HOME 高校

2023.08.04

100m東福岡のエース・黒木海翔が高校最強を証明!速さより「強い選手」求め成長/北海道IH
100m東福岡のエース・黒木海翔が高校最強を証明!速さより「強い選手」求め成長/北海道IH

23年北海道インターハイの男子100mを制した黒木海翔(東福岡3)

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場)

北海道インターハイの2日目が行われ、男子100mは黒木海翔(東福岡3)が頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

初の総合優勝へ、東福岡のエースにして副主将がやってのけた。高校最速決定戦は、向かい風2.7mという悪条件のなか、10秒73をマークした黒木が快勝。U20アジア選手権金メダリスト、高校歴代8位タイの10秒28の自己記録を持つ優勝候補として、重くて尊い重圧を意に介さず、貫禄のレースでライバルたちを抑えた。

今季の高校100m戦線は、黒木以外にも10秒3台が3人、10秒4台が5人と盛況だった。黒木は予選全体2位(10秒76/-2.1)、準決勝全体1位(10秒58/−1.2)と余裕を持って通過。だが、向かい風が最大4mほど吹く条件下で行われた予選、準決勝で実力者たちが次々と敗退する。ランキングトップ8のうち、決勝に進んだのは黒木と、10秒42の小室歩久斗(つくば秀英2茨城)の2人だけ。北の大地に不穏な空気が流れていた。

「予想していたメンバーと違って驚きました」と漏らした黒木。いつも冷静沈着な男が珍しく緊張感を漂わせていた。しかし、大舞台で結果を残してきたハートの強さは、インターハイでも健在。中盤からリードを奪うと、ラスト20~30mの強さは別格だった。

「周りを気にすると力むので、自分の走りに集中しました」。コンスタントに10秒3〜4台を出してきた黒木にとって、難しいコンディションと緊張感があったにしても、優勝タイムは満足いくものではない。

広告の下にコンテンツが続きます

「体感では10秒4ぐらいで走れていると思っていたけど、(10秒7台ということは)調整しきれていなかったのだと思います。準決勝の感じだと10秒3台は狙えていたと思うので、タイムは残念です」

ただ――と言葉を紡ぐ。「東福岡には速いより強い選手になりたいと思って入学したので、勝ちきれて良かったです」。そう言って頬を緩めた。

100mの優勝を決めた2時間後には、4×100mリレーの準決勝に出場。ランキング16位と決勝進出は難しいラインにいたが、黒木の100mVが“勢水(きおいみず)”となり、3組2着で悲願の決勝進出を決めた。

「4×100mリレーの決勝進出は1年の頃からの目標でした。バトンをつなぐことを一番にやってきたけど、明日は攻めてもいいんじゃないかと思っています。悔いは残したくないので、出し切って終わりたいです」と、番狂わせを期待させる口ぶりで話した。

広告の下にコンテンツが続きます

大会4日目には200mにも出場。今季は200mのレース数が少なく、シーズンベストは21秒34と伸びていないが「自分の走りをすれば勝てると思います。集中してレースに挑みたい」。100mより「好き」だと公言する200mでも、栄冠をつかむ準備はできている。

文/田端慶子

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場) 北海道インターハイの2日目が行われ、男子100mは黒木海翔(東福岡3)が頂点に立った。 初の総合優勝へ、東福岡のエースにして副主将がやってのけた。高校最速決定戦は、向かい風2.7mという悪条件のなか、10秒73をマークした黒木が快勝。U20アジア選手権金メダリスト、高校歴代8位タイの10秒28の自己記録を持つ優勝候補として、重くて尊い重圧を意に介さず、貫禄のレースでライバルたちを抑えた。 今季の高校100m戦線は、黒木以外にも10秒3台が3人、10秒4台が5人と盛況だった。黒木は予選全体2位(10秒76/-2.1)、準決勝全体1位(10秒58/−1.2)と余裕を持って通過。だが、向かい風が最大4mほど吹く条件下で行われた予選、準決勝で実力者たちが次々と敗退する。ランキングトップ8のうち、決勝に進んだのは黒木と、10秒42の小室歩久斗(つくば秀英2茨城)の2人だけ。北の大地に不穏な空気が流れていた。 「予想していたメンバーと違って驚きました」と漏らした黒木。いつも冷静沈着な男が珍しく緊張感を漂わせていた。しかし、大舞台で結果を残してきたハートの強さは、インターハイでも健在。中盤からリードを奪うと、ラスト20~30mの強さは別格だった。 「周りを気にすると力むので、自分の走りに集中しました」。コンスタントに10秒3〜4台を出してきた黒木にとって、難しいコンディションと緊張感があったにしても、優勝タイムは満足いくものではない。 「体感では10秒4ぐらいで走れていると思っていたけど、(10秒7台ということは)調整しきれていなかったのだと思います。準決勝の感じだと10秒3台は狙えていたと思うので、タイムは残念です」 ただ――と言葉を紡ぐ。「東福岡には速いより強い選手になりたいと思って入学したので、勝ちきれて良かったです」。そう言って頬を緩めた。 100mの優勝を決めた2時間後には、4×100mリレーの準決勝に出場。ランキング16位と決勝進出は難しいラインにいたが、黒木の100mVが“勢水(きおいみず)”となり、3組2着で悲願の決勝進出を決めた。 「4×100mリレーの決勝進出は1年の頃からの目標でした。バトンをつなぐことを一番にやってきたけど、明日は攻めてもいいんじゃないかと思っています。悔いは残したくないので、出し切って終わりたいです」と、番狂わせを期待させる口ぶりで話した。 大会4日目には200mにも出場。今季は200mのレース数が少なく、シーズンベストは21秒34と伸びていないが「自分の走りをすれば勝てると思います。集中してレースに挑みたい」。100mより「好き」だと公言する200mでも、栄冠をつかむ準備はできている。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top