HOME アイテム

2023.08.04

プーマ ジャパン「NITRO TM Technology Session in 妙高」開催!「NITRO FOAM」のさらなる進化で『速くなりたい』を叶える
プーマ ジャパン「NITRO TM Technology Session in 妙高」開催!「NITRO FOAM」のさらなる進化で『速くなりたい』を叶える

プーマ ジャパンの今後の展望を語った萩尾孝平社長

プーマ ジャパン主催のプレスツアー「NITRO TM Technology Session in 妙高」(8月3日~4日)の初日が行われた。

創立75周年を迎えたプーマ ジャパンは、2021年から本格的にランニングへの強化を推進。同社の萩尾孝平社長は常に“最速”を求めてきたブランドイメージを体現すべく、「古き良き部分を残しつつ、継続性を重視しながらみんなを楽しませる」ことを目指してきたという。

広告の下にコンテンツが続きます

その大きな武器となっているのが、プーマ独自のテクノロジー「NITRO FOAM(ニトロフォーム)」だ。

今回のセッションにはプーマグローバル開発担当のローラ氏も参加し、超軽量の上にクッション性と反発性に優れたニトロフォームの特徴について説明。短距離スパイクのアウトソールにも使われている高反発特殊素材を配合し、より高い反発性と軽量性を実現した「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」も含め、爆発的な力発揮をサポートするこのテクノロジーを搭載したランニングシューズ、スパイクを次々と打ち出してきた。その技術革新は今後も継続し、「トップランナーを中心にテストを行い、よりランナーにとってベストな品質を追求していく」と展望を語った。

また、萩尾社長は世界的にプーマ契約アスリートが増えてきたことを強調。男子棒高跳の世界記録保持者であるアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)、同400mハードルの世界記録を持つカールステン・ワルホルム(ノルウェー)をはじめとした世界のトップアスリート、さらには昨年のオレゴン世界陸上男子100m7位入賞のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、6月の日本選手権男子400mに初優勝した中島佑気ジョセフ(東洋大)ら国内トップ選手が次々と契約をしている波は、国内の駅伝やランニングへとつながっているという。

「プーマとしてランニングのイメージを作って、すべてのレべルのランナーの『速くなりたい』を叶えるブランドでありたい」と萩尾社長。今夏のブダペスト世界陸上、秋から始まるロードシーズンでの、さらなる飛躍に向けての意欲を示した。

広告の下にコンテンツが続きます
プーマ ジャパン主催のプレスツアー「NITRO TM Technology Session in 妙高」(8月3日~4日)の初日が行われた。 創立75周年を迎えたプーマ ジャパンは、2021年から本格的にランニングへの強化を推進。同社の萩尾孝平社長は常に“最速”を求めてきたブランドイメージを体現すべく、「古き良き部分を残しつつ、継続性を重視しながらみんなを楽しませる」ことを目指してきたという。 その大きな武器となっているのが、プーマ独自のテクノロジー「NITRO FOAM(ニトロフォーム)」だ。 今回のセッションにはプーマグローバル開発担当のローラ氏も参加し、超軽量の上にクッション性と反発性に優れたニトロフォームの特徴について説明。短距離スパイクのアウトソールにも使われている高反発特殊素材を配合し、より高い反発性と軽量性を実現した「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」も含め、爆発的な力発揮をサポートするこのテクノロジーを搭載したランニングシューズ、スパイクを次々と打ち出してきた。その技術革新は今後も継続し、「トップランナーを中心にテストを行い、よりランナーにとってベストな品質を追求していく」と展望を語った。 また、萩尾社長は世界的にプーマ契約アスリートが増えてきたことを強調。男子棒高跳の世界記録保持者であるアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)、同400mハードルの世界記録を持つカールステン・ワルホルム(ノルウェー)をはじめとした世界のトップアスリート、さらには昨年のオレゴン世界陸上男子100m7位入賞のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、6月の日本選手権男子400mに初優勝した中島佑気ジョセフ(東洋大)ら国内トップ選手が次々と契約をしている波は、国内の駅伝やランニングへとつながっているという。 「プーマとしてランニングのイメージを作って、すべてのレべルのランナーの『速くなりたい』を叶えるブランドでありたい」と萩尾社長。今夏のブダペスト世界陸上、秋から始まるロードシーズンでの、さらなる飛躍に向けての意欲を示した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top