HOME 駅伝

2023.06.18

城西大が盤石のトップ通過! 5季ぶりの学生駅伝フル出場へ弾み/全日本大学駅伝関東選考会
城西大が盤石のトップ通過! 5季ぶりの学生駅伝フル出場へ弾み/全日本大学駅伝関東選考会

23年全日本大学駅伝関東選考会の3組目で1着となった城西大・野村颯斗

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)

第55回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、各組で上位を占めた城西大が総合1位で通過した。

広告の下にコンテンツが続きます

「勝因はベストの8人を揃えることができた。これに尽きると思います」

3年ぶりの伊勢路切符をトップ通過で飾った城西大の櫛部静二駅伝監督は笑顔でそう振り返った。

レース運びは盤石そのものだった。1組目では、「例年暑さでスローペースになることが多いので、スピードがある選手を準備した」(櫛部監督)と起用された林晃耀(3年)がラスト勝負を制して組トップでフィニッシュ。2組目では10000m28分台の記録を持つ山中秀真(4年)と平林樹(3年)が3、4着と好走する。

さらに3組目では3、4月と左ふくらはぎの肉離れで戦列を離れていた主将の野村颯斗(4年)が今季初レースで意地の走りを見せる。序盤から飛び出した東農大・高槻芳照(4年)ら3選手に、一時は100m以上差を広げられる展開となったが、7000m以降から猛追。残り400mで捕らえると、最後の直線でさらにギアを上げて、後続を振り切った。

広告の下にコンテンツが続きます

そして最終組には日本人エースの山本唯翔(4年)とヴィクター・キムタイ(2年)が登場。中盤以降、先頭集団から離されるも、大きく崩れることなく山本が8位、キムタイが12位でフィニッシュ。1組目からキープしてきた総合2位から、大東大を逆転して、選考会としては2007年以来16年ぶり2回目のトップ通過を決めた。

「チーム状況は良かったので、トップ通過は行けるかなと思っていた」と櫛部監督。8人の平均順位も「7.25」と安定感も際立った。その充実ぶりは各選手から感じられ、組トップを占めた林、野村の2選手も揃って、「イメージ通りの走りができた」と振り返れば、山本も「3組目までの選手の走りで自分もやってやろうという気持ちになった」とそれぞれの走りが相乗効果を生んでいる。

この結果で5年ぶりの学生駅伝フル出場が決定し、「今年は選手たちが主体性も持って取り組んでいることが結果につながっている。そのなかで選手たちは『駅伝』というものを欲していると思うので、それをチームとして形にしていければ」と櫛部監督。このレースを弾みに駅伝シーズンでの躍進を期している。

全日本大学駅伝(愛知県名古屋市~三重県伊勢市)は11月5日に行われる。

広告の下にコンテンツが続きます

文/田中 葵

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月17日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第55回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、各組で上位を占めた城西大が総合1位で通過した。 「勝因はベストの8人を揃えることができた。これに尽きると思います」 3年ぶりの伊勢路切符をトップ通過で飾った城西大の櫛部静二駅伝監督は笑顔でそう振り返った。 レース運びは盤石そのものだった。1組目では、「例年暑さでスローペースになることが多いので、スピードがある選手を準備した」(櫛部監督)と起用された林晃耀(3年)がラスト勝負を制して組トップでフィニッシュ。2組目では10000m28分台の記録を持つ山中秀真(4年)と平林樹(3年)が3、4着と好走する。 さらに3組目では3、4月と左ふくらはぎの肉離れで戦列を離れていた主将の野村颯斗(4年)が今季初レースで意地の走りを見せる。序盤から飛び出した東農大・高槻芳照(4年)ら3選手に、一時は100m以上差を広げられる展開となったが、7000m以降から猛追。残り400mで捕らえると、最後の直線でさらにギアを上げて、後続を振り切った。 そして最終組には日本人エースの山本唯翔(4年)とヴィクター・キムタイ(2年)が登場。中盤以降、先頭集団から離されるも、大きく崩れることなく山本が8位、キムタイが12位でフィニッシュ。1組目からキープしてきた総合2位から、大東大を逆転して、選考会としては2007年以来16年ぶり2回目のトップ通過を決めた。 「チーム状況は良かったので、トップ通過は行けるかなと思っていた」と櫛部監督。8人の平均順位も「7.25」と安定感も際立った。その充実ぶりは各選手から感じられ、組トップを占めた林、野村の2選手も揃って、「イメージ通りの走りができた」と振り返れば、山本も「3組目までの選手の走りで自分もやってやろうという気持ちになった」とそれぞれの走りが相乗効果を生んでいる。 この結果で5年ぶりの学生駅伝フル出場が決定し、「今年は選手たちが主体性も持って取り組んでいることが結果につながっている。そのなかで選手たちは『駅伝』というものを欲していると思うので、それをチームとして形にしていければ」と櫛部監督。このレースを弾みに駅伝シーズンでの躍進を期している。 全日本大学駅伝(愛知県名古屋市~三重県伊勢市)は11月5日に行われる。 文/田中 葵

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top