HOME 国内、大学

2023.05.26

やり投は京大・篠田佳奈が大会連覇!56m57の自己新「学生のうちに60mを」/関西インカレ
やり投は京大・篠田佳奈が大会連覇!56m57の自己新「学生のうちに60mを」/関西インカレ

23年関西インカレ女子やり投を制した篠田佳奈(京大)

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目

大会3日目の午前中、最初の決勝種目となった女子やり投で好記録が誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

4月の京都インカレで55m59の自己ベストをスローし、日本学生個人でも5位に食い込んでいる篠田佳奈(京大3)が4投目に56m57を投げて連覇を果たした。

1投目で投げのバランスを崩して52m12。3投目まで記録を伸ばせなかった。一方、3投目に54m05をマークした中村怜(東大阪大3)がリード。苦しい展開となる。

「2位だったので少し焦りました。前半は振り切りにばかり意識がいってしまっていたので、後半はシンプルに下半身の動きに集中しました」と篠田。4投目はスピードに乗った助走に上体もうまくハマり、「手応えはそれほどありませんでしたが、やりがきれいに出た感じはありました」と自己新スローにつなげた。

「100回記念のインカレを自己新で連覇できてうれしいです」

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のこの大会で初の50mオーバーとなる50m56を投げ、京大女子初の関西インカレタイトルを獲得していた篠田。この冬は、「フィジカルアップと走力強化に取り組んできました」と話すように身体も一回り大きくなり、「助走の歩数は変わっていませんがスピードはだいぶ上がっていると思います」と好調の要因を口にする。

今季の目標を55mに置いていたが初戦でそれを突破したことで、シニアの一線級の証でもある60mに上方修正。「もう一段階体力強化に励み、学生のうちに(60mを)達成できるようにしたいです」と意気込みを話す。

1週間後に同じ舞台で行われる日本選手権にも初めて出場する。「世界を舞台に活躍する先輩方との試合は初めてなので緊張しますが、3本目までに記録を残し入賞できるよう頑張ります」。秋の日本インカレまで、京大スロワーのさらなるビッグスローに注目が集まる。

文/花木雫

広告の下にコンテンツが続きます
◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目 大会3日目の午前中、最初の決勝種目となった女子やり投で好記録が誕生した。 4月の京都インカレで55m59の自己ベストをスローし、日本学生個人でも5位に食い込んでいる篠田佳奈(京大3)が4投目に56m57を投げて連覇を果たした。 1投目で投げのバランスを崩して52m12。3投目まで記録を伸ばせなかった。一方、3投目に54m05をマークした中村怜(東大阪大3)がリード。苦しい展開となる。 「2位だったので少し焦りました。前半は振り切りにばかり意識がいってしまっていたので、後半はシンプルに下半身の動きに集中しました」と篠田。4投目はスピードに乗った助走に上体もうまくハマり、「手応えはそれほどありませんでしたが、やりがきれいに出た感じはありました」と自己新スローにつなげた。 「100回記念のインカレを自己新で連覇できてうれしいです」 昨年のこの大会で初の50mオーバーとなる50m56を投げ、京大女子初の関西インカレタイトルを獲得していた篠田。この冬は、「フィジカルアップと走力強化に取り組んできました」と話すように身体も一回り大きくなり、「助走の歩数は変わっていませんがスピードはだいぶ上がっていると思います」と好調の要因を口にする。 今季の目標を55mに置いていたが初戦でそれを突破したことで、シニアの一線級の証でもある60mに上方修正。「もう一段階体力強化に励み、学生のうちに(60mを)達成できるようにしたいです」と意気込みを話す。 1週間後に同じ舞台で行われる日本選手権にも初めて出場する。「世界を舞台に活躍する先輩方との試合は初めてなので緊張しますが、3本目までに記録を残し入賞できるよう頑張ります」。秋の日本インカレまで、京大スロワーのさらなるビッグスローに注目が集まる。

文/花木雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top