HOME 駅伝

2023.06.18

大東大が「作戦通り」で2位通過。体調不良者続出で欠場危機も44回目の伊勢路へ/全日本大学駅伝関東選考会
大東大が「作戦通り」で2位通過。体調不良者続出で欠場危機も44回目の伊勢路へ/全日本大学駅伝関東選考会

23年全日本大学駅伝関東選考会の2組目で独走したワンジル

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)

第55回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、真名子圭監督就任2年目の大東大が、堂々の2位通過を果たした。3組終了時まで総合1位を連続キープ。いい流れを常に引き寄せ、選手が力を発揮した選考会となった。

広告の下にコンテンツが続きます

強い日差しが残る1組目。箱根駅伝6区区間6位で「勝負強さで起用した」(真名子監督)という佐竹勇樹(3年)が2着、10000m28分44秒62の自己記録を持つ入濱輝大(2年)が4着と好発進した。2組目ではピーター・ワンジル(3年)が独走。「少し風が強かった。自分のコンディションは70%くらい」と話したものの、2着に約1分差をつける29分00秒50で1着。また、昨年の選考会では大ブレーキした小田恭平(3年)も、30分38秒30の29着でまとめた。

3組目では、勢いのある3年生2人を起用。東農大の高槻芳照(4年)らが序盤飛び出す中、第2集団の上位をキープしていた西川千青(3年)と西代雄豪(3年)が残り2000mでともにロングスパート。それぞれ5着、11着。最終組では、3年連続同組出走で、レース展開を熟知したエースの久保田徹(4年)が28分50秒76で13着、大谷章紘(3年)も粘り29分20秒32の25着でまとめた。

真名子監督は「作戦通り。学生たちがしっかり走ってくれたし、頼もしかった」と語る一方、実は5月下旬にチーム内で体調不良者が続出し、出場が危ぶまれるほどだったと明かした。そこから状態を戻した結果の2位通過だった。

最終組の久保田は「3組目までいい流れで来ていたので、自分も行ってやろうという気持ちになった」と語り、大谷も「後半きつくなったが、最低限のペースは守れた」と、真名子監督の采配が過酷な最終組の2人に力を与えた。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年は5年ぶりの選考会通過に沸いた。ただ、そこで満足してしまった反省から、「今年は本大会でシードを取る。ここで終わらない」とチーム全体を引き締めている。

箱根駅伝予選会も視野に入れた上で、夏合宿のスケジュールもこれまでから変える予定。昨年から大会ごとに進化する大東大。今回の結果で全日本大学駅伝の出場回数は関東最多の44回目となる。伊勢路のシード獲得へ、指揮官の手腕が楽しみだ。

文/荒井寛太

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第55回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、真名子圭監督就任2年目の大東大が、堂々の2位通過を果たした。3組終了時まで総合1位を連続キープ。いい流れを常に引き寄せ、選手が力を発揮した選考会となった。 強い日差しが残る1組目。箱根駅伝6区区間6位で「勝負強さで起用した」(真名子監督)という佐竹勇樹(3年)が2着、10000m28分44秒62の自己記録を持つ入濱輝大(2年)が4着と好発進した。2組目ではピーター・ワンジル(3年)が独走。「少し風が強かった。自分のコンディションは70%くらい」と話したものの、2着に約1分差をつける29分00秒50で1着。また、昨年の選考会では大ブレーキした小田恭平(3年)も、30分38秒30の29着でまとめた。 3組目では、勢いのある3年生2人を起用。東農大の高槻芳照(4年)らが序盤飛び出す中、第2集団の上位をキープしていた西川千青(3年)と西代雄豪(3年)が残り2000mでともにロングスパート。それぞれ5着、11着。最終組では、3年連続同組出走で、レース展開を熟知したエースの久保田徹(4年)が28分50秒76で13着、大谷章紘(3年)も粘り29分20秒32の25着でまとめた。 真名子監督は「作戦通り。学生たちがしっかり走ってくれたし、頼もしかった」と語る一方、実は5月下旬にチーム内で体調不良者が続出し、出場が危ぶまれるほどだったと明かした。そこから状態を戻した結果の2位通過だった。 最終組の久保田は「3組目までいい流れで来ていたので、自分も行ってやろうという気持ちになった」と語り、大谷も「後半きつくなったが、最低限のペースは守れた」と、真名子監督の采配が過酷な最終組の2人に力を与えた。 昨年は5年ぶりの選考会通過に沸いた。ただ、そこで満足してしまった反省から、「今年は本大会でシードを取る。ここで終わらない」とチーム全体を引き締めている。 箱根駅伝予選会も視野に入れた上で、夏合宿のスケジュールもこれまでから変える予定。昨年から大会ごとに進化する大東大。今回の結果で全日本大学駅伝の出場回数は関東最多の44回目となる。伊勢路のシード獲得へ、指揮官の手腕が楽しみだ。 文/荒井寛太

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top