HOME 高校

2023.06.18

落合晃がMVPつかむ800m高2歴代3位の1分49秒40!女子800mは久保凛が2分06秒19で1年生V/IH近畿
落合晃がMVPつかむ800m高2歴代3位の1分49秒40!女子800mは久保凛が2分06秒19で1年生V/IH近畿

近畿地区大会男子800mを制した落合晃(滋賀学園2)

◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)最終日

夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会の最終日が行われ、男女の800mで好記録が誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子は2日前の1500mを制した落合晃(滋賀学園2)が、学年別歴代3位の1分49秒40で快勝。大会記録を4年ぶりに0秒16更新し、中距離2冠を獲得するとともに、男子MVPにも輝いた。

前回は高1最高の1分50秒19で制している落合は、「前日の準決勝からいいリズムできていたので、タイムを狙ってしっかり1位を取ることを目標にしました」。

入りの400mを「53秒で行くつもりだった」と話すように、オープンになるバックストレートから一気に先頭に立ち、狙い通りに53秒で通過した。そこからさらにギアを上げ、後続との差を広げていく。600mを1分20秒とハイラップを刻んだ。

さすがに「残り150mぐらいから脚が動かなくなりました」と、最後は向かい風などもあってややスピードが鈍った。だが、そのまま1度もトップの座を譲ることなく、力強く逃げ切る圧巻の激走を見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

「積極的なレースができました。最初から最後までレースを作って押し切れたのは収穫です。目標の優勝が果たせてよかったです」と笑顔で振り返る。それでも、満足することはない。

「タイムは1分48秒台を狙っていたので悔しいです。今日のラストでは、インターハイでは抜かれてしまうと思うので、まだまだ体力をつけないと」

インターハイに向けてはさらに練習を積み。「高2最高(1分47秒51)を塗り替えて優勝すること目標です」ときっぱり。1500mと合わせ、北の大地でどんな走りを見せるか注目だ。

ラストまでもつれた2位争いは前田充輝(八尾3大阪)が1分50秒78で制し、髙木章伍(河瀬3滋賀)が1分50秒85で3位に続いた。6位までが1分51秒台という激戦だった。

広告の下にコンテンツが続きます

800mは女子も熱いレースが繰り広げられた。昨秋の国体、U18大会2冠の西田有里(草津東3滋賀)が引っ張り、1周目を62秒で通過。そこから徐々に抜け出し、快勝ムードが漂うなか、残り200mから徐々に追い上げたのが地元・和歌山出身の1年生・久保凛(東大阪大敬愛)だった。

逃げる西田をフィニッシュ前にかわし、高1歴代2位の2分06秒19で見事な逆転優勝を飾った。インターハイV候補を破っての栄冠に、「2分07秒台が目標だったのでうれしいです。最後は抜けないかもと思いましたが、ここで前に出ないとと思い、出し切りました」と笑顔。初めてのインターハイでは、「決勝に残ってベストを更新できるようがんばりたい」と目を輝かせる。

西田は2分06秒79で2位という結果に、「後ろにつかれて動きが固くなりました。インターハイでは1周目から60秒を切るペースで入り、高校新での優勝を目指します」と夏の快走を誓った。久保の先輩、亀井咲里(3年)が2分07秒42で3位に続き、4位(2分08秒99)の松尾愛利紗(京都文教3)までが2分09秒を切るハイレベルの一戦となった。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

広告の下にコンテンツが続きます
◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)最終日 夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会の最終日が行われ、男女の800mで好記録が誕生した。 男子は2日前の1500mを制した落合晃(滋賀学園2)が、学年別歴代3位の1分49秒40で快勝。大会記録を4年ぶりに0秒16更新し、中距離2冠を獲得するとともに、男子MVPにも輝いた。 前回は高1最高の1分50秒19で制している落合は、「前日の準決勝からいいリズムできていたので、タイムを狙ってしっかり1位を取ることを目標にしました」。 入りの400mを「53秒で行くつもりだった」と話すように、オープンになるバックストレートから一気に先頭に立ち、狙い通りに53秒で通過した。そこからさらにギアを上げ、後続との差を広げていく。600mを1分20秒とハイラップを刻んだ。 さすがに「残り150mぐらいから脚が動かなくなりました」と、最後は向かい風などもあってややスピードが鈍った。だが、そのまま1度もトップの座を譲ることなく、力強く逃げ切る圧巻の激走を見せた。 「積極的なレースができました。最初から最後までレースを作って押し切れたのは収穫です。目標の優勝が果たせてよかったです」と笑顔で振り返る。それでも、満足することはない。 「タイムは1分48秒台を狙っていたので悔しいです。今日のラストでは、インターハイでは抜かれてしまうと思うので、まだまだ体力をつけないと」 インターハイに向けてはさらに練習を積み。「高2最高(1分47秒51)を塗り替えて優勝すること目標です」ときっぱり。1500mと合わせ、北の大地でどんな走りを見せるか注目だ。 ラストまでもつれた2位争いは前田充輝(八尾3大阪)が1分50秒78で制し、髙木章伍(河瀬3滋賀)が1分50秒85で3位に続いた。6位までが1分51秒台という激戦だった。 800mは女子も熱いレースが繰り広げられた。昨秋の国体、U18大会2冠の西田有里(草津東3滋賀)が引っ張り、1周目を62秒で通過。そこから徐々に抜け出し、快勝ムードが漂うなか、残り200mから徐々に追い上げたのが地元・和歌山出身の1年生・久保凛(東大阪大敬愛)だった。 逃げる西田をフィニッシュ前にかわし、高1歴代2位の2分06秒19で見事な逆転優勝を飾った。インターハイV候補を破っての栄冠に、「2分07秒台が目標だったのでうれしいです。最後は抜けないかもと思いましたが、ここで前に出ないとと思い、出し切りました」と笑顔。初めてのインターハイでは、「決勝に残ってベストを更新できるようがんばりたい」と目を輝かせる。 西田は2分06秒79で2位という結果に、「後ろにつかれて動きが固くなりました。インターハイでは1周目から60秒を切るペースで入り、高校新での優勝を目指します」と夏の快走を誓った。久保の先輩、亀井咲里(3年)が2分07秒42で3位に続き、4位(2分08秒99)の松尾愛利紗(京都文教3)までが2分09秒を切るハイレベルの一戦となった。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top