HOME 国内、世界陸上、日本代表
廣中璃梨佳 10000m7位の快挙!!苦しい時期乗り越え笑顔の走り「タイムより順位」磨いたラスト勝負でつかみとる/世界陸上
廣中璃梨佳 10000m7位の快挙!!苦しい時期乗り越え笑顔の走り「タイムより順位」磨いたラスト勝負でつかみとる/世界陸上

ブダペスト世界選手権女子10000mで7位入賞を果たし、笑顔を見せる廣中璃梨佳

【動画】廣中が今大会日本勢初入賞!女子10000mダイジェスト

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目 ブダペスト世界陸上1日目のアフタヌーン・セッションが行われ、女子10000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位入賞の快挙を成し遂げた。五輪(21年東京7位)とのダブル入賞は千葉真子以来、世界選手権での入賞は13年モスクワの新谷仁美(5位)以来となる。31分35秒12のシーズンベストも「今回はタイムより順位を狙っていました」と語った。 スタート前、いつものようにトレードマークの帽子を外して笑顔で挨拶をする。いつもの表情が戻ってきた。 入りの400mが83秒49という超スローペース。そこから少しずつペースが上がって縦長の展開になる。そうしたなか、中学時代からスタイルとしてこだわってきた先頭を引くレースではなく、どんなペースになっても5番手あたりをキープする。 「これから先を考えた時に、5000mまで耐えてラスト勝負をしたかった。それを(高橋昌彦)監督と取り組んできました」。東京五輪やオレゴンでも5000mまで引っ張ってラストでどれだけ粘れるかという展開だったが、「そうなると残りの5000mでもがく。今の10000mは5000mからが勝負。今回は引き出しを増やす」という目標を見事に完遂。もくろみ通り、それまで後ろにいたアフリカ勢が5000mから一気にレースを動かすなか、廣中は必死でくらいついた。 「ラスト200mまでつければ入賞ラインが見えてくる。今回はつらいところはなかったです」。帽子を外さなかったのは「集中してゾーンに入っていました」と笑う。違う形で2度目の世界大会入賞をもぎとった収穫は大きい。 今季は春から左アキレス腱を痛めて苦しい時期を過ごした。代表選考会だったゴールデンゲームズinのべおかは、3位以内で代表内定だったものの4位で即時内定を逃している。日本選手権5000mも21位。レースの度に涙を流してきた。調子が上がってきたのは「この1ヵ月くらい」。7月中旬から3週間、スイス・サンモリッツで高地合宿。「そこで上げられました」。今年一番だという調子で臨めたのは、廣中が決してあきらめなかったから。 「4月からなかなか調子が上がらず、モヤモヤする毎日でしたが、その期間があったからこそ、こうやって今の自分があるんだというのをすごく実感しています。2回目の世界選手権に挑戦できて、笑顔でスタートラインに立てたのが自分にとっての一歩でした」 そう言う廣中には涙はなく、新たな自分で世界と戦えた充実感と思いっきり走れる楽しさにあふれていた。 次は日本記録(14分52秒84)を持つ5000mに出場(日本時間23日18時10分に予選)。そこでも磨いてきたスピードをぶつけて堂々と世界に挑戦する。

【動画】廣中が今大会日本勢初入賞!女子10000mダイジェスト

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top