HOME 国内、日本代表

2023.07.16

5000m山本有真が日本勢初V!「日本選手権のリベンジできた」世界陸上へも前進/アジア選手権
5000m山本有真が日本勢初V!「日本選手権のリベンジできた」世界陸上へも前進/アジア選手権

アジア選手権を制し、誇らしげに日の丸を掲げた山本有真

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目

アジア選手権の5日目がタイ・バンコクで行われ、女子5000mは山本有真(積水化学)が15分51秒16で優勝を飾った。この種目では日本勢初優勝となる(1995年から実施)。

広告の下にコンテンツが続きます

実業団1年目で堂々のアジア制覇。アジア室内で負けているカザフスタン代表のC.チェプコエチや持ちタイムが15分10秒40のP.チャウダリ(インド)など、「自分より強い選手がいた」。そのなかで、「まずは3位以内」を狙って走ったという。

序盤からその2人を気にしつつ上位集団でレースを進めると、残り1500m付近で前に出る。「世界選手権を考えると15分50秒くらいは出したかったので、そこはタイムを意識しました」。スパートも「後ろにつかれましたが、400mと200mで仕掛けた」と相手を見ながら対応。暑さの中でのレースにも常に冷静だった。

「今日は最低限のことはできました。90点くらい」と笑顔。名城大4年だった2月のアジア室内選手権で銅メダルを獲得したことで、世界選手権が見える位置までワールドランキングが上昇した。「まだ信じられなかった」が、積水化学に入り、世界を目指す環境で自らの視座を高めた。

それでも、日本選手権直前に右足を痛めて8位。一度は悔しさに暮れたが、アジア選手権代表となり「もう一度チャンスをもらえた」と気持ちを切り替えた。治療をしつつ、痛みが出ないように練習を継続。ここにしっかり合わせてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

これで世界選手権のワールドランキングも少しアップする見込み。あとは他の選手の動向次第だが「日本選手権のリベンジもできましたし、やれることはやれたと思います」と待つのみ。出られることを信じて「出るだけじゃなく、しっかり戦えるように挑戦していきたい」。

大学時代に一度はシューズを脱ぎ、戻ってきた時に覚悟は決めている。大学長距離界のエースから、日本長距離のエースへ。山本有真のストーリーはここからが本番だ。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目 アジア選手権の5日目がタイ・バンコクで行われ、女子5000mは山本有真(積水化学)が15分51秒16で優勝を飾った。この種目では日本勢初優勝となる(1995年から実施)。 実業団1年目で堂々のアジア制覇。アジア室内で負けているカザフスタン代表のC.チェプコエチや持ちタイムが15分10秒40のP.チャウダリ(インド)など、「自分より強い選手がいた」。そのなかで、「まずは3位以内」を狙って走ったという。 序盤からその2人を気にしつつ上位集団でレースを進めると、残り1500m付近で前に出る。「世界選手権を考えると15分50秒くらいは出したかったので、そこはタイムを意識しました」。スパートも「後ろにつかれましたが、400mと200mで仕掛けた」と相手を見ながら対応。暑さの中でのレースにも常に冷静だった。 「今日は最低限のことはできました。90点くらい」と笑顔。名城大4年だった2月のアジア室内選手権で銅メダルを獲得したことで、世界選手権が見える位置までワールドランキングが上昇した。「まだ信じられなかった」が、積水化学に入り、世界を目指す環境で自らの視座を高めた。 それでも、日本選手権直前に右足を痛めて8位。一度は悔しさに暮れたが、アジア選手権代表となり「もう一度チャンスをもらえた」と気持ちを切り替えた。治療をしつつ、痛みが出ないように練習を継続。ここにしっかり合わせてきた。 これで世界選手権のワールドランキングも少しアップする見込み。あとは他の選手の動向次第だが「日本選手権のリベンジもできましたし、やれることはやれたと思います」と待つのみ。出られることを信じて「出るだけじゃなく、しっかり戦えるように挑戦していきたい」。 大学時代に一度はシューズを脱ぎ、戻ってきた時に覚悟は決めている。大学長距離界のエースから、日本長距離のエースへ。山本有真のストーリーはここからが本番だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top