HOME 高校

2023.08.07

松阪商が女子総合県勢50年ぶりV!投てきで得点積み上げ市船橋と同記録激戦制す/北海道IH
松阪商が女子総合県勢50年ぶりV!投てきで得点積み上げ市船橋と同記録激戦制す/北海道IH

初の総合優勝を果たして喜びに沸いた松阪商の選手たち。後列左から2人目が山本浩武先生

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場)

北海道インターハイの最終日が行われ、学校対抗の女子は36点を獲得した松阪商(三重)が初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

前回、0.5点差決着だった女子総合優勝争いは、今回も歴史に残る大激戦となった。投てき種目とトラック種目を軸に、それぞれ北の大地を揺るがした松阪商と前回0.5点差で涙を飲んだ市船橋(千葉)が36点で並ぶ。

同記録の場合、順位を決める各入賞者の数もそれぞれ1位が1種目、2位が2種目、3位が1種目、4位が1種目まで同数。やり投で6位入賞者を出した松阪商が7、8位各1種目の市船橋を上回り、決着がついた。過去、女子の同記録決着は4度あり、2012年新潟インターハイでの東京と東大阪大敬愛の対決以来となる。

大会のフィナーレを飾った4×400mリレーで市船橋が決勝に進出。優勝すればすでに競技を終えている松阪商を1点上回り初優勝が決まるという場面だった。大会前リストトップで準決勝をトップタイムをマークしている京都橘と手に汗握る激闘となるなか、初日の400mを制している市船橋の宮地利璃香(3年)と400mハードルを高校歴代3位の好タイムで連覇した京都橘・瀧野未来(3年)が激しいアンカー勝負を繰り広げ、最後の最後に瀧野が胸の差で宮地を抑えV。市船橋は今季ベストを大幅に更新するも0.08秒届かず、惜しくも2位に終わり悲願達成はならなかった。

一方の松阪商は、大会初日のハンマー投から躍動。前田唯愛(3年)が51m40を投げて3位に食い込むと、2日目のやり投では主将の曽野雅(3年)が48m43を投げて優勝し、6位の川北海万梨(3年)とダブル入賞を果たす。「自分たちもやれるという雰囲気が盛り上がったと思います」と山本浩武先生が話すように、3、4日目の円盤投、砲丸投の活躍につながった。

広告の下にコンテンツが続きます

円盤投で世古櫻紗(2年)が自己新の40m57で2位。続く砲丸投でも14m台に乗せ14m03の自己新で2つ目の銀メダルをつかんだ。3年生の坂山成も初の13m超えとなる13m18をプットし4位入賞を果たしている。

3年生はコロナ禍で地元・三重全中が中止となった世代だった。「チームとしては120点。本当にうれしい。支えてくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです」と主将の曽野は述べる。

昨秋のU18大会や東海新人では1人も優勝することができず、その悔しさをバネに北の大地でビッグタイトルを獲得。「選手たちが夢を現実にしてくれました。冬季から自分たちで目標を立て、考えながら取り組んできた結果」と山本先生。公立高としては浜松市立(静岡)以来10年ぶり、三重勢としては1973年に行われた地元・三重インターハイの宇治山田商以来3度目の栄冠となる。また、投てき種目のみの得点での総合Vは1952年の長生一(千葉/現・長生)以来、71年ぶりの快挙だった。

文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます
◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場) 北海道インターハイの最終日が行われ、学校対抗の女子は36点を獲得した松阪商(三重)が初優勝を飾った。 前回、0.5点差決着だった女子総合優勝争いは、今回も歴史に残る大激戦となった。投てき種目とトラック種目を軸に、それぞれ北の大地を揺るがした松阪商と前回0.5点差で涙を飲んだ市船橋(千葉)が36点で並ぶ。 同記録の場合、順位を決める各入賞者の数もそれぞれ1位が1種目、2位が2種目、3位が1種目、4位が1種目まで同数。やり投で6位入賞者を出した松阪商が7、8位各1種目の市船橋を上回り、決着がついた。過去、女子の同記録決着は4度あり、2012年新潟インターハイでの東京と東大阪大敬愛の対決以来となる。 大会のフィナーレを飾った4×400mリレーで市船橋が決勝に進出。優勝すればすでに競技を終えている松阪商を1点上回り初優勝が決まるという場面だった。大会前リストトップで準決勝をトップタイムをマークしている京都橘と手に汗握る激闘となるなか、初日の400mを制している市船橋の宮地利璃香(3年)と400mハードルを高校歴代3位の好タイムで連覇した京都橘・瀧野未来(3年)が激しいアンカー勝負を繰り広げ、最後の最後に瀧野が胸の差で宮地を抑えV。市船橋は今季ベストを大幅に更新するも0.08秒届かず、惜しくも2位に終わり悲願達成はならなかった。 一方の松阪商は、大会初日のハンマー投から躍動。前田唯愛(3年)が51m40を投げて3位に食い込むと、2日目のやり投では主将の曽野雅(3年)が48m43を投げて優勝し、6位の川北海万梨(3年)とダブル入賞を果たす。「自分たちもやれるという雰囲気が盛り上がったと思います」と山本浩武先生が話すように、3、4日目の円盤投、砲丸投の活躍につながった。 円盤投で世古櫻紗(2年)が自己新の40m57で2位。続く砲丸投でも14m台に乗せ14m03の自己新で2つ目の銀メダルをつかんだ。3年生の坂山成も初の13m超えとなる13m18をプットし4位入賞を果たしている。 3年生はコロナ禍で地元・三重全中が中止となった世代だった。「チームとしては120点。本当にうれしい。支えてくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです」と主将の曽野は述べる。 昨秋のU18大会や東海新人では1人も優勝することができず、その悔しさをバネに北の大地でビッグタイトルを獲得。「選手たちが夢を現実にしてくれました。冬季から自分たちで目標を立て、考えながら取り組んできた結果」と山本先生。公立高としては浜松市立(静岡)以来10年ぶり、三重勢としては1973年に行われた地元・三重インターハイの宇治山田商以来3度目の栄冠となる。また、投てき種目のみの得点での総合Vは1952年の長生一(千葉/現・長生)以来、71年ぶりの快挙だった。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top