HOME 国内、世界陸上、日本代表
廣中璃梨佳 10000m7位の快挙!!苦しい時期乗り越え笑顔の走り「タイムより順位」磨いたラスト勝負でつかみとる/世界陸上
廣中璃梨佳 10000m7位の快挙!!苦しい時期乗り越え笑顔の走り「タイムより順位」磨いたラスト勝負でつかみとる/世界陸上

ブダペスト世界選手権女子10000mで7位入賞を果たし、笑顔を見せる廣中璃梨佳

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目

ブダペスト世界陸上1日目のアフタヌーン・セッションが行われ、女子10000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位入賞の快挙を成し遂げた。五輪(21年東京7位)とのダブル入賞は千葉真子以来、世界選手権での入賞は13年モスクワの新谷仁美(5位)以来となる。31分35秒12のシーズンベストも「今回はタイムより順位を狙っていました」と語った。

広告の下にコンテンツが続きます

スタート前、いつものようにトレードマークの帽子を外して笑顔で挨拶をする。いつもの表情が戻ってきた。

入りの400mが83秒49という超スローペース。そこから少しずつペースが上がって縦長の展開になる。そうしたなか、中学時代からスタイルとしてこだわってきた先頭を引くレースではなく、どんなペースになっても5番手あたりをキープする。

「これから先を考えた時に、5000mまで耐えてラスト勝負をしたかった。それを(高橋昌彦)監督と取り組んできました」。東京五輪やオレゴンでも5000mまで引っ張ってラストでどれだけ粘れるかという展開だったが、「そうなると残りの5000mでもがく。今の10000mは5000mからが勝負。今回は引き出しを増やす」という目標を見事に完遂。もくろみ通り、それまで後ろにいたアフリカ勢が5000mから一気にレースを動かすなか、廣中は必死でくらいついた。

「ラスト200mまでつければ入賞ラインが見えてくる。今回はつらいところはなかったです」。帽子を外さなかったのは「集中してゾーンに入っていました」と笑う。違う形で2度目の世界大会入賞をもぎとった収穫は大きい。

広告の下にコンテンツが続きます

今季は春から左アキレス腱を痛めて苦しい時期を過ごした。代表選考会だったゴールデンゲームズinのべおかは、3位以内で代表内定だったものの4位で即時内定を逃している。日本選手権5000mも21位。レースの度に涙を流してきた。調子が上がってきたのは「この1ヵ月くらい」。7月中旬から3週間、スイス・サンモリッツで高地合宿。「そこで上げられました」。今年一番だという調子で臨めたのは、廣中が決してあきらめなかったから。

「4月からなかなか調子が上がらず、モヤモヤする毎日でしたが、その期間があったからこそ、こうやって今の自分があるんだというのをすごく実感しています。2回目の世界選手権に挑戦できて、笑顔でスタートラインに立てたのが自分にとっての一歩でした」

そう言う廣中には涙はなく、新たな自分で世界と戦えた充実感と思いっきり走れる楽しさにあふれていた。

次は日本記録(14分52秒84)を持つ5000mに出場(日本時間23日18時10分に予選)。そこでも磨いてきたスピードをぶつけて堂々と世界に挑戦する。

広告の下にコンテンツが続きます
◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目 ブダペスト世界陸上1日目のアフタヌーン・セッションが行われ、女子10000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位入賞の快挙を成し遂げた。五輪(21年東京7位)とのダブル入賞は千葉真子以来、世界選手権での入賞は13年モスクワの新谷仁美(5位)以来となる。31分35秒12のシーズンベストも「今回はタイムより順位を狙っていました」と語った。 スタート前、いつものようにトレードマークの帽子を外して笑顔で挨拶をする。いつもの表情が戻ってきた。 入りの400mが83秒49という超スローペース。そこから少しずつペースが上がって縦長の展開になる。そうしたなか、中学時代からスタイルとしてこだわってきた先頭を引くレースではなく、どんなペースになっても5番手あたりをキープする。 「これから先を考えた時に、5000mまで耐えてラスト勝負をしたかった。それを(高橋昌彦)監督と取り組んできました」。東京五輪やオレゴンでも5000mまで引っ張ってラストでどれだけ粘れるかという展開だったが、「そうなると残りの5000mでもがく。今の10000mは5000mからが勝負。今回は引き出しを増やす」という目標を見事に完遂。もくろみ通り、それまで後ろにいたアフリカ勢が5000mから一気にレースを動かすなか、廣中は必死でくらいついた。 「ラスト200mまでつければ入賞ラインが見えてくる。今回はつらいところはなかったです」。帽子を外さなかったのは「集中してゾーンに入っていました」と笑う。違う形で2度目の世界大会入賞をもぎとった収穫は大きい。 今季は春から左アキレス腱を痛めて苦しい時期を過ごした。代表選考会だったゴールデンゲームズinのべおかは、3位以内で代表内定だったものの4位で即時内定を逃している。日本選手権5000mも21位。レースの度に涙を流してきた。調子が上がってきたのは「この1ヵ月くらい」。7月中旬から3週間、スイス・サンモリッツで高地合宿。「そこで上げられました」。今年一番だという調子で臨めたのは、廣中が決してあきらめなかったから。 「4月からなかなか調子が上がらず、モヤモヤする毎日でしたが、その期間があったからこそ、こうやって今の自分があるんだというのをすごく実感しています。2回目の世界選手権に挑戦できて、笑顔でスタートラインに立てたのが自分にとっての一歩でした」 そう言う廣中には涙はなく、新たな自分で世界と戦えた充実感と思いっきり走れる楽しさにあふれていた。 次は日本記録(14分52秒84)を持つ5000mに出場(日本時間23日18時10分に予選)。そこでも磨いてきたスピードをぶつけて堂々と世界に挑戦する。

【動画】廣中が今大会日本勢初入賞!女子10000mダイジェスト

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top