HOME 海外

2023.06.15

東京五輪100m金のジェイコブスが坐骨神経痛のため欧州チーム選手権を棄権 SNSでの誹謗中傷に対して苦しい心境も語る
東京五輪100m金のジェイコブスが坐骨神経痛のため欧州チーム選手権を棄権 SNSでの誹謗中傷に対して苦しい心境も語る

男子100mのジェイコブス(2022年オレゴン世界選手権)

13日、イタリア陸連は東京五輪男子100m金メダリストのL.M.ジェイコブスが、6月20日から25日までポーランド・ホジュフで開催される欧州チーム選手権を欠場することを発表した。長引く右大腿部の坐骨神経痛のためと説明している。

ジェイコブスは21年東京五輪後の22年世界室内60mでも優勝を飾っていたが、同年5月のレース中に脚を負傷してからはケガを抱えながらのレースが続く。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のオレゴン世界選手権では準決勝を棄権。直後の欧州選手権では貫禄を見せて優勝を飾ったものの、今季はダイヤモンドリーグ(DL)を相次いで欠場し、屋外初戦となった6月9日のパリDLでは10秒21(-0.9)で7位に沈んでいた。

また、この発表を受けてジェイコブスはインスタグラムのこれまでの投稿をすべて削除した上で、新たなコメントを発表。「トレーニングを1ヵ月ほど休み、思うような結果を残せないのは承知の上でレースに出場しました。スタートは良かったが、最後まで走りが続かなかった」と現時点でのトレーニング不足を明らかにした。

そして、「プロ選手の人生がどれほど複雑なものであるかを知らない、あるいは想像すらできない人たちからの批判、攻撃、嘲笑が避けられなくなった」と不振が続く中で、ファンからの誹謗中傷に対してもコメント。「これまでの功績が無価値になったように思えてしまうほどです」と苦しい胸の内を綴っている。

ジェイコブスは「私は人間であり、常に110%の力を出すために身体を追い込み、毎日汗をかき、苦労し、血を吐いて生きていることを思い出してほしいです」と続け、「今も多くの恐怖はあるが、自分の夢と目標を達成するために努力することは誰にも止められない」とファンにメッセージを送った。

広告の下にコンテンツが続きます

今後については、8月のブダペスト世界選手権への出場を目指していくという。

13日、イタリア陸連は東京五輪男子100m金メダリストのL.M.ジェイコブスが、6月20日から25日までポーランド・ホジュフで開催される欧州チーム選手権を欠場することを発表した。長引く右大腿部の坐骨神経痛のためと説明している。 ジェイコブスは21年東京五輪後の22年世界室内60mでも優勝を飾っていたが、同年5月のレース中に脚を負傷してからはケガを抱えながらのレースが続く。 昨年のオレゴン世界選手権では準決勝を棄権。直後の欧州選手権では貫禄を見せて優勝を飾ったものの、今季はダイヤモンドリーグ(DL)を相次いで欠場し、屋外初戦となった6月9日のパリDLでは10秒21(-0.9)で7位に沈んでいた。 また、この発表を受けてジェイコブスはインスタグラムのこれまでの投稿をすべて削除した上で、新たなコメントを発表。「トレーニングを1ヵ月ほど休み、思うような結果を残せないのは承知の上でレースに出場しました。スタートは良かったが、最後まで走りが続かなかった」と現時点でのトレーニング不足を明らかにした。 そして、「プロ選手の人生がどれほど複雑なものであるかを知らない、あるいは想像すらできない人たちからの批判、攻撃、嘲笑が避けられなくなった」と不振が続く中で、ファンからの誹謗中傷に対してもコメント。「これまでの功績が無価値になったように思えてしまうほどです」と苦しい胸の内を綴っている。 ジェイコブスは「私は人間であり、常に110%の力を出すために身体を追い込み、毎日汗をかき、苦労し、血を吐いて生きていることを思い出してほしいです」と続け、「今も多くの恐怖はあるが、自分の夢と目標を達成するために努力することは誰にも止められない」とファンにメッセージを送った。 今後については、8月のブダペスト世界選手権への出場を目指していくという。

Instagramで現在の心境を語ったジェイコブス

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top