HOME お役立ち情報、スキル
【パパママ応援団】佐藤誠さん、悦子さん「親子ともども陸上の楽しさを感じています」
【パパママ応援団】佐藤誠さん、悦子さん「親子ともども陸上の楽しさを感じています」

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

広告の下にコンテンツが続きます

第10回目は、3姉妹を育てる佐藤さん一家にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第10回 佐藤誠さん、悦子さん/希娃さん(中3)、朱莉さん(高1)、瑠捺さん(高3)「一緒にいて応援してあげることが大切」

家族メモ
母・悦子さんは中学、高校と陸上(ハードル)経験を持ち、父の誠さんはバレーボールとテニスというスポーツ一家。3姉妹ともスポーツ未経験から中学で陸上部へ入り、長女の瑠捺さんと三女の希娃さんは長距離、次女の朱莉さんは混成競技に取り組む。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

今通っている中学・高校では、熱心にご指導してくださる顧問の先生やコーチに巡り会え、親子ともども陸上の楽しさを感じています。目標達成に向けての日々の練習は大変そうですが、生き生きとしています。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

広告の下にコンテンツが続きます

朝練習がある日でも朝食をあまり食べられないので、副菜を数種類少量ですが用意し、栄養が摂れるよう心掛けています。また、鉄分不足になると走れないので、1日分の鉄分が入ったヨーグルトなどを飲ませています。

長女の勝負メシは野菜たっぷりの煮込みうどん!

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること

特にこだわりはありません。ただ頻繁に着替えをするために洗濯量が多くなるので、なるべく帰宅後すぐ洗うようにしています。ウィンドブレーカーを洗濯した際には、急な雨対策として防水スプレーをかけています。

広告の下にコンテンツが続きます

防水スプレーは欠かせません

Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは?

競技場が遠いことです。家から車で20分くらいの場所にもあるのですが、その他は車で40分〜1時間強くらいの距離にあります。3人とも異なる場所で競技場練習がある時は、祖父母にも協力してもらい送迎をしています。

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

広告の下にコンテンツが続きます

高校のコーチが時々陸上専門誌を部員に貸してくれるので、一緒に読んでいます。その他、YouTubeやネット検索をして学ぶことも。

Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか?

小柄なのでウェアは試着をし、店舗で購入しています。シューズに関しては店舗
で試着をしてから、その店舗のオンラインで購入をしています。そうすることで店舗購入より費用を抑えられます!

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは?

広告の下にコンテンツが続きます

動画を撮るなどはしていますが、アドバイスをするほどの知識はないので本人に任せています。大会前日では気が張りつめている時もあるので、なるべくいつもと同じ生活を送れるよう心掛けています。

佐藤希娃 さん(寺尾中3埼玉)

種目&自己記録
800m 2分19秒18

佐藤朱莉さん(高校1年)

種目&自己記録
四種競技 2501点

広告の下にコンテンツが続きます

佐藤瑠捺 さん(高校3年)

種目&自己記録
3000m 9分52秒86

Q.陸上を始めたきっかけ
希)走るのが好きで、姉と同じ競技場で走ってみたかったからです。
朱)姉が陸上部に入部しており、楽しそうだと思ったからです。
瑠)昔から走ることが好きで、中学校に陸上部があったので入部しました。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
希)部活の仲間と出会えたこと。声かけなどの大切さを知ることができました。
朱)四種競技でいろんな種目に挑戦でき、練習した成果を大会で発揮できたことです。
瑠)生活態度やあいさつの大切さが学べたことと、あきらめずに最後まで全力でやり切る力がついたことです。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
希)田中希実選手(豊田自動織機)
朱)有森裕子さん
瑠)不破聖衣来選手(拓大)

Q.今後の目標
希)全国大会に出場することです。
朱)楽しみながら陸上を続けることです。
瑠)3000mで9分30秒台を出すことと、駅伝で全国大会に出場することです。

※情報は2023年4月18日時点

広告の下にコンテンツが続きます
「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第10回目は、3姉妹を育てる佐藤さん一家にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第10回 佐藤誠さん、悦子さん/希娃さん(中3)、朱莉さん(高1)、瑠捺さん(高3)「一緒にいて応援してあげることが大切」

家族メモ 母・悦子さんは中学、高校と陸上(ハードル)経験を持ち、父の誠さんはバレーボールとテニスというスポーツ一家。3姉妹ともスポーツ未経験から中学で陸上部へ入り、長女の瑠捺さんと三女の希娃さんは長距離、次女の朱莉さんは混成競技に取り組む。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 今通っている中学・高校では、熱心にご指導してくださる顧問の先生やコーチに巡り会え、親子ともども陸上の楽しさを感じています。目標達成に向けての日々の練習は大変そうですが、生き生きとしています。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 朝練習がある日でも朝食をあまり食べられないので、副菜を数種類少量ですが用意し、栄養が摂れるよう心掛けています。また、鉄分不足になると走れないので、1日分の鉄分が入ったヨーグルトなどを飲ませています。 [caption id="attachment_98959" align="alignnone" width="2104"] 長女の勝負メシは野菜たっぷりの煮込みうどん![/caption] Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること 特にこだわりはありません。ただ頻繁に着替えをするために洗濯量が多くなるので、なるべく帰宅後すぐ洗うようにしています。ウィンドブレーカーを洗濯した際には、急な雨対策として防水スプレーをかけています。 [caption id="attachment_98960" align="alignnone" width="150"] 防水スプレーは欠かせません[/caption] Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは? 競技場が遠いことです。家から車で20分くらいの場所にもあるのですが、その他は車で40分〜1時間強くらいの距離にあります。3人とも異なる場所で競技場練習がある時は、祖父母にも協力してもらい送迎をしています。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 高校のコーチが時々陸上専門誌を部員に貸してくれるので、一緒に読んでいます。その他、YouTubeやネット検索をして学ぶことも。 Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか? 小柄なのでウェアは試着をし、店舗で購入しています。シューズに関しては店舗 で試着をしてから、その店舗のオンラインで購入をしています。そうすることで店舗購入より費用を抑えられます! Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは? 動画を撮るなどはしていますが、アドバイスをするほどの知識はないので本人に任せています。大会前日では気が張りつめている時もあるので、なるべくいつもと同じ生活を送れるよう心掛けています。

佐藤希娃 さん(寺尾中3埼玉)

種目&自己記録 800m 2分19秒18

佐藤朱莉さん(高校1年)

種目&自己記録 四種競技 2501点

佐藤瑠捺 さん(高校3年)

種目&自己記録 3000m 9分52秒86 Q.陸上を始めたきっかけ 希)走るのが好きで、姉と同じ競技場で走ってみたかったからです。 朱)姉が陸上部に入部しており、楽しそうだと思ったからです。 瑠)昔から走ることが好きで、中学校に陸上部があったので入部しました。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 希)部活の仲間と出会えたこと。声かけなどの大切さを知ることができました。 朱)四種競技でいろんな種目に挑戦でき、練習した成果を大会で発揮できたことです。 瑠)生活態度やあいさつの大切さが学べたことと、あきらめずに最後まで全力でやり切る力がついたことです。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 希)田中希実選手(豊田自動織機) 朱)有森裕子さん 瑠)不破聖衣来選手(拓大) Q.今後の目標 希)全国大会に出場することです。 朱)楽しみながら陸上を続けることです。 瑠)3000mで9分30秒台を出すことと、駅伝で全国大会に出場することです。 ※情報は2023年4月18日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top