HOME 海外

2023.07.12

欧州人権裁判所がセメニャの訴えを一部認める判決 世界陸連は「DSD規則を変更することはない」と声明
欧州人権裁判所がセメニャの訴えを一部認める判決 世界陸連は「DSD規則を変更することはない」と声明

リオ五輪女子800mで金メダルを獲得しているセメニャ

7月11日、欧州人権裁判所は女子800m五輪金メダリストのC.セメニャ(南アフリカ)が訴えていた世界陸連(WA)が定めたDSD(性の発達が先天的に非定型的である状態)の規則に関して、訴えの一部を認める判決を下した。

WAは19年施行の規則で、DSDを持つ競技者の400mからマイルまでの女子種目でテストステロン値の上限が設けられ、セメニャはこの規則のため当該種目への出場が不可能に。このため、これまでにスポーツ仲裁裁判所(CAS)やスイス連邦最高裁に規則の撤回を求めていたが、いずれも訴えを退けられていた。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、セメニャはこの審理の過程で不備があったとして、CASとスイス政府を相手に訴訟を起こし、今回「DSDのため差別的な扱いを受けたという妥当な主張に対し、審査のための十分な制度的・手続き的保護措置がスイスにおいて与えられていなかった」という判決が出された。

WAはこの件を受け、DSDに関する規則は「公正な競争を保全するための必要かつ合理的で相応の方法であるという見解に変わりはない」との声明を発表。現行規則も変更なく適用することが確認された。さらに、「今回の訴訟は世界陸連ではなくスイス政府に対して提起されたものだが、今回の判決に対してはスイス政府と連帯して上訴する」と表明している。

WAが定めるDSD選手の措置については、体内のテストステロン値を薬品を使用して強制的に下げるように求めていることから人権侵害であるという声もある一方、女性アスリートの公平性の観点からこれを支持する意見もあり、議論が続いている。

7月11日、欧州人権裁判所は女子800m五輪金メダリストのC.セメニャ(南アフリカ)が訴えていた世界陸連(WA)が定めたDSD(性の発達が先天的に非定型的である状態)の規則に関して、訴えの一部を認める判決を下した。 WAは19年施行の規則で、DSDを持つ競技者の400mからマイルまでの女子種目でテストステロン値の上限が設けられ、セメニャはこの規則のため当該種目への出場が不可能に。このため、これまでにスポーツ仲裁裁判所(CAS)やスイス連邦最高裁に規則の撤回を求めていたが、いずれも訴えを退けられていた。 しかし、セメニャはこの審理の過程で不備があったとして、CASとスイス政府を相手に訴訟を起こし、今回「DSDのため差別的な扱いを受けたという妥当な主張に対し、審査のための十分な制度的・手続き的保護措置がスイスにおいて与えられていなかった」という判決が出された。 WAはこの件を受け、DSDに関する規則は「公正な競争を保全するための必要かつ合理的で相応の方法であるという見解に変わりはない」との声明を発表。現行規則も変更なく適用することが確認された。さらに、「今回の訴訟は世界陸連ではなくスイス政府に対して提起されたものだが、今回の判決に対してはスイス政府と連帯して上訴する」と表明している。 WAが定めるDSD選手の措置については、体内のテストステロン値を薬品を使用して強制的に下げるように求めていることから人権侵害であるという声もある一方、女性アスリートの公平性の観点からこれを支持する意見もあり、議論が続いている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top