HOME 国内

2023.06.01

男子やり投・ディーン元気が82m65で2連覇!「去年よりも着実に力がついているのは明らか」/日本選手権
男子やり投・ディーン元気が82m65で2連覇!「去年よりも着実に力がついているのは明らか」/日本選手権

82m65で2年連続3度目の優勝を飾ったディーン元気(ミズノ)

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

ブダペスト世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の1日目に男子やり投が行われ、ディーン元気(ミズノ)が82m65で2年連続3度目の優勝を飾った。

5月21日のセイコーゴールデングランプリを82m05で制するなど、順調な出足を見せていたディーン。だが、一昨日から体調を崩し、万全の状態ではなかったことを明かした。「自分の不注意なので情けない」と反省しつつ、「日本選手権は戦いの舞台」とライバルたちには悟られないように勝負に徹したという。

その中で1投目から80m27と早くも大台に乗せ、試合を支配した。優勝記録を放った5投目は、その前の4投目に右足ふくらはぎにケイレンを起こしたことから「それまでは一発を狙っていた」投げから変更。助走歩数を10歩から12歩に増やし、「スピードからリズム重視に切り替えました」。31歳のベテランらしい柔軟な対応を見せ、勝負を決めた。

今季、日本歴代5位の83m54をマークした﨑山雄太(愛媛陸協)、昨年のオレゴン世界選手権に出場した小椋健司(エイジェックスポーツマネジメント)ら20代中盤の選手たちの台頭から、ディーンは「僕と新井(涼平/スズキ)が競り合っていた時のように、また日本のやり投のレベルが上がっている」。ただ、「その中で勝てて良かった」とニヤリ。トップの座を譲るつもりはない。

ブダペスト世界選手権に向けて、まだ参加標準記録(85m20)は突破できていないが、ワールドランキングでの出場権獲得は問題なさそう。昨年のオレゴン世界選手権では入賞にあと一歩の9位だったが、今季はさらに「去年よりも着実に力がついているのは明らか」と自信をのぞかせる。

この先にやるべきことは、これまでと変わらない。「やり投は技術の一瞬の部分を突き詰めていかないといけない。大切なのは基礎」とディーン。日本選手権後は、冬季に練習拠点にしているフィンランドへ再び渡る予定。目指す技術を再現できるように」集中してトレーニング臨む。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目 ブダペスト世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の1日目に男子やり投が行われ、ディーン元気(ミズノ)が82m65で2年連続3度目の優勝を飾った。 5月21日のセイコーゴールデングランプリを82m05で制するなど、順調な出足を見せていたディーン。だが、一昨日から体調を崩し、万全の状態ではなかったことを明かした。「自分の不注意なので情けない」と反省しつつ、「日本選手権は戦いの舞台」とライバルたちには悟られないように勝負に徹したという。 その中で1投目から80m27と早くも大台に乗せ、試合を支配した。優勝記録を放った5投目は、その前の4投目に右足ふくらはぎにケイレンを起こしたことから「それまでは一発を狙っていた」投げから変更。助走歩数を10歩から12歩に増やし、「スピードからリズム重視に切り替えました」。31歳のベテランらしい柔軟な対応を見せ、勝負を決めた。 今季、日本歴代5位の83m54をマークした﨑山雄太(愛媛陸協)、昨年のオレゴン世界選手権に出場した小椋健司(エイジェックスポーツマネジメント)ら20代中盤の選手たちの台頭から、ディーンは「僕と新井(涼平/スズキ)が競り合っていた時のように、また日本のやり投のレベルが上がっている」。ただ、「その中で勝てて良かった」とニヤリ。トップの座を譲るつもりはない。 ブダペスト世界選手権に向けて、まだ参加標準記録(85m20)は突破できていないが、ワールドランキングでの出場権獲得は問題なさそう。昨年のオレゴン世界選手権では入賞にあと一歩の9位だったが、今季はさらに「去年よりも着実に力がついているのは明らか」と自信をのぞかせる。 この先にやるべきことは、これまでと変わらない。「やり投は技術の一瞬の部分を突き詰めていかないといけない。大切なのは基礎」とディーン。日本選手権後は、冬季に練習拠点にしているフィンランドへ再び渡る予定。目指す技術を再現できるように」集中してトレーニング臨む。

【動画】82m65で快勝! ディーン元気渾身の一投をチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top