HOME 特集

2023.04.27

やり投・北口榛花 世界3位も「まだまだ上を目指す」スピードに適応した投げの実現で「狙ってメダル」と日本記録更新へ
やり投・北口榛花 世界3位も「まだまだ上を目指す」スピードに適応した投げの実現で「狙ってメダル」と日本記録更新へ

ブダペスト世界陸上でのメダルを狙う北口榛花(JAL)

いよいよ始まった2023年のトラックシーズン。夏に控えるブダペスト世界選手権、そして来年のパリ五輪に向けて重要な1年となる。今年も陸上界を盛り上げそうな選手たちのインタビューをお届け!(※スペイン合宿中にリモート取材)

充実のチェコでの日々

昨年、オレゴン世界選手権で3位、世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルでも3位となるなど、女子やり投の北口榛花(JAL)は「良すぎたシーズン」と振り返るほど充実の時を過ごした。だが、それだけ結果を残して心境に大きな変化はない。

広告の下にコンテンツが続きます

「気持ちとしてはあまり変わりませんでした。元々、浮かれるタイプではないのですが、まだまだ上を目指そうという気持ちが強いので。コーチも『それが良かった。本当に変わらないんだな』と言ってくれました」

ただ、世界3位になったからこそ、「ところどころ、練習で必要以上に緊張することもありました」。悪い投げが続くと気持ちがピッとなることもある。だが、それを「自分で感じられていること」と、抱え込まずに「コーチにしっかり伝えられる」ところに精神面の成長もある。

2018年シーズン後からチェコを拠点としている北口。今年も1月中旬頃からチェコへ。3月まで、2度のスペイン合宿を経て4月中旬に帰国した。

「今年もしっかり冬季トレーニングを積むことができました。ケガもなくて、痛いのは筋肉痛くらい(笑)。土台を上げていくというのは変わらず。自分の中でもいろんなところが良くなっているという実感はあります」

広告の下にコンテンツが続きます

実際にウエイトトレーニングをはじめ、計測するメニューでは「数値が上がっています」。ウエイトでは「これまでのマックスから少し軽い重量を3回くらい上がります。安定してくればマックスもすぐ更新できると思います」。継続してきた下半身強化でもコーチから「普通に速く走れるじゃないか!」と言われるくらいだという。

タッグを組むディヴィッド・シェケラック・コーチはやり投王国・チェコのジュニアナショナルコーチも務める。北口の他にも将来を期待される若手選手たちが日々、トレーニングに励んでいる。そんな選手たちにとって『世界3位』のスロワーが身近にいる意味は小さくない。

「でも、体力的に私が優れているわけではないので、若い選手にとってもいい競争相手なんです(笑)。いつも『もう一本、もう一本』に付き合わされています。こっちのジュニアの選手たちはやり投が本当に大好き。早く投げたい、一生投げていたい、というのが伝わります。好きなメニューになると目がキラキラしますし、数値の計測でもすごく負けず嫌い。私もそういうところに元気や刺激をもらっています」

海外では日本でいうところの実業団の制度はほとんどない。高校や大学を卒業してからやり投を続けられるのは、世界トップを目指すほんの一握り。「学校以外の時間は、やり投のことだけ考えて生活しています。競技を続けるのが簡単ではないということを、聞いたり見たりしているからだと思います。だからそういう気持ちが芽生えるんだな、と」。

広告の下にコンテンツが続きます

高校から陸上を始め、2018年当時は心身ともに良い意味で未成熟かつポテンシャルを秘めていた北口にとって、この上ない環境に出会えた。それも北口自身がもがき、苦しみ、行動したからでもある。

いよいよ始まった2023年のトラックシーズン。夏に控えるブダペスト世界選手権、そして来年のパリ五輪に向けて重要な1年となる。今年も陸上界を盛り上げそうな選手たちのインタビューをお届け!(※スペイン合宿中にリモート取材)

