HOME 高校

2023.06.18

洪水被害乗り越えた和歌山開催「近畿のみなさんに温かく見守っていただいた」近隣高校生も尽力/IH近畿
洪水被害乗り越えた和歌山開催「近畿のみなさんに温かく見守っていただいた」近隣高校生も尽力/IH近畿

近畿地区大会の閉会式

◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)4日目

夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会が行われ、4日間の激闘が幕を下ろした。大会総務として運営に奔走した吉田克久先生は、「約2週間前の洪水被害があって大変な時に、多くの人に協力していただいて、なんとか開催することができて良かったです」と感慨深げに振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

6月2日、台風2号と梅雨前線の影響で豪雨となり、和歌山県内の一部地域には警戒レベル最大の「レベル5」である緊急安全確保が発令されたのをはじめ、各地に大きな爪痕を残した。

今大会の会場となった紀三井寺公園競技場も、洪水の被害を受けた。大雨によって各所からあふれた水で、競技場内はあっという間に浸水。さらに、公園北側に近い亀の川が氾濫し、その勢いは増した。

同公園管理事務所『紀の国はまゆう』の山本浩次総務総括部長は、「突然真っ暗になってテントが吹っ飛ぶほどの突風も吹き、あっという間に水がやってきました。土嚢で防ごうとしましたが、間に合いませんでした」と当時の状況を振り返る。

競技場のスタンド裏側の部屋が避難所になるなか、事務所やトレーニングルーム、器具庫などは水に浸かり、陸上の記録計測に関わる機器のいくつかが使用不能に。

広告の下にコンテンツが続きます

豪雨が収まり、水が引いてからがまた深刻な状況となった。一面が泥まみれになり、その処理をするだけで膨大な時間を費やしそうなほど。近畿大会だけでなく、ゲートボールやラグビーなどの大会も控えており、関係者は開催の可否について頭を悩ませることとなった。

そんなかで、奮闘したのが近隣の高校生たちだった。「箕島高校の相撲部、和歌山工業のラグビー部、星林高校のラグビー部と野球部、日高中津高校野球部のみなさんが、野球場なども含めてボランティアとして清掃作業を手伝ってくれました」と『紀の国はまゆう』の橘誠所長。そして、「あの子たちがいなかったら、今回の大会も開催できなかったのではないでしょうか」と感謝の言葉を続けた。

吉田先生も、近隣の競技場から計測機器を借り入れるなど対応。多くの人たちの協力、支えを受け、4日間ともに何の支障もなく大会は開催された。

選手たちも大会側の思いの応えるように男子棒高跳で前中颯斗(近大和歌山2)が1位タイ、同円盤投で永江翔太朗(紀央館2)が優勝するなど、各種目で奮闘した。

広告の下にコンテンツが続きます

吉田先生は「開会式、閉会式、声出し応援など、4年ぶりの通常開催。我々にとっても久しぶりの経験で、生徒たちにとっては初めてだったので、戸惑いもありました。審判や補助員の人数も少なく、いろいろとご迷惑をおかけしたところもありますが、近畿のみなさんに温かく見守っていただきました。近畿の強豪校の勢力図も少し変わりつつあることを感じられ、全体としていい大会になったのではないでしょうか」と、4日間を締めくくった。

写真/弓庭保夫
写真提供/紀の国はまゆう

◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)4日目 夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会が行われ、4日間の激闘が幕を下ろした。大会総務として運営に奔走した吉田克久先生は、「約2週間前の洪水被害があって大変な時に、多くの人に協力していただいて、なんとか開催することができて良かったです」と感慨深げに振り返る。 6月2日、台風2号と梅雨前線の影響で豪雨となり、和歌山県内の一部地域には警戒レベル最大の「レベル5」である緊急安全確保が発令されたのをはじめ、各地に大きな爪痕を残した。 今大会の会場となった紀三井寺公園競技場も、洪水の被害を受けた。大雨によって各所からあふれた水で、競技場内はあっという間に浸水。さらに、公園北側に近い亀の川が氾濫し、その勢いは増した。 同公園管理事務所『紀の国はまゆう』の山本浩次総務総括部長は、「突然真っ暗になってテントが吹っ飛ぶほどの突風も吹き、あっという間に水がやってきました。土嚢で防ごうとしましたが、間に合いませんでした」と当時の状況を振り返る。 競技場のスタンド裏側の部屋が避難所になるなか、事務所やトレーニングルーム、器具庫などは水に浸かり、陸上の記録計測に関わる機器のいくつかが使用不能に。 豪雨が収まり、水が引いてからがまた深刻な状況となった。一面が泥まみれになり、その処理をするだけで膨大な時間を費やしそうなほど。近畿大会だけでなく、ゲートボールやラグビーなどの大会も控えており、関係者は開催の可否について頭を悩ませることとなった。 そんなかで、奮闘したのが近隣の高校生たちだった。「箕島高校の相撲部、和歌山工業のラグビー部、星林高校のラグビー部と野球部、日高中津高校野球部のみなさんが、野球場なども含めてボランティアとして清掃作業を手伝ってくれました」と『紀の国はまゆう』の橘誠所長。そして、「あの子たちがいなかったら、今回の大会も開催できなかったのではないでしょうか」と感謝の言葉を続けた。 吉田先生も、近隣の競技場から計測機器を借り入れるなど対応。多くの人たちの協力、支えを受け、4日間ともに何の支障もなく大会は開催された。 選手たちも大会側の思いの応えるように男子棒高跳で前中颯斗(近大和歌山2)が1位タイ、同円盤投で永江翔太朗(紀央館2)が優勝するなど、各種目で奮闘した。 吉田先生は「開会式、閉会式、声出し応援など、4年ぶりの通常開催。我々にとっても久しぶりの経験で、生徒たちにとっては初めてだったので、戸惑いもありました。審判や補助員の人数も少なく、いろいろとご迷惑をおかけしたところもありますが、近畿のみなさんに温かく見守っていただきました。近畿の強豪校の勢力図も少し変わりつつあることを感じられ、全体としていい大会になったのではないでしょうか」と、4日間を締めくくった。 写真/弓庭保夫 写真提供/紀の国はまゆう

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top