HOME シューズ

2023.06.29

Onが新作レーシングシューズ「Cloudboom Echo 3」と初の中長距離用スパイク2モデルを発表! 7月6日に一斉発売!
Onが新作レーシングシューズ「Cloudboom Echo 3」と初の中長距離用スパイク2モデルを発表! 7月6日に一斉発売!

エリートランナー向け新作シューズ3モデルについてプレゼンした横田真人氏

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、アスリートと一緒に開発したOn史上最速のレーシングシューズ「Cloudboom Echo 3(クラウドブーム エコー 3)」と、同社初の中長距離用スパイク「Cloudspike 1500m(クラウドスパイク 1500m)」、「Cloudspike 10000m(クラウドスパイク 10000m)」を7月6日(木)からOn オフィシャルオンラインショップ、On Tokyoおよび全国の取扱店にて発売することを発表した。
※「Cloudspike 1500m」、「 Cloudspike 10000m」は、Onオフィシャルオンラインショップ、および全国の一部取扱店舗にて発売。

「Cloudboom Echo 3」は、Onの特許技術であるCloudTec®、カーボン素材のSpeedboard®、そして新しいHelion™HFハイパーフォームを搭載し、衝撃吸収と同時に最高のエネルギーリターンを可能にしたレーシングシューズで、前作の「Cloudboom Echo」からクッション性や反発力が増して大きく進化。

広告の下にコンテンツが続きます

マラソンなどのロードレースで自己ベスト更新を目指すランナーへ向けてデザインされ、すでに世界のレースを舞台にOnのアスリートたちが続々と結果を挙げており、待望の発売を迎えた。

グローバルで活躍するOnアスリートのフィードバックと最先端のイノベーションを融合させた本作は、Onの新しいHelion™ HFハイパーフォームを採用した最初のシューズとなっている。このHelion™ HFハイパーフォームは、トウゴマから作られるバイオベースの素材で作られており、その技術はブランドのサブスクリプションサービス「Cyclon (サイクロン) 」で展開されている「Cloudneo (クラウドネオ)」と同様の素材で、パフォーマンスとサスティナビリティの両立を可能にした。

トウゴマから抽出されるヒマシ油から生まれたHelion™ HFハイパーフォームは、46%がバイオベースの素材で、100%リサイクルが可能なだけでなく、高いパフォーマンスを発揮することができる最新素材。ミッドソールの間に挟まれた、スプーン形状のカーボン製Speedboard®が最高レベルの推進力を生み出す。

また、アッパーには薄く軽量なハイテク素材を採用し、ウーブン(織物) 生地で通気性が非常に高いため、長距離レースにおいても快適性が持続する。価格は税込32,780円。

広告の下にコンテンツが続きます

中距離向けスパイク「Cloudspike 1500m」は、CloudTec®とHelion™ HFハイパーフォームに、カーボン製のSpeedboard®が組み合わさり、重さ140g以下という超軽量構造で設計。蹄鉄型のプレートには、取り外し可能な5つのピンがついており、トラックで高いグリップ力を発揮する。

「Cloudspike 10000m」は、トラック競技における長距離向けのスパイクで、CloudTec®とHelion™ HFハイパーフォーム、そして、スプーン形状のグラスファイバー製Speedboard®を搭載。取り外し可能な6つのピンがついており、かかと部分のパッドが、優れたトラクションを発揮する。スパイクの価格は2モデルともに税込17,380円。

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、アスリートと一緒に開発したOn史上最速のレーシングシューズ「Cloudboom Echo 3(クラウドブーム エコー 3)」と、同社初の中長距離用スパイク「Cloudspike 1500m(クラウドスパイク 1500m)」、「Cloudspike 10000m(クラウドスパイク 10000m)」を7月6日(木)からOn オフィシャルオンラインショップ、On Tokyoおよび全国の取扱店にて発売することを発表した。 ※「Cloudspike 1500m」、「 Cloudspike 10000m」は、Onオフィシャルオンラインショップ、および全国の一部取扱店舗にて発売。 「Cloudboom Echo 3」は、Onの特許技術であるCloudTec®、カーボン素材のSpeedboard®、そして新しいHelion™HFハイパーフォームを搭載し、衝撃吸収と同時に最高のエネルギーリターンを可能にしたレーシングシューズで、前作の「Cloudboom Echo」からクッション性や反発力が増して大きく進化。 マラソンなどのロードレースで自己ベスト更新を目指すランナーへ向けてデザインされ、すでに世界のレースを舞台にOnのアスリートたちが続々と結果を挙げており、待望の発売を迎えた。 グローバルで活躍するOnアスリートのフィードバックと最先端のイノベーションを融合させた本作は、Onの新しいHelion™ HFハイパーフォームを採用した最初のシューズとなっている。このHelion™ HFハイパーフォームは、トウゴマから作られるバイオベースの素材で作られており、その技術はブランドのサブスクリプションサービス「Cyclon (サイクロン) 」で展開されている「Cloudneo (クラウドネオ)」と同様の素材で、パフォーマンスとサスティナビリティの両立を可能にした。 トウゴマから抽出されるヒマシ油から生まれたHelion™ HFハイパーフォームは、46%がバイオベースの素材で、100%リサイクルが可能なだけでなく、高いパフォーマンスを発揮することができる最新素材。ミッドソールの間に挟まれた、スプーン形状のカーボン製Speedboard®が最高レベルの推進力を生み出す。 また、アッパーには薄く軽量なハイテク素材を採用し、ウーブン(織物) 生地で通気性が非常に高いため、長距離レースにおいても快適性が持続する。価格は税込32,780円。 中距離向けスパイク「Cloudspike 1500m」は、CloudTec®とHelion™ HFハイパーフォームに、カーボン製のSpeedboard®が組み合わさり、重さ140g以下という超軽量構造で設計。蹄鉄型のプレートには、取り外し可能な5つのピンがついており、トラックで高いグリップ力を発揮する。 「Cloudspike 10000m」は、トラック競技における長距離向けのスパイクで、CloudTec®とHelion™ HFハイパーフォーム、そして、スプーン形状のグラスファイバー製Speedboard®を搭載。取り外し可能な6つのピンがついており、かかと部分のパッドが、優れたトラクションを発揮する。スパイクの価格は2モデルともに税込17,380円。

800m元日本記録保持者・横田真人氏、SUBARUの選手が新製品を絶賛

[caption id="attachment_106814" align="alignnone" width="776"] 横田氏(左)、SUBARU陸上競技部の小山司(中央)、口町亮(右)によるトークセッション[/caption]6月28日に都内で行われたメディア向け説明会では、今春からオン・ジャパンのアスリートストラテジー アドバイザーに就任した男子800m元日本記録保持者で2012年ロンドン五輪代表の横田真人氏が登壇して「Cloudboom Echo 3」のプレゼンテーションを実施。 「フルレングスカーボンプレートを搭載しており、推進力があって超軽量モデル。アッパーは抜群なフィット感と通気性を高めるとともに余分な水分をシャットアウトして、独自配合のラバー素材を使用したアウトソールはどんな路面でも高いトラクションを発揮してくれる」とコメントした。 その後、今年1月より同社とパートナーシップを結んでいるSUBARUから小山司、口町亮の両選手も登壇。横田氏とのトークセッションで「Cloudboom Echo 3」の感想を述べ、小山は「前作よりクッションが増していて、反発を得られ走りやすい」。口町は「柔らかさもあり、“コシ”もあり、普段の練習から愛用している」とコメントした。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top