HOME 特集

2023.06.03

【高平慎士の視点】突き抜けた強さを見せた男子200mの鵜澤飛羽 今後は「強さの継続」の追求を
【高平慎士の視点】突き抜けた強さを見せた男子200mの鵜澤飛羽 今後は「強さの継続」の追求を

23年日本選手権男子200mに初優勝を飾った鵜澤飛羽

台風2号と梅雨前線の影響で、雨が降りしきる中でのレースとなった日本選手権の2日目(6月2日)。その男子200m決勝は、鵜澤飛羽(筑波大)が学生歴代4位の20秒32(-0.2)で初優勝を飾った。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子200mを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

予選の走りも含めて、鵜澤飛羽選手の優勝は順当なものだったと思います。決勝は、たとえうまくいっていなかったとしても、それを含めて誰も彼に対抗できなかったのではないか、と思えるぐらいに上回っていました。この雨の条件で20秒32は速いですね。

実際、前半は1つ外の7レーンから宇野勝翔選手(順大)が優勝するにはこれしかないというぐらいに飛ばし、4レーンの水久保漱至選手(第一酒造)も力を使い過ぎたかなと思うぐらいの入りを見せました。

それでも、鵜澤選手は200mトータルのスピード感を把握したうえで前半を入り、後半に突き抜けました。もともと、後半にギアが入った時にムキになって走っているように見えるほどの上体のブレがある選手で、そのタイミングはいつもより早かったかもしれません。もし、宇野選手や水久保選手の突っ込みがなく、よりリラックスした状況になっていたら、世界選手権の参加標準記録(20秒15)の突破もあったのではないでしょうか。それぐらいの強さを感じました。

鵜澤選手のフォームの特徴として、後半にムキになって走っているように見えても、かえって脚はコンパクトに回っていて、上体の左右のブレとのタイミングが合っている。自分の最大限の力を発揮できる走り方をわかっているからこそのフォームで、これは「特殊能力」と言えるものかもしれません。

広告の下にコンテンツが続きます

本人も「やっとスタート地点に立った」と言っているように、彼にとってはここからがスタート。今回、優勝候補として乗り込んで、しっかりと勝つ、ということを実現しました。これからはもう一段階進んだ「強さをいかに継続していくか」ということに向き合っていくことになるでしょう。これは、男子スプリントだけでなく、日本陸上界全体に言えることですが、日本選手権で毎年結果を出している選手は少ないです。

おそらく、ブダペスト世界選手権の代表入りはかなり見えてきていると思います。世界の舞台では、前半はもっと前に出られることになるでしょう。その中で、今の感覚を貫き通せるか。200mトータルでの勝負に徹することができるか。ただ、それをやってほしいと思わせる力を持っていると思うので、これからのさらなる心身の成長に期待したいです。

宇野選手も、水久保選手も、最善を尽くしたレースだったと思います。これを、いい経験にしてステップアップしていってほしいです。ワールドランキング制度になり、一発ではない真の実力が試されています。鵜澤選手と同様に、これをいかに継続させるか、だと思います。

一方で、飯塚選手、上山選手にとっては厳しいレースになりました。特に飯塚選手はシーズンの入りが良かったので、アクシデントがなければ、とは思います。ただ、右膝の痛みが続いていることから、身体が耐えきれなかったのかもしれません。100mの選手の参戦が少なかったとはいえ、200m全体として決して水準が高いとは言えない状況ではあるので、2人の奮起を期待しています。

広告の下にコンテンツが続きます

◎高平慎士(たかひら・しんじ)
富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

台風2号と梅雨前線の影響で、雨が降りしきる中でのレースとなった日本選手権の2日目(6月2日)。その男子200m決勝は、鵜澤飛羽(筑波大)が学生歴代4位の20秒32(-0.2)で初優勝を飾った。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子200mを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 予選の走りも含めて、鵜澤飛羽選手の優勝は順当なものだったと思います。決勝は、たとえうまくいっていなかったとしても、それを含めて誰も彼に対抗できなかったのではないか、と思えるぐらいに上回っていました。この雨の条件で20秒32は速いですね。 実際、前半は1つ外の7レーンから宇野勝翔選手(順大)が優勝するにはこれしかないというぐらいに飛ばし、4レーンの水久保漱至選手(第一酒造)も力を使い過ぎたかなと思うぐらいの入りを見せました。 それでも、鵜澤選手は200mトータルのスピード感を把握したうえで前半を入り、後半に突き抜けました。もともと、後半にギアが入った時にムキになって走っているように見えるほどの上体のブレがある選手で、そのタイミングはいつもより早かったかもしれません。もし、宇野選手や水久保選手の突っ込みがなく、よりリラックスした状況になっていたら、世界選手権の参加標準記録(20秒15)の突破もあったのではないでしょうか。それぐらいの強さを感じました。 鵜澤選手のフォームの特徴として、後半にムキになって走っているように見えても、かえって脚はコンパクトに回っていて、上体の左右のブレとのタイミングが合っている。自分の最大限の力を発揮できる走り方をわかっているからこそのフォームで、これは「特殊能力」と言えるものかもしれません。 本人も「やっとスタート地点に立った」と言っているように、彼にとってはここからがスタート。今回、優勝候補として乗り込んで、しっかりと勝つ、ということを実現しました。これからはもう一段階進んだ「強さをいかに継続していくか」ということに向き合っていくことになるでしょう。これは、男子スプリントだけでなく、日本陸上界全体に言えることですが、日本選手権で毎年結果を出している選手は少ないです。 おそらく、ブダペスト世界選手権の代表入りはかなり見えてきていると思います。世界の舞台では、前半はもっと前に出られることになるでしょう。その中で、今の感覚を貫き通せるか。200mトータルでの勝負に徹することができるか。ただ、それをやってほしいと思わせる力を持っていると思うので、これからのさらなる心身の成長に期待したいです。 宇野選手も、水久保選手も、最善を尽くしたレースだったと思います。これを、いい経験にしてステップアップしていってほしいです。ワールドランキング制度になり、一発ではない真の実力が試されています。鵜澤選手と同様に、これをいかに継続させるか、だと思います。 一方で、飯塚選手、上山選手にとっては厳しいレースになりました。特に飯塚選手はシーズンの入りが良かったので、アクシデントがなければ、とは思います。ただ、右膝の痛みが続いていることから、身体が耐えきれなかったのかもしれません。100mの選手の参戦が少なかったとはいえ、200m全体として決して水準が高いとは言えない状況ではあるので、2人の奮起を期待しています。 ◎高平慎士(たかひら・しんじ) 富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top