HOME 海外

2023.07.19

400mガーディナーが今季世界最高43秒74でV!世界記録保持者のアムサン&クルーザーも快勝/WAコンチネンタルツアー
400mガーディナーが今季世界最高43秒74でV!世界記録保持者のアムサン&クルーザーも快勝/WAコンチネンタルツアー

2021年東京五輪男子400m金メダリストのS.ガーディナー

7月18日、ハンガリー・セーケシュフェヘールバールでWA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドのイシュトヴァン・ギュライ記念が開催され、男子400mでは東京五輪金メダリストのS.ガーディナー(バハマ)が今季世界最高の43秒74で優勝した。

ガーディナーは19年ドーハ世界選手権でも金メダルを獲得しており、その際にマークした世界歴代6位の43秒48に次ぐセカンドベストだった。昨年のオレゴン世界選手権はけがのため出場していない。

広告の下にコンテンツが続きます

男子200mではオレゴン世界選手権5位のA.オガンド(ドミニカ共和国)が19秒99(+1.1)で、同世界選手権銅メダルのE.ナイトン(米国)を抑えて優勝。ナイトンは20秒05で2位、日本の小池祐貴(住友電工)は20秒90で7位だった。

女子100mは22歳のJ.アルフレッド(セントルシア)が10秒89(+0.7)で快勝。10日前の全米選手権を制したS.リチャードソン(米国)が10秒97で2位に続いた。女子200mではオレゴン世界選手権金のS.ジャクソン(ジャマイカ)が22秒02(+1.0)で勝った。

女子100mハードルはオレゴン世界選手権金メダル・世界記録(12秒12)保持者のT.アムサン(ナイジェリア)が12秒35(-0.5)で、男子砲丸投は世界記録保持者で五輪2連覇中のR.クルーザー(米国)が22m51で勝利した。

男子円盤投はドーハ世界選手権&東京五輪金メダルのD.スタール(スウェーデン)が68m98でV。17年ロンドン世界選手権金メダルのA.グジウス(リトアニア)が67m66、オレゴン世界選手権金のK.チェー(スロベニア)は67m60の3位だった。

広告の下にコンテンツが続きます
7月18日、ハンガリー・セーケシュフェヘールバールでWA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドのイシュトヴァン・ギュライ記念が開催され、男子400mでは東京五輪金メダリストのS.ガーディナー(バハマ)が今季世界最高の43秒74で優勝した。 ガーディナーは19年ドーハ世界選手権でも金メダルを獲得しており、その際にマークした世界歴代6位の43秒48に次ぐセカンドベストだった。昨年のオレゴン世界選手権はけがのため出場していない。 男子200mではオレゴン世界選手権5位のA.オガンド(ドミニカ共和国)が19秒99(+1.1)で、同世界選手権銅メダルのE.ナイトン(米国)を抑えて優勝。ナイトンは20秒05で2位、日本の小池祐貴(住友電工)は20秒90で7位だった。 女子100mは22歳のJ.アルフレッド(セントルシア)が10秒89(+0.7)で快勝。10日前の全米選手権を制したS.リチャードソン(米国)が10秒97で2位に続いた。女子200mではオレゴン世界選手権金のS.ジャクソン(ジャマイカ)が22秒02(+1.0)で勝った。 女子100mハードルはオレゴン世界選手権金メダル・世界記録(12秒12)保持者のT.アムサン(ナイジェリア)が12秒35(-0.5)で、男子砲丸投は世界記録保持者で五輪2連覇中のR.クルーザー(米国)が22m51で勝利した。 男子円盤投はドーハ世界選手権&東京五輪金メダルのD.スタール(スウェーデン)が68m98でV。17年ロンドン世界選手権金メダルのA.グジウス(リトアニア)が67m66、オレゴン世界選手権金のK.チェー(スロベニア)は67m60の3位だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top