HOME 駅伝

2023.06.24

名古屋大が11年ぶり16回目の伊勢路 逆転で皇學館大との“マッチレース”を制す/全日本大学駅伝東海選考会
名古屋大が11年ぶり16回目の伊勢路 逆転で皇學館大との“マッチレース”を制す/全日本大学駅伝東海選考会

昨年の伊勢路で最終区を走った森川陽之(名古屋大)

◇全日本大学駅伝東海地区選考会(6月24日/愛知・マルヤス岡崎龍北スタジアム)

第55回全日本大学駅伝東海地区選考会が行われ、名古屋大が1位となり、11年ぶり16回目の本大会出場を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の本大会成績をもって、東海地区の出場枠は2枠から1枠に。たった1枚の伊勢路切符を懸けて、16大学が参加した。10000mのトラックレースに出場する8人の合計タイムを競う方式で、4組に分かれて各大学2人ずつ出場した。

今回は名古屋大と7年連続7回目の本大会を狙う皇學館大とマッチレース。名古屋大は1組終了時こそ、トップの皇學館大に13秒89差の2位だったが、2組で小川海里と阿部祥典の3年生コンビが手堅く2着(32分30秒81)、3着(32分42秒75)に食い込み、5着と10着に終わった皇學館大を逆転し、1分13秒19差まで開いた。

しかし、3組で皇學館大は岩島昇汰(3年)が2着に30秒以上もの差をつけてトップ(30分54秒00)。藤川創(3年)も4着(31分38秒82)と粘り、合計タイムで0.07秒差とわずかながら、名古屋大を上回った。

タイム差がほとんどない状況で迎えた最終組。ここで昨年の本大会を東海学連選抜(オープン参加)の一員として走った名古屋大コンビが好走する。2区を走った河﨑憲祐(4年)が2着(30分09秒65)。アンカーを務めた森川陽之(院2年)が4着(30分37秒54)に食い込み、8着、11着だった皇學館大を再び逆転した。

広告の下にコンテンツが続きます

名古屋大は、合計タイム4時間12分52秒62で2012年以来の本大会出場権を獲得。2位は皇學館で、3位は愛知工大だった。また、1組から最終組まで8人が出走したのは12大学。残り4大学は欠場選手が出て選考外となり、1大学は選考会を欠場(棄権)した。

◇全日本大学駅伝東海地区選考会(6月24日/愛知・マルヤス岡崎龍北スタジアム) 第55回全日本大学駅伝東海地区選考会が行われ、名古屋大が1位となり、11年ぶり16回目の本大会出場を決めた。 昨年の本大会成績をもって、東海地区の出場枠は2枠から1枠に。たった1枚の伊勢路切符を懸けて、16大学が参加した。10000mのトラックレースに出場する8人の合計タイムを競う方式で、4組に分かれて各大学2人ずつ出場した。 今回は名古屋大と7年連続7回目の本大会を狙う皇學館大とマッチレース。名古屋大は1組終了時こそ、トップの皇學館大に13秒89差の2位だったが、2組で小川海里と阿部祥典の3年生コンビが手堅く2着(32分30秒81)、3着(32分42秒75)に食い込み、5着と10着に終わった皇學館大を逆転し、1分13秒19差まで開いた。 しかし、3組で皇學館大は岩島昇汰(3年)が2着に30秒以上もの差をつけてトップ(30分54秒00)。藤川創(3年)も4着(31分38秒82)と粘り、合計タイムで0.07秒差とわずかながら、名古屋大を上回った。 タイム差がほとんどない状況で迎えた最終組。ここで昨年の本大会を東海学連選抜(オープン参加)の一員として走った名古屋大コンビが好走する。2区を走った河﨑憲祐(4年)が2着(30分09秒65)。アンカーを務めた森川陽之(院2年)が4着(30分37秒54)に食い込み、8着、11着だった皇學館大を再び逆転した。 名古屋大は、合計タイム4時間12分52秒62で2012年以来の本大会出場権を獲得。2位は皇學館で、3位は愛知工大だった。また、1組から最終組まで8人が出走したのは12大学。残り4大学は欠場選手が出て選考外となり、1大学は選考会を欠場(棄権)した。

全日本大学駅伝東海地区選考会総合成績

名古屋大 4時間12分52秒62 –以上、全日本大学駅伝出場権獲得– 皇學館大 4時間14分21秒16 愛知工大 4時間17分48秒27 岐阜協立大 4時間18分03秒33 中京大 4時間21分28秒40 三重大 4時間30分09秒86 岐阜大 4時間30分43秒93 中部大 4時間37分46秒95 静岡大 4時間39分13秒99 南山大 4時間40分31秒73 愛知大 4時間40分55秒03 日本福祉大 4時間46分30秒74 至学館大 選考外 愛知教大 選考外 名城大 選考外 名古屋工大 選考外 東海学園大 棄権

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top