充実のチェコでの日々

昨年、オレゴン世界選手権で3位、世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルでも3位となるなど、女子やり投の北口榛花(JAL)は「良すぎたシーズン」と振り返るほど充実の時を過ごした。だが、それだけ結果を残して心境に大きな変化はない。 「気持ちとしてはあまり変わりませんでした。元々、浮かれるタイプではないのですが、まだまだ上を目指そうという気持ちが強いので。コーチも『それが良かった。本当に変わらないんだな』と言ってくれました」 ただ、世界3位になったからこそ、「ところどころ、練習で必要以上に緊張することもありました」。悪い投げが続くと気持ちがピッとなることもある。だが、それを「自分で感じられていること」と、抱え込まずに「コーチにしっかり伝えられる」ところに精神面の成長もある。 2018年シーズン後からチェコを拠点としている北口。今年も1月中旬頃からチェコへ。3月まで、2度のスペイン合宿を経て4月中旬に帰国した。 「今年もしっかり冬季トレーニングを積むことができました。ケガもなくて、痛いのは筋肉痛くらい(笑)。土台を上げていくというのは変わらず。自分の中でもいろんなところが良くなっているという実感はあります」 実際にウエイトトレーニングをはじめ、計測するメニューでは「数値が上がっています」。ウエイトでは「これまでのマックスから少し軽い重量を3回くらい上がります。安定してくればマックスもすぐ更新できると思います」。継続してきた下半身強化でもコーチから「普通に速く走れるじゃないか!」と言われるくらいだという。 タッグを組むディヴィッド・シェケラック・コーチはやり投王国・チェコのジュニアナショナルコーチも務める。北口の他にも将来を期待される若手選手たちが日々、トレーニングに励んでいる。そんな選手たちにとって『世界3位』のスロワーが身近にいる意味は小さくない。 「でも、体力的に私が優れているわけではないので、若い選手にとってもいい競争相手なんです(笑)。いつも『もう一本、もう一本』に付き合わされています。こっちのジュニアの選手たちはやり投が本当に大好き。早く投げたい、一生投げていたい、というのが伝わります。好きなメニューになると目がキラキラしますし、数値の計測でもすごく負けず嫌い。私もそういうところに元気や刺激をもらっています」 海外では日本でいうところの実業団の制度はほとんどない。高校や大学を卒業してからやり投を続けられるのは、世界トップを目指すほんの一握り。「学校以外の時間は、やり投のことだけ考えて生活しています。競技を続けるのが簡単ではないということを、聞いたり見たりしているからだと思います。だからそういう気持ちが芽生えるんだな、と」。 高校から陸上を始め、2018年当時は心身ともに良い意味で未成熟かつポテンシャルを秘めていた北口にとって、この上ない環境に出会えた。それも北口自身がもがき、苦しみ、行動したからでもある。

ブダペストで狙ってメダル、そして日本記録の更新へ

山を走ったり、クロスカントリーをしたり。シーズンに向けては投げない時期で作ってきた土台を「どう投げにつなげていくか」が大きなポイントになる。 「今は全体的に速く動くというのを試しています。私の特徴は『大きく・長く』でしたが、今以上を目指すためには、リスクを負ってでも記録を狙いにいく力が必要。もちろん、普通に投げて70m以上が投げられればいいですが、調子が良い時に狙って記録を出せるようになりたいです」 そのため、「自分のテンポを少しズラして、それでも長所の長くやりに力を加える」投げに着手。これがやはり「難しい」。ゆっくりならできる技術も、速く動くと「きれいに動けない」し、「タイミングがズレる」。ただ、「今まで頑張らないと速く走れなかったのですが、今は走るのが上手になっています」と笑った。 これまではシーズンが始まるとフォームが大きく変わって「別人」のようになっていたが、今年はそれがなさそう。ただ、「ちょっと力強さが増して見えるかもしれません。腕に力を入れなくてもパワフルな感じ」。だからこそ、「その力が全部(やりに)伝わった時には飛ぶと思います」とイメージができる。 今季の目標は「ブダペスト世界選手権のメダル獲得と、ダイヤモンドリーグ・ファイナルにもう一度出る」こと。世界選手権では「オレゴンでは取れちゃった」ところから「狙って取りにいく」。 4月29日の織田記念がシーズンイン。「世界選手権が去年より1ヵ月遅いので、織田記念と木南記念(5月6日)はいろいろ試しながら」。5月21日のセイコーゴールデングランプリで「しっかり投げられれば」と見据える。昨年のシーズンインは59m63、セイコーゴールデングランプリでは63m93。このあたりを超えてくれば順調の証だ。 6月の日本選手権まで国内で調整を続ける。オレゴンの銅メダル獲得により、日本選手権までにブダペスト世界選手権の参加標準記録(63m80)を投げた時点で代表に内定。「日本選手権の後は怒濤のスケジュールになりそうです」。DLパリを皮切りに欧州転戦となる。 北口はもちろん、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)らの影響もあり、海外留学や海外拠点、転戦を試みる選手も増えてきた。それは北口も感じている。「そういうのが増えているのはうれしいです。オリンピックや世界選手権も大事だけど、常に世界のトップと競い合うのも大事だと思っています」。 シーズン前は「最初は楽しみなのですが、試合が近づくにつれて不安も増していきます」。だが、そう語る表情に曇りはない。普段から練習では「あまり飛ばないタイプ」だが、「前は53~54mだったのが、今は55~56m、良い時は58mくらい」飛んでいる。 「参加標準記録は気にしていませんが、それくらいをアベレージにできれば」。毎年狙っているという2019年に出した日本記録66m00の更新も、そう遠くなさそうだ。 誰も見たことがない景色、世界一の景色を見るために。笑顔満開になる2023年シーズンが幕を開ける。 [caption id="attachment_100129" align="alignnone" width="800"] 女子やり投の北口榛花[/caption] きたぐち・はるか/1998年3月16日生まれ。北海道旭川市出身。北海道教育大附旭川中→旭川東高→日大→JAL。自己ベストは66m00(日本記録) 文/向永拓史

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top