556点を出すまでに復調していたものの、優勝候補とまでは見られていなかった。 「ここ数年はとても大変でしたが、今ではすべての価値があったことだと思う。来年のパリ五輪でもメダルを取りたい」と意欲を見せた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top