HOME 国内

2023.06.10

中村明彦、最後の大会「目に焼き付けてほしい」盟友・右代啓祐は砲丸投トップ ベテラン2人が見せ場/日本選手権混成
中村明彦、最後の大会「目に焼き付けてほしい」盟友・右代啓祐は砲丸投トップ ベテラン2人が見せ場/日本選手権混成

走高跳で見事なジャンプを見せた中村明彦

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場)

第107回日本選手権・混成競技の初日が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子十種競技のリオ五輪代表で、今季限りで現役引退を表明した中村明彦(スズキ)が最後の日本選手権に挑んだ。

初日を終えて3784点の5位。「スタートは良かった」と言うように、100mはこれまで何度も湧かせてきたスピードを生かし10秒台となる10秒96(-0.4)で組トップを取った。

さらに走高跳では全体トップタイとなる1m94をジャンプ。「良いパフォーマンスができました」と胸を張る。これには会場から大きな拍手が送られた。

16、17、20、21年と4度の優勝を積み重ねてきた日本選手権。「もちろん順位を上げていくこと、優勝を目指していく」と言う。家族も応援に駆けつけ、「目に焼き付けてほしいです」と笑顔を浮かべる。

広告の下にコンテンツが続きます

また、後輩たちに対しては「何かを伝えられるという余裕はないですが、前半が良くなくてもベテランらしくまとめて、最後に記録を残すところを見せられれば」と話し、「明日もよろしくお願いします」と笑顔を見せて会場を後にした。

その中村に対し、「僕はまだ辞めるとは認めないよと、会う度に言っています」と笑うのがもう一人のレジェンド・右代啓祐(国士舘クラブ)。ともに8000点に到達し、世界への扉をこじ開けてきた2人で戦う最後の日本選手権となる。

右代は得意の砲丸投で全体トップ。「記録は全然ですが、まだまだ若手には負けないぞ、というところを見せられた。これで危機感を持ってもらいたい」と語る。

初日を終えて3378点で12位。もうすぐ37歳になる中で「吹っ切れた部分もあるし、どれだけ長くやれるか楽しみ」という境地にありつつも、「アスリートととして高みを目指しているし、1位になりたい、アジア大会に行きたいと思っています」とも。「自分はまだまだやるぞ、という気持ちで400mも走り切れた」と笑う。

広告の下にコンテンツが続きます

それぞれ得意種目で全体トップとなった2人。こういった勝負どころで「存在感」を発揮する力を「2人で一緒に後輩たちに伝えられたら」と力を込めた。

全体トップは丸山優真(住友電工)で、2日目に初優勝を懸けて臨んでいく。

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場) 第107回日本選手権・混成競技の初日が行われた。 男子十種競技のリオ五輪代表で、今季限りで現役引退を表明した中村明彦(スズキ)が最後の日本選手権に挑んだ。 初日を終えて3784点の5位。「スタートは良かった」と言うように、100mはこれまで何度も湧かせてきたスピードを生かし10秒台となる10秒96(-0.4)で組トップを取った。 さらに走高跳では全体トップタイとなる1m94をジャンプ。「良いパフォーマンスができました」と胸を張る。これには会場から大きな拍手が送られた。 16、17、20、21年と4度の優勝を積み重ねてきた日本選手権。「もちろん順位を上げていくこと、優勝を目指していく」と言う。家族も応援に駆けつけ、「目に焼き付けてほしいです」と笑顔を浮かべる。 また、後輩たちに対しては「何かを伝えられるという余裕はないですが、前半が良くなくてもベテランらしくまとめて、最後に記録を残すところを見せられれば」と話し、「明日もよろしくお願いします」と笑顔を見せて会場を後にした。 その中村に対し、「僕はまだ辞めるとは認めないよと、会う度に言っています」と笑うのがもう一人のレジェンド・右代啓祐(国士舘クラブ)。ともに8000点に到達し、世界への扉をこじ開けてきた2人で戦う最後の日本選手権となる。 右代は得意の砲丸投で全体トップ。「記録は全然ですが、まだまだ若手には負けないぞ、というところを見せられた。これで危機感を持ってもらいたい」と語る。 初日を終えて3378点で12位。もうすぐ37歳になる中で「吹っ切れた部分もあるし、どれだけ長くやれるか楽しみ」という境地にありつつも、「アスリートととして高みを目指しているし、1位になりたい、アジア大会に行きたいと思っています」とも。「自分はまだまだやるぞ、という気持ちで400mも走り切れた」と笑う。 それぞれ得意種目で全体トップとなった2人。こういった勝負どころで「存在感」を発揮する力を「2人で一緒に後輩たちに伝えられたら」と力を込めた。 全体トップは丸山優真(住友電工)で、2日目に初優勝を懸けて臨んでいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top