HOME 高校

2023.06.15

八種競技・三好慶悟5376点の大会新V 混成3試合目、ケガ明け「安心しました」/IH北海道
八種競技・三好慶悟5376点の大会新V 混成3試合目、ケガ明け「安心しました」/IH北海道

北海道地区大会の八種競技を大会新で制した三好慶悟

◇インターハイ北海道地区大会(6月13日~16日/札幌市・厚別公園競技場)2日目

夏の地元・北海道インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男子八種競技は三好慶悟(帯広柏葉3)が5376点の大会新記録で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「とにかくインターハイに出られればと思っていたので安心しました」。順位が確定すると、2日間ともに戦ったライバルたちから拍手が送られ、大会新記録を祝福して記念撮影にも応じた。

実は4月中旬に左足の中足骨を疲労骨折していた三好。「2ヵ月ほど走れなくて先週復帰したばかりです」。その間は体幹トレーニングやウエイトトレーニングで土台強化に努めたという。

ただ、ケガをするまでは「スピードがついていた」と手応えを得ていた。その成果もあり、得意としている走幅跳でも「ほとんど練習していない」なかで6m61(+1.9)をジャンプ。最後の1500mは「4分40秒くらいで走れれば大会新が見えたので気合で」走り、4分39秒96をマークして大会記録を20点更新した。

中学時代に四種競技に取り組んでいたが、高校では走幅跳と走高跳が専門。昨年は走高跳でインターハイにも出場したが記録なしに終わった。

広告の下にコンテンツが続きます

「限界を感じていた」が、母の勧めで再び混成の道へ。昨年11月に初めて出たエブリバディデカスロン八種競技でいきなり5346点をマーク。ケガの真っ最中だった支部大会は4118点だった。ケガ明け、3戦目ということを考えれば、十分に可能性を感じる記録だと言える。

「100mも10秒台が見えていますし、400mも49秒台も狙えます。投てきも伸びています」と伸びしろ十分。トータルでは「5800点、5900点…いや、6000点を目指します!」と力強い。この種目はインターハイ2連覇中の高橋諒(桐朋3東京)がいるが、「高橋君の脅威になれるように頑張ります」と燃える。

全道を制した『キング』は、8月、全国からくる『キングたち』を堂々と迎え撃つ準備に入る。

全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

広告の下にコンテンツが続きます

写真/上野公人

◇インターハイ北海道地区大会(6月13日~16日/札幌市・厚別公園競技場)2日目 夏の地元・北海道インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男子八種競技は三好慶悟(帯広柏葉3)が5376点の大会新記録で優勝した。 「とにかくインターハイに出られればと思っていたので安心しました」。順位が確定すると、2日間ともに戦ったライバルたちから拍手が送られ、大会新記録を祝福して記念撮影にも応じた。 実は4月中旬に左足の中足骨を疲労骨折していた三好。「2ヵ月ほど走れなくて先週復帰したばかりです」。その間は体幹トレーニングやウエイトトレーニングで土台強化に努めたという。 ただ、ケガをするまでは「スピードがついていた」と手応えを得ていた。その成果もあり、得意としている走幅跳でも「ほとんど練習していない」なかで6m61(+1.9)をジャンプ。最後の1500mは「4分40秒くらいで走れれば大会新が見えたので気合で」走り、4分39秒96をマークして大会記録を20点更新した。 中学時代に四種競技に取り組んでいたが、高校では走幅跳と走高跳が専門。昨年は走高跳でインターハイにも出場したが記録なしに終わった。 「限界を感じていた」が、母の勧めで再び混成の道へ。昨年11月に初めて出たエブリバディデカスロン八種競技でいきなり5346点をマーク。ケガの真っ最中だった支部大会は4118点だった。ケガ明け、3戦目ということを考えれば、十分に可能性を感じる記録だと言える。 「100mも10秒台が見えていますし、400mも49秒台も狙えます。投てきも伸びています」と伸びしろ十分。トータルでは「5800点、5900点…いや、6000点を目指します!」と力強い。この種目はインターハイ2連覇中の高橋諒(桐朋3東京)がいるが、「高橋君の脅威になれるように頑張ります」と燃える。 全道を制した『キング』は、8月、全国からくる『キングたち』を堂々と迎え撃つ準備に入る。 全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 写真/上野公人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top