HOME 大学

2023.06.24

日体大競技会女子棒高跳で台信愛が日本歴代10位タイの4m20 自己ベストを2cm更新
日体大競技会女子棒高跳で台信愛が日本歴代10位タイの4m20 自己ベストを2cm更新

台信愛(日体大)

6月24日の日体大競技会女子棒高跳で、台信愛(日体大)が日本歴代10位タイの4m20をマークした。

台信は大学4年生。これまでの自己ベストは4月の日本学生個人選手権でマークした4m18(学生歴代4位)。これを2cm更新し、大学(日体大)記録も塗り替えた。学生歴代は変わらない。

広告の下にコンテンツが続きます

福岡・中間高出身で、インターハイでは2年時(18年)、3年時(19年)と2年連続で2位。日本選手権では高3の時に8位に入ると、大学3年の昨年は4位、今年は過去最高の3位と表彰台に上がっている。

6月24日の日体大競技会女子棒高跳で、台信愛(日体大)が日本歴代10位タイの4m20をマークした。 台信は大学4年生。これまでの自己ベストは4月の日本学生個人選手権でマークした4m18(学生歴代4位)。これを2cm更新し、大学(日体大)記録も塗り替えた。学生歴代は変わらない。 福岡・中間高出身で、インターハイでは2年時(18年)、3年時(19年)と2年連続で2位。日本選手権では高3の時に8位に入ると、大学3年の昨年は4位、今年は過去最高の3位と表彰台に上がっている。

女子棒高跳 日本歴代10傑

4.41 諸田 実咲(アットホーム) 2023. 4. 1 4.40 我孫子智美(滋賀レイクスターズ) 2012. 6. 9 4.36 錦織 育子(三慶サービスAC) 2006. 4.29 4.35 近藤 高代(長谷川体育施設) 2004. 5.29 4.33 那須 眞由(KAGOTANI) 2022. 4.24 4.32i 中野 真実(三観陸協) 2011. 2.13 4.30i 小野 真澄(ミキハウス) 2002. 3. 3 4.30 竜田 夏苗(ニッパツ) 2019. 7. 7 4.23 仲田  愛(鹿屋体大4) 2010. 9.18 4.20 濵名  愛(しきしま倶楽部) 2014. 5.17 4.20 今野 美穂(トーエル) 2015. 5.31 4.20 台信  愛(日体大4) 2023. 6.24 i……室内での記録

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top