HOME 世界陸上、海外

2023.08.21

「自分が世界で一番速い男だ!」ライルズが9秒83で100m王者に輝く/世界陸上
「自分が世界で一番速い男だ!」ライルズが9秒83で100m王者に輝く/世界陸上

悲願の100mチャンピオンに輝き喜びを爆発させたライルズ

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目

ブダペスト世界陸上2日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子100mではノア・ライルズ(米国)が9秒83(±0)で頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

前日の予選から9秒95(-0.6)と好調さをアピールしていたライルズは、決勝の2時間30分前に行われた準決勝も9秒87(+0.3)のトップタイムをマーク。決勝までの待ち時間も余裕を持って過ごすことができたという。

ライルズがライバル視していたのが、19年ドーハ大会の金メダリストであるクリスチャン・コールマン(米国)。「彼はいつもスタートが速い。シーズンを通して常に速いスタートを決めていた。60m地点までにこちらが加速できていなければ、捕まえられなかっただろう」と言うように、序盤はコールマンが身体2つほどのリードを奪った。

だが、ライルズはスピードに乗った中盤から一気にコールマンとの差を詰めると、80m付近でトップに。同じく後半型のレツィレ・テボゴ(ボツワナ)やツァーネル・ヒューズ(英国)もライルズに追いすがったものの、ライルズのスピードが勝った。

ライルズは26歳。10代から世界大会で活躍し、2016年にはU20世界選手権で優勝を飾った。19年には200mで世界選手権を制覇、昨年には世界歴代3位の19秒31で2連覇を果たしている。

広告の下にコンテンツが続きます

「今回の優勝で自分が世界で一番速い男だと証明できた。ここには3つの金メダルを取るつもりで来たが、100mが一番難しいと思っていた。あとは楽しむだけ」と残る200mと4×100mリレーでの優勝を宣言した。

20歳のテボゴが9秒88で銀メダル、ヒューズが同タイムで3位となり、前半リードしたコールマンは9秒92で5位。また、前回優勝のフレッド・カーリー(米国)は準決勝で敗退した。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目 ブダペスト世界陸上2日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子100mではノア・ライルズ(米国)が9秒83(±0)で頂点に立った。 前日の予選から9秒95(-0.6)と好調さをアピールしていたライルズは、決勝の2時間30分前に行われた準決勝も9秒87(+0.3)のトップタイムをマーク。決勝までの待ち時間も余裕を持って過ごすことができたという。 ライルズがライバル視していたのが、19年ドーハ大会の金メダリストであるクリスチャン・コールマン(米国)。「彼はいつもスタートが速い。シーズンを通して常に速いスタートを決めていた。60m地点までにこちらが加速できていなければ、捕まえられなかっただろう」と言うように、序盤はコールマンが身体2つほどのリードを奪った。 だが、ライルズはスピードに乗った中盤から一気にコールマンとの差を詰めると、80m付近でトップに。同じく後半型のレツィレ・テボゴ(ボツワナ)やツァーネル・ヒューズ(英国)もライルズに追いすがったものの、ライルズのスピードが勝った。 ライルズは26歳。10代から世界大会で活躍し、2016年にはU20世界選手権で優勝を飾った。19年には200mで世界選手権を制覇、昨年には世界歴代3位の19秒31で2連覇を果たしている。 「今回の優勝で自分が世界で一番速い男だと証明できた。ここには3つの金メダルを取るつもりで来たが、100mが一番難しいと思っていた。あとは楽しむだけ」と残る200mと4×100mリレーでの優勝を宣言した。 20歳のテボゴが9秒88で銀メダル、ヒューズが同タイムで3位となり、前半リードしたコールマンは9秒92で5位。また、前回優勝のフレッド・カーリー(米国)は準決勝で敗退した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top