HOME 高校

2023.08.07

激闘の最終日!3000m障害・永原颯磨が高校新、林美希100mH連覇 東福岡マイル史上初の3連覇 三段跳・田口侑楽は大会新/北海道IH
激闘の最終日!3000m障害・永原颯磨が高校新、林美希100mH連覇 東福岡マイル史上初の3連覇 三段跳・田口侑楽は大会新/北海道IH

男子3000m障害で8分32秒12の高校記録を樹立した永原颯磨

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場)

北海道インターハイの最終日が行われ、各種目で好記録が誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子3000m障害では永原颯磨(佐久長聖3長野)が自身の高校記録を塗り替える8分32秒12をマークして優勝を果たした。「大きい舞台で勝ち切れたことはうれしいですが、これに満足せず、まだまだ上を目指したい」と喜びを語る。永原は男子最優秀選手にも選出された。

2位の黒田然(玉野光南3岡山)も8分40秒71の高校歴代4位。3位・遠藤大成(佐久長聖3)は高校歴代6位の8分45秒47、3位の辻本桜寿(浜松開誠館3静岡)は同8位の8分46秒85と超ハイレベルなレースとなった。

女子100mハードルは13秒53(+0.8)をマークした林美希(中京大中京3愛知)が連覇を達成。この種目の連覇は15、16年の田中佑美(関大一、現・富士通)以来となる。林は七種競技も連覇を飾り、2種目で2年連続2冠。これは800m・1500mの小林祐梨子(須磨学園)以来の快挙だった。

「日本一はホッとしていますし、うれしいです」と緊張から解き放たれて笑顔を見せる林。さすがに朝起きた時は「身体が重いと思いました」。それでも「ストレッチをしたら良い感じになってきました」と、さすがの『鉄人』ぶりを発揮。「連覇はあまり意識せず、自分の走りをする」ことに集中し、持ち味の中盤から力強く抜け出した。

広告の下にコンテンツが続きます

小学校の頃から同じクラブチームで活動してきた同級生の片山心菜(13秒67)とワンツーを飾り、「夢が叶いました」。将来的にはハードルに絞る意向があり、「12秒台を達成して世界を意識していきたい。早くシニアの12秒台の方に追いつきたい」と目標を語った。

女子三段跳の田口侑楽(国際学院3埼玉)は高校歴代7位の12m85(+0.2)の大会新で優勝。「13mを跳んで高校新を目指していたので悔しいです」と言うが、「ベストは出せました」と笑顔を浮かべた。

女子最優秀選手には400mハードルを制した瀧野未来(京都橘3)が選ばれた。最終日の4×400mリレーではアンカーを務めて学校別高校歴代4位の3分39秒36で初優勝。4継と含めて3冠を達成している。

男子110mハードルは山中恭介(市船橋3千葉)が14秒01(+0.8)の好記録で優勝。2位にも同じ千葉の小島慧一郎(東海大浦安3)が14秒15で入った。千葉県勢の優勝は19年の村竹ラシッド(松戸国際、現・順大)以来となる。

広告の下にコンテンツが続きます

学校対抗は男子が東福岡が初優勝。最終種目の4×400mリレーで同種目初の3連覇を達成して花を添えた。女子は松阪商がV。男女ともに初優勝だった。来年のインターハイは福岡が舞台となる。

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場) 北海道インターハイの最終日が行われ、各種目で好記録が誕生した。 男子3000m障害では永原颯磨(佐久長聖3長野)が自身の高校記録を塗り替える8分32秒12をマークして優勝を果たした。「大きい舞台で勝ち切れたことはうれしいですが、これに満足せず、まだまだ上を目指したい」と喜びを語る。永原は男子最優秀選手にも選出された。 2位の黒田然(玉野光南3岡山)も8分40秒71の高校歴代4位。3位・遠藤大成(佐久長聖3)は高校歴代6位の8分45秒47、3位の辻本桜寿(浜松開誠館3静岡)は同8位の8分46秒85と超ハイレベルなレースとなった。 女子100mハードルは13秒53(+0.8)をマークした林美希(中京大中京3愛知)が連覇を達成。この種目の連覇は15、16年の田中佑美(関大一、現・富士通)以来となる。林は七種競技も連覇を飾り、2種目で2年連続2冠。これは800m・1500mの小林祐梨子(須磨学園)以来の快挙だった。 「日本一はホッとしていますし、うれしいです」と緊張から解き放たれて笑顔を見せる林。さすがに朝起きた時は「身体が重いと思いました」。それでも「ストレッチをしたら良い感じになってきました」と、さすがの『鉄人』ぶりを発揮。「連覇はあまり意識せず、自分の走りをする」ことに集中し、持ち味の中盤から力強く抜け出した。 小学校の頃から同じクラブチームで活動してきた同級生の片山心菜(13秒67)とワンツーを飾り、「夢が叶いました」。将来的にはハードルに絞る意向があり、「12秒台を達成して世界を意識していきたい。早くシニアの12秒台の方に追いつきたい」と目標を語った。 女子三段跳の田口侑楽(国際学院3埼玉)は高校歴代7位の12m85(+0.2)の大会新で優勝。「13mを跳んで高校新を目指していたので悔しいです」と言うが、「ベストは出せました」と笑顔を浮かべた。 女子最優秀選手には400mハードルを制した瀧野未来(京都橘3)が選ばれた。最終日の4×400mリレーではアンカーを務めて学校別高校歴代4位の3分39秒36で初優勝。4継と含めて3冠を達成している。 男子110mハードルは山中恭介(市船橋3千葉)が14秒01(+0.8)の好記録で優勝。2位にも同じ千葉の小島慧一郎(東海大浦安3)が14秒15で入った。千葉県勢の優勝は19年の村竹ラシッド(松戸国際、現・順大)以来となる。 学校対抗は男子が東福岡が初優勝。最終種目の4×400mリレーで同種目初の3連覇を達成して花を添えた。女子は松阪商がV。男女ともに初優勝だった。来年のインターハイは福岡が舞台となる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